FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
ファン・ウンギョンさんと言う人
ファン・ウンギョンさんと言う方が気になったので、

過去の記事をお借りしてきました。



ファン・ウンギョン作家

“専門医のない胸部外科現実知らせたかった”

‘ニュハトゥ’裏話①


2008-03-13 06:29:10
ニュースエン

ファン・ウンギョン

[ニュースエン文チョ・ウンビョル記者/写真チョン・ユジン記者]

MBC水木ドラマ'ニュハトゥ'(脚本ファン・ウンギョン/演出パク・ホンギュン)が製作されるといった時、皆首をかしげた。 すでに2007年初め'白い巨塔'と'外科医者ポン・タルヒ'でメディカル ドラマの全てのものを見せたと考えたためだ。 放送時期も良くなかった。 大作'太王四神記'の後続作、うまくいってこそ元手で良くならなければ恥さらしだとこそこそした。

しかし‘ニュハトゥ’は熱い心臓のようなストーリーで視聴者たちの心をとらえた。 放映終了2週が過ぎたが各種インターネット ポータルサイト掲示板にはこのドラマに主に使われた“プイテクです”、“この手術私がします”のようなセリフらが列をなす。

主人公だったチソンと美女タレント イ・ボヨンの熱愛説はもちろんチョ・ジェヒョン、キム・ミンジョン、パク・チョルミン、シン・ダウンなど俳優らの動きにファンたちは敏感に反応して各種コメントでうなずく返事をしている。 これは‘ニュハトゥ’がそれだけ視聴者たちの心をとらえたという傍証だ。

実際のところ‘ニュハトゥ’はwell made医学ドラマと言うことは大変だ。 演技者らの演技は多少誇張されたし医学ドラマとして致命的な失敗も多かった。 それでも‘ニュハトゥ’が視聴者たちの心をとらえることができた理由は何だろうか? 3年余りの産みの苦しみの終わりにこの作品を誕生させたファン・ウンギョン作家に会ってその理由を聞いてみた。

〓支援者がますます減る国内胸部外科現実を知らせたかった。

‘ニュハトゥ’は危うく政治ドラマになるところだった。 '田園日記'を終えた後5年の間ペンを捉えられなかったファン・ウンギョン作家は一通の電話を受けた。 彼女が師匠のように考えるMBCプロダクション キム・ジイル前代表の電話であった。

キム前代表はファン作家に専門家ドラマを作ってみようと提案した。 ちょうど梨花女子大政治外交学科を卒業したファン作家の履歴を考慮して法と関連した話を描いてみようといった。 大法院の前の正鵠ビルディングの弁護士事務室に席を整えて半月ぶりに一通の文字メッセージがきた。 “医学ドラマはどうだろうか?” ‘ニュハトゥ’はこのように紆余曲折の末生じた。


当時だけでも国内で専門性を浮かんだ医学ドラマを探してみるのが難しかった。 ファン作家は‘E.R’、‘グレーアナトミー’、‘ウイリョン’等片っ端から海外メディカル ドラマを探してみた。 それでも感がこないので一ヶ月間ウェブサーフィンだけした。 その時一つの資料を発見した。 地方某大学校病院医科大学胸部外科に何と7年の間レジデント支援者がたった1人もなかったという報道であった。 もう少し資料を探してみると名前だけ言えば知りえたソウルの有名病院も支援者数が急減したり1人もない事例が頻繁だった。 これだと、したかった。

“もしこうしたところで患者を生かしたいという心一つで胸部外科専門医に挑戦するこれらがいるならば...これという仮定の下に‘ニュハトゥ’の下絵を描き始めました。”

2年の間国内で胸部外科で有名だという病院という病院はみな尋ね歩いた。 初めには心を開かなかった医者たちもファン作家の情熱に感服して徐々に手術事例を伝え始めた。 主人公チェ・ガンヨク(チョ・ジェヒョン)が熱心に手術したが結局医療事故で告発された病院程度おじいさんの事例は実際事件を劇化したのだ。

“実際に会ってみた我が国胸部外科医者たちは世界的に‘術技’(手術技術)が優れたことで定評になっています。 その上手術欲も多くて特異事例の場合、互いに手術をしようと競争しますね。”

作品の中“この手術私がします”というセリフは誇張でなかったこと。 もちろん医者たちが実際会議でドラマのようにどうのこうのしはしない。 外部の人のファン作家に病院内権力実状を耳打ちするこれも珍しかった。 だが、どこにでも派閥争いは存在する方法。 ファン作家は“病院でもいわゆる'ライン文化'が存在した”と耳打ちした。 どの医大でも存在する乗りまくって出身専門医らの差別やはり写実的な描写で実際医大生らの共感をかもし出した。

〓胸部外科医師に正当な対価が与えられるように願う

ファン作家は‘ニュハトゥ’を通じて国内大学病院の胸部外科支援者が増えることを願うのではないと伝えた。 ただし苦労して手術した胸部外科医者たちが正当な対価を支払い受ければという心が大きいと話した。 ドラマの中大使のように国内では医師1人が施行する二重まぶた手術費用と医師5,6人がくっつく胸部外科手術費用が同じだ。 当然病院立場では収支打算が合わない胸部外科に対する支援を減らさなければならない。 医大生らも'お金になる'整形外科や眼科側志望者はあふれ出るが胸部外科支援者は順次減ることが現実だ。 以前には町内病院でもした盲腸手術を大学病院に行かなければならないこともある。

“こういうことでは金持ちの人は海外に出て行って手術受けて国内医療界には第三国街から輸入した医者たちが手術するかも知れないという笑い話の声が現実に近づく日がいくらも残っていなかったです。 政府の制度的な支援が必要な時です。”


ファン・ウンギョンさん、ご専門は政治だったんですね。

こだわりがあったでしょう。


最後まで、お仕事させてあげたかったですね。


でも、これからも、きっと良いお仕事してくれるでしょう。




彼女の脚本を惜しむ声が殺到しているらしいです。




大物作家交替にコ・ヒョンジョン名セリフも消えるのか


キム・ギョンファン記者

SBSドラマ'大物'がコ・ヒョンジョンの名セリフで

視聴者たちの胸をさっぱりするようにしている中で

作家交替に出て憂慮をもたらしている。



そうでなくとも政界の圧力が憂慮される内容なのに、

始めるやいなや何回にもならなくて作家を交替する理由に疑惑が傾くことだ。



'大物'視聴者掲示板には作家交替に対する憂慮の文等があふれ出ている。


ある視聴者は、胸がすくようなコ・ヒョンジョンの名セリフが消える感じとし惜しんだ。

この視聴者は"辛らつな批判がさっぱりしていて良かったが..

なぜか今回の4回から少し整えた感じがしますね"としながら

"もう1.2 3.回のような辛らつなセリフは見ないでしょうね.."といった。


他の視聴者は"本当におもしろくて胸がすっとするようになるドラマを

見る楽しみでもできようとすると思ったところ、

理由がどうなろうが視聴率が高まっている時点で作家交替だなんて

それも史劇だけしてきた作家があきれて言葉が出てこないですね"としながら

"中間に作家交替せずに初めからこういうことできないように詐欺にあった感じだ"といった。


韓国サイトは、今日の放送内容そっちのけで、作家交代の記事であふれかえっています。



スポンサーサイト



韓国脚本家 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
| home |