FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
ジテさん 韓流に対して考えが変わった・・・(更新中)
ヂユさんとジテさんが、日本で撮影したドラマが始まるんですね^^




ユ・ジテ "韓流に対する考え, 肯定的に変わった"


ユ・ジテ冷や飯告白 “日本でおない年グァン・サンウはお兄さん, 私はおじさん”



ユ・ジテは 11月 25日午後ソウル SBS モクドン社屋で開かれた SBS セスモックドラマ 'スターの恋人' 製作発表会でこのように明らかにした.

ユ・ジテは "果して韓流がなんだという考えをたくさんした. 以前はむしろ産業的な部分にかたよった韓流には向かい風が当たるのではないか思った. アンチ的な考えをたくさんした"と言った.



ユ・ジテはしかし "今度ドラマをしながら韓流の当事者や現地反応を見てそれではなくその方々が国威宣揚するのではないか思った. 同じ俳優にもかかわらず日本に高い価格で配給されることができる, 配給権を持つことができるのが重要なことだと思う"と言った.

ユ・ジテは "特にこのごろのように大変な時期に韓流俳優たちが日本資本を引っぱることができるとい事自体が同じ俳優として似ていたい部分だと言える"と言う.

ユ・ジテは韓流スターチェ・ジウが羨ましいとか負担ではないと言った.

ユ・ジテは "この前に映画 '野獣'でクォン・サンウと演技する時でもう慣れた. その時おない年なのにもかかわらず、クォン・サンウはお兄さん(オッパ)で私はおじさん(アジョシ)だと呼ばれた"と冗談言って "韓流において重要なことは良いコンテンツを持って良い価値を作って外国に高い価格に販売されることが重要だ. 俳優としての私的な感情は一瞬間だ"と説明した.

チェ・ジウ演技に対しても褒め言葉を惜しまなかった.

ユ・ジテは "あんまりチェ・ジウさんが人柄的に立派だ. メロー部分において演技力があるから 'ジウヒメ'になったな思う. 純情演技においてすぐれた演技力の持ち主と思う"と言った.

ドラマ 'スターの恋人'は 'ロビイスト'のブソングチォル監督と '冬のソナタ' '秋の童話'を使った呉流ぜん作家が呼吸を合わせる作品. トップスターである額里(チェ・ジウの方)とぼうっとする大学講師金チョルス(ユ・ジテの方)の一番現実的な恋物語を描き出す.



チェ・ジウとユ・ジテ, 利己優, チァイェリョン, 聖地でなどが出演する 'スターの恋人'は '風の花園' 後続で 12月 10日最初放送される.


私にとって、韓流は 韓国と韓国人のイメージアップに絶大な影響を及ぼしました。

韓国国内で、なぜ、あのようなバッシンングにあわなければならないのか疑問でした。

ジテさんもアンチであったのは知っていましたが・・・・・

アンチのみなさんは、日本で体感してみると、スターたちの貢献度が実感できるということですね^^


より詳しい文を載せます。

ジテさん、初ドラマなんですか?

おめでとうございます。

ユ・ジテ “韓流に対してアンチだったが ‘スターの恋人’ しながら考えを変えた”

25日 SBS 本社で開かれたドラマ 'スターの恋人' 製作発表会に参加したユ・ジテとチェ・ジウ [写真=SSTV]



[SSTV|ムンヨングピル記者] “あの実はこの前には韓流 ‘アンチ’だったです”

ユ・ジテが自分が過去 ‘韓流熱風’に対する否定的な視線を持っていたと明らかにした.

彼は 25日午後 SBS 本社で開かれたドラマ ‘スターの恋人’ 製作発表会で “この前には寒流の当事者たちが事業家になってしまったのではないのかとむしろ ‘向かい風’を当たらアンウルカというアンチ的な考えをした”と “しかし日本現地に撮影を行って寒流に対する現地反応を見て日本ファンの愛を心より感じたし本当に寒流スターなの言葉で国威宣揚をする方がアニンがという考えをした”と告白した.

