FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
三軒茶屋で「宿命」を観る
今日は、お友達と二人で「宿命」を見に行ってきました。

「三軒茶屋」という、街の、昔からある映画館に行きました。

三軒茶屋中央劇場

街に似て、すごくレトロ。

チケット売り場

昔、私が子どもだったころ、こんな映画館がいっぱいありました^^

郷愁となんともいえない心地よさで、写真撮りまくり♪

シネマ入口

もう一本の映画(香港映画)と、2本だけ。

カンバン

もうひとつの香港映画は2008年に監督新人賞を受賞した作品のようです。

本日限り


「宿命」、1日4回上映。 入れ替えなし。 両方見られるみたいです。

何回も見られるみたいです。 でも、今日まででした・・・・(><)

玄関に入ってすぐのところのチケット販売機で、チケットを購入。

切符売り場


1,100円でした。

左にいらっしゃる係の方は、テケットの「モギリ」と案内を兼ねていらっしゃいます。

「写真を撮ってもいいですか?ブログに載せても良いですか?」と、お聞きしたところ、大丈夫ということなので、パチリ。ありがとうございます。

館内にいた、映画館関係者は、オーナーのような中年の男性の方と、この女性の二人だけ。

とにかく、シンプル。


必要なものしかなくて、足りないものはないの。

もう、レトロというより、懐かしいというより・・・・・・

映画館全体が、昭和のメモリアルパークみたい^^


パンフレット置き場

パンフレット置き場。

そして、場内。

館内2


懐かし~~い!!!


観客は、男性11名、女性12名・・・・だったかな?


エンディングロールがすべて終わって、ジョンテの曲もすべて終わって、スクリーンに両脇からスルスルと幕が閉じて来て、中央でピタリと閉じて・・・・


十分に余韻を味わってから、私たちはおもむろに席を立ちました。


会場の大部分の方がそうでした。

これは、なぜかわからないんですが、今までどこの映画館で見たよりこの映画館が「宿命」に似合ってました。

映画の持つ哀切さが、この映画館で見るとしっくりくるんです。


やりきれないほどの、無情感や悲しみが なんか自然に無理なく胸に落ちるというか・・・・


この映画、もしかしたら、もう少し昔に上映されていたら、もっと受け入れられていたかも・・・・・



ともあれ、この映画館自体が、なんとなく癒しの空間と言った面持ちで・・・・


また、ぜひ来たい映画館でした。



映画好きのオーナーが海外から、好みに合ったものだけを選んで、のんびり上映しているような、そんな映画館でした。


東京にも、まだ、こんな映画館があったんですね~~♪


ずっと、ずっと、続けてほしいです~~^^





この映画の方は、実に20回以上見ているので・・・・・(笑)。


感想は、「もったいないわね~~~」と。


ご覧になった方は、きっと意味がわかって下さるはずです^^



続きは、また明日~~~^^

スポンサーサイト



クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
| home |