ドラマ ‘スターの恋人’は代表的な女性寒流スターチェ・ジウが出演して日本飛鳥からロケを経ったうえで日本の代表的なメディアグループである ‘デンツ’死が共同製作に参加した作品. のため日本でも高い期待を集めているドラマだ. ユ・ジテとしては今度ドラマ出演でその間自分が持った考えを完全に変えるようになったわけだ.

これと関連, ユ・ジテは “同じ俳優にもその人(寒流スター)が出れば日本に高い価格で (作品が) 販売されることができるというの, このごろのようにとても大変な時期に寒流俳優たちが日本の資本を引っぱることができるということが同じ俳優としても似ていたい部分”と話した.

また, ユ・ジテは過去映画 ‘野獣’ 広報車日本を訪問した時 “(のように出演した) おない年グァン・サンウは ‘お兄さん’と私は ‘おじさん’と呼んでいたよ”はエピソードを紹介して笑いを催した.

油ジテは ‘スターの恋人’を通じて初めでドラマにデビューする所感を明らかにしたりした. 彼は “映画とドラマを区別しなかったが映画演技を先に体系的に整えたかった”と “私は作品を選択する時良い作品という確信が入れば挑戦するのに ‘スターの恋人’が正しくそんな作品だった”と作品に対する大きい信頼を表示した.

自分の劇中配役である金チョルスに対してユ・ジテは “私の普段姿がスターと言うよりは常人の姿がもっと強いから金チョルスと乖離感があまりない”と “ちょっと他の点があったら金チョルスは小説にコッヒョイッゴ私は映画にコッヒョイッヌンの”と言った. 金チョルスはソウル大学校国文科博士課程を踏んでいる大学院生と同時に時間講師として瀁学的でざらざらしてつやがないが貧しい人物だ.

チェ・ジウも “劇の中でドラマや映画製作発表会場面もあるのにどうしてもそんな部分が演技するのがむしろ楽だ. 悪性ルーマーやスキャンダルのため苦しがる部分も共感が行く”と “万人の恋人になりたいがシングルだから普通女のようにひとりの恋人ならと願う姿や真正な愛を願う姿にたくさん共感する”と伝えた. チェ・ジウが演技した額里は貧しい大学院生金チョルスとは違い最高の女俳優もてなしを受けるアジアのトップスターだ.

また, チェ・ジウは “その間メローに飢えた”と “メロー物をしたかった車に恋愛のときめく感情をまた感じて見たら大好きだった”と今度作品に出演するようになった所感を伝えた. この日製作発表会現場には多くの日本ファンたちも参加して ‘ジウヒメ’の人気を感じさせたりした.

一方, 'スターの恋人'は‘パリの恋人’と ‘プラハの恋人’に引き継いだ新しい ‘恋人’ シリーズとして ‘冬のソナタ’の呉流ぜん作家が筆を執って特有の感性メローをお目見えする予定で来月 10日テレビ劇場に顔見せをする.


記事はコチラから
スポンサーサイト



韓国俳優 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
昨日午後5時に帰国?
メッセージは一昨日・・・・

帰国は昨日・・・・・  はて 面妖な・・・・

こちらに、行ってみてください。

仁川空港での動画が見られます。

一人みたいです・・・

ますます???  コチラ





カムバック控えてグァン・サンウ, 入国現場単独捕捉
入力時間 : [2008-11-25 10:07]

YTN STAR アンジソン記者]

映画 <宿命> 以後 1年近く空白期を持った寒流スターグァン・サンウが来年初カムバックを控えていますよ.

オーストラリア旅行を終えて 24日午後 5時に仁川国際空港を通じて極秘裡に帰国するグァン・サンウの姿を YTN STAR カメラが単独捕捉しました.

グァン・サンウは来る 12月詩人ウォン平気の監督デビュー作 <悲しみよりもっと悲しい話> 撮影を始まりに活発な延期活動を広げる予定イヤー書, ファンの関心が集められています.
サンウについて | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |