FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
戦争は嫌ですね・・・・
こんばんは~

今日は、5月31日。

明日から6月。  6月ですよ~~~^^


6月と言えば、映画「砲火の中に」の封切。


ここのところ、毎日、スタンフォード関連の記事が絶えることなく続きます。

目新しいことはないので、ちょっと 遠慮しておきます。


今の関心は、北朝鮮と韓国の動き。


今日出かけたついでに、AERAを買ってみました。


そうしたら、「半日でソウルに5千発第2次朝鮮戦争シミュレーション」

という言う記事がありました。


どうやら、あっという間にソウルは火の海らしいです。

通信網も遮断されて、飛行機も飛ばないからもしそんなことになったら

ソウルからしばらく帰って来れないようです

というか、生きていけないでしょう。

日本大使館は期待できないらしいし・・・・


そう思ったら、どんどん及び腰に・・・・


サイン会は、生きていたらまた行けるかもしれないけど・・・

映画はいつか見れると思うけど・・・・


早く、安心だと言うところを見せてほしいですね~~

でも、この記事で一番心配になったのは、戦争になったら

北朝鮮という国家が滅亡するわけで、その前に核弾頭をソウルや

東京に向けて飛ばさないとも限らないわけで、そうなったら、日本にいたら安全・・・

という訳でもないらしいです。



そう考えると、ますます第2次朝鮮戦争なんて起きないように祈るしかないですね~~


戦争の前には、趣味や日常もみな霞んで行くような気がして・・・・


今日は、そんなこと考えながら ぼ~~っとしていました。


他にも、ピくんが、今年9月28日に入隊を命じる令状を受け取っていたことが分かったとか。


でも、大学院在学中を理由に入隊延期申請を提出して、兵務庁に受理されたそう。

兵役法では大学や大学院在学中の場合、満28歳まで入隊延期が可能だそうです。

今27歳のピくん。1982年6月25日生まれだそうなので、来年の6月末までには

入隊するんでしょうね。

ヒョンビンくんも1982年生まれ。 間近ですね・・・・




さて、サンウくん関連のニュースでは、昨日の記事ですが、テムルについて。


最近、韓国では「漫画」を原作とするドラマが大流行という記事の中に

テムルもありました。コチラ から


■パク・イングォン‘対物(テムル)’

大物


クォン・サンウのキャスティングで話題を集めたドラマ‘対物’は

今年の下半期SBS電波に乗る展望だ。

特にMBC ‘善徳女王’で演技力を立証したコ・ヒョンジョンが加勢しながら

視聴者たちの関心を集めている。

‘大物’はパク・イングォンの同名漫画を原作で一流つばハリュが

最初の女大統領を夢見るソ・ヘリムを大統領にする内容だ。

大物は製作費100億ウォン台の大作だ。

強力部検査で仕事をして政治暴力組織の背後の大物を拘束した責任を負って

辞表を出したソ・ヘリムが人権弁護士で名声を積んで、ついに大統領で

当選するというストーリーだ。

現在、キャスティング調整を終えてくる6月本格的な撮影に突入する予定だ。



それにしても、戦争は嫌です。

いざ戦争になったら、すでに退役した人もまた募集かけられるんですって。

そのために、退役後も、定期的に訓練を受けに行きますしね・・・・


徴兵制もいやだけど、世の中から戦争が無くなるのが一番。


息子も、夫も、恋人も、戦場には送りたくありませんね~~


「砲火の中に」は、そういう意味で、平和を願う映画になったらと思います。
スポンサーサイト



今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
今日の「砲火の中に」の関連記事 抜粋(訂正しました)
昨日から、今日にかけての関連記事をご紹介します。


色々、考えさせられる記事あり、おおそうだったのかという記事あり・・・・


中でも、監督が、光州事件の時、光州にいらして事件に遭遇。

今も、それがトラウマになっているというお話。


監督がそういう人生経験の上にこの映画を作られたことに、重みを感じました。


私の好きな「アラビアのロレンス」や「ドクトルジバコ」のことなどが出て来て

妙な親近感を覚えました。


私にとって「ドクトルジバコ」や「アラビアのロレンス」は、高校生の頃から、

そして成人してからもずっと、心に残る映画です。


監督と、握手したいわ~~~♪  と、ミーハーな私(笑)





"戦争は狂気だ",'砲火の中に'米国初公開

記事入力2010-05-30 15:58


1950年韓国戦争当時、学徒兵71人の実話を入れた映画'砲火の中に'が韓国封切りに先立ち米国で初公開された。

今回の特別上映会は米国、サンフランシスコ近隣に位置した名門私立大スタンフォード大学のアジア-太平洋研究所(Asia-Pacific Research Center at Stanford University)主催で進行された。

スタンフォード大アジア太平洋研究所が映画上映会を持つのは去る2008年クリント・イーストウッド監督の'硫黄島から来た手紙'以後2年ぶり. 特にスタンフォード内試写会場所のカバーリ オーディトリアムの全体400席が5日で締め切られた程に熱い関心を受けた。

また、上映後熱い拍手喝采が続いたし、この日映画を観覧したスタンフォード大学生らをはじめとして評論家、一般人などと1時間余りの間観客との対話を進行して現地の関心を立証した。 何より朝鮮戦争参戦した勇士も席に参加してその意味を加えた。

'砲火の中に'は、1950年韓国戦争当時、学生の身分で戦場真中に飛び込んで巨大な戦争の運命を変えたが今は誰も記憶できない71人学徒兵らの悲しくて偉大な戦闘を描いた感動実話. 6月16日封切り.



<次は観客との対話>

Q監督の前作がロマンスなのに朝鮮戦争を扱った理由と所感は?

イ・ジェハン監督;戦争映画のものすごいファンであったし、常にアクション映画を作りたかった。 実話を土台にしたストーリーが非常に立派な作品だった。 よく朝鮮戦争が'忘れられた戦争'と呼ばれ、朝鮮戦争は'20世紀最も悲劇的な事件'中一つと考える。

Qこれまでの朝鮮戦争を素材にした映画のと差別点は?

イ・ジェハン監督;ティーンエージャーの話が、残忍で強烈で、悲劇的だった。 60年前の韓国だけでなく、今も相変らず幼い人々が戦争に出て行って戦うことが起こっている。 また、大人たちの戦いで幼い人々が犠牲になるという点に重点を置いたメッセージだ。

Q今の韓国人らに戦争がどのように受け入れられているか?

イ・ジェハン監督;60年前どんなことが起きたのか大きく気を遣うようでない。 かと言って教訓的な映画を作ろうとしたことではない。 実話を土台に作ったし、実話にすでに入っているメッセージにそのまま従っただけだ。

Q'砲火の中に'で北朝鮮軍をどのように描いたか?


イ・ジェハン監督;この作品は私の政治的な見解を明らかにする作品ではない。 単に朝鮮戦争の間、北朝鮮軍も戦えとの命令を受けて戦場へ向かったことという考えだ。 戦争は結局'狂気'ということを観客らが悟ることができることを願う。

Q影響を受けた作品があるならば?

イ・ジェハン監督;デービッド、リン監督のファンだ。 'アラビアのロレンス'はものすごい戦争映画だ。 'ドクタージバコ'は、やはりロマンス映画と同時に立派な戦争映画だ。 過去に好んだ映画らを見て回ったし、何らかの影響を及ぼしただろう。 カン・チェギュ監督の'太極旗を翻して'も参考にした。 悪い点などを見ながらまねなくなければならないと考えた(笑い).

Q映画に出演することになった契機?

クォン・サンウ;そのまま軍人で出てきて戦う映画だったら出演しなかっただろう。 未成熟な人間らどうし集まって、大韓民国の人だから自然に国を守って祖国を守るために団結して敵に対抗する姿がとても悲しく見えた。 どんな悲しいメロウより悲しくて美しかった。

Qこの作品に出演した後朝鮮戦争に対する考えが変わったか?

クォン・サンウ;前後数えて見たら、朝鮮戦争に対するみじめな現実を直接的に体験することができなかったが、この映画を通じて韓半島は不安定な状況に置かれていて、映画を撮影しながら感じた戦争の恐怖を悟ったら良いだろう。

Qシナリオ作業過程はどうだったか?

イ・ジェハン監督;5.18光州(クァンジュ)抗争当時光州(クァンジュ)に住んでいた。その時のトラウマがある程度作品に反映されたようだ。 また、時間が充分でなかった。 しかし頭では多くの準備をできなかったとしても頭でない胸でとった作品だという点を言いたい。



*匿名の方から、1971年生まれの監督が1980年に教師は不自然との

ご意見をいただきました。

原文では、「教師だった」となっていますが、これは、記者の方の聞き間違えで

「教室で勉強していた」の誤りであると思われます。

⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
6月 対決
ポアソグロ、好評ながら・・・・

好敵手も。


6月‘ベスト キッド’ vs ‘飽和の中に’韓・米ブロックバスター大激突




6月劇場街は韓・米ブロックバスターらの競争を繰り広げて、熱い展望だ。

ウィル スミスとジャッキー・チェンの出会いで話題を集めているハリウッド ビッグ プロジェクト‘ベスト キッド’((輸入)/配給:ソニーピクチャース リルリジンプエナ ビスタ映画(株)、製作:ウィル スミス)と新しい韓国戦争映画の誕生を予告している映画‘砲火の中に’が順に封切りを控えている。

先にハリウッドとアジアを代表するアクション俳優ウィル スミスとジャッキー・チェンの出会いで話題を集めているハリウッド ビッグ プロジェクト‘ベスト キッド’が6月10日劇場街のドアをあける。

映画‘ベスト キッド’は孤独な人米国少年‘トゥレ パーカー’(ジェイドン・スミス)が伝説のカンフー達人‘Mr.ハン’(ジャッキー・チェン)にカンフーを習って世の中に打って出るためのよどみない挑戦を広げるアクション ブロックバスター映画.

‘ベスト キッド’が封切りする次週には韓国戦争を素材にしたチャ・スンウォン、クォン・サンウ主演の‘砲火の中に’が封切りする。 ‘砲火の中に’は、1950年8月、朝鮮戦争の運命がかかった洛東江(ナクトンガン)支持線を守るための南と北のすさまじい戦争真中で制服を着て砲火の中に飛び込んだ学徒兵71人の悲しくて偉大な戦闘を描いた韓国戦争感動実話だ。

6月劇場街を熱い雰囲気にする二つのブロックバスターらの対決に注目してみる。



ポアソグロ封切の翌日は、サッカーワールドカップの韓国とアルゼンチン戦。


強敵があちこちに~~~


韓国のみなさんが、口コミで評判になって、ポアソグロを見に行ってくれますように。



続きは、俳優の演技が光る「砲火の中に」の記事です。


その前に、日本語字幕を付けて下さった動画が。

お借りしてきました.ありがとうございます。




⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
皆さんのティオスが東和免税店に入店しました
嬉しい 嬉しい話題です。

化粧品が充実している事で名高い東和免税店。


以前、サンウくんがイメージキャラクターを引き受けていた

あの、トンファペッカジョン。

キャンプのツアーだかで行きましたね♪


あの、光化門のところの・・・・コチラ

そして、きっと、空港にも~~~♪


仁川空港に行ったときに調べてみましょう。

とっても楽しみです。

東和a


Natual Tears | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
グンちゃんファンミの続き
サンウファンとしては、ちょっぴり危機感を持った・・・・

だけど、ものすごく楽しくて、私たちを幸せにしてくれるファンミ。



グンちゃんのファンミ、人気がうなぎのぼりなのが分かりました~~~


詳細は、続きに。 ⇒ 続きを読む
韓国俳優 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
チャン・グンソクくん ファンミ
おはようございます^^


5月の下旬というのに、今朝も寒い朝です。

また、田んぼや畑の生育状態が気になります。

口蹄疫のこともあったりして、食材が無駄にならないような買い物をしなくてはと、いつもより気になるこの頃ですね。

さて、一昨日のサンウくんの関連記事ですっかり心が弾んでいたのに・・・・


昨日、ちょっと 浮気をしてきました(爆)



チャン・グンソクくんのファンミに行ってきました。

いつもの仲良くさせていただいているサンウペンのお友達と・・・・


ファン層が若いと聞いていましたが、今はそうでもなく(笑)。


日本では、どうやらドラマ「イケメンですね」のヒットで、

シニア層にファンが急激に増えている模様。


主催が、ファンクラブとかではなく、株式会社フラウ・インターナショナル


イベントの企画は、チャン・グンソク本人が組み立てたそうです。


いかに、参加者を喜ばせるか、楽しませるか ありとあらゆる工夫がこらされていました。


結論から言うと、熱烈ファンでもない私も大興奮(爆)

楽しく充実したイベントでした。


内容は、詳しく続きに書きます。

興味のある方だけ、ご覧ください。


だって~~~^^

ここ、サンウブログだから・・・・・・(笑)




⇒ 続きを読む
韓国俳優 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
余韻
おはようございます。

昨日は、とても嬉しいニュースが飛び込んで来て よい1日でした。



一夜明けても、なんだかいい感じ~~♪


これから、出かけるのでじっくりPCの前で 記事集めが出来ないのが残念です。

昨日の様子韓国で放送されていたのが、上げっていましたね。




嬉しい♪


どうか、この波に乗って、韓国で大ヒットしますように。

日本にも来ますように♪



みなさまも よい週末をお過ごしください。

クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
ジェームス・ディーン? ジャン・ポール・ベルモント?
うれしすぎる褒め言葉・・・・(笑)


気を引き締めてね・・・・ 落とし穴にはまらないように^^



クォン・サンウは韓国のジェームズ・ディーンでありジャン・ポール・ベルモント”
…米評論家

2010-05-28 16:35:55

スタンフォード2

クォン・サンウが“韓国のジェームズ・ディーンやジャン・ポール・ベルモント”という賛辞を受けた。


クォン・サンウは28日午後(以下韓国時間)米国、カリフォルニア州スタンフォード大で開かれた主演映画‘砲火の中に’の上映会直後、米国の有名評論家のスコット ポンダスロブト“劇中反抗的な目つきとタバコをふかす表情などが特に印象的だった。 あたかもジェームズ・ディーンやジャン・ポール・ベルモントの姿を連想させる”という賛辞に笑った。

この日スコット フォンダースとともに上映会と以後進行された討論会などに参加した朝鮮戦争参戦勇士のジョンR. スチーブンス氏も“立派な映画であった”と‘砲火の中に’を見た所感を伝えた後“完成度が驚くべきだ。 俳優らの演技も同じだ”として感慨に充ちた賞賛を惜しまなかった。

映画‘砲火の中に’は、1950年8月、朝鮮戦争の惨禍の中で浦項(ポハン)死守の命令で戦闘に出た71人学徒兵らのすさまじい話を描いた作品.

クォン・サンウは両親を人民軍に奪われた後、敵がい心を表わす反抗的な青年役でスクリーンに出た。

クォン・サンウは“誰も教えなかったけれど未成熟な青年たちが集まって祖国を守ろうと彼らが団結する姿はどんな悲しいメロー映画より悲しくて美しい”としながら‘砲火の中に’を選択した背景を説明した。

クォン・サンウとタップ(チェ・スンヒョン),チャ・スンウォン、キム・スンウが主演した映画‘砲火の中に’は、6月16日封切りする。


~~~~~~~~~~~~~~~~


米評論家、"クォン・サンウの タバコ場面、ジェームズ・ディーンが思い浮かんだ"…‘砲火の中に’好評

6.25を扱った映画‘砲火の中に’に対して現地映画評論家と6.25参戦米軍勇士が絶賛を残した。

‘砲火の中に’米国試写会は27日(現地時間)午後6時米国、カリフォルニア州、サンフランシスコ近隣パルロアルト(Palo Alto)時に位置したスタンフォード大学校カバーリ オーディトリアムで400人の人波が集まった中で、2時間の間開かれた。

試写会が終わった後持った記者会見で6.25参戦勇士ジョン・スチーブンス(John R.Stevens)氏は“とても芸術的で感動的な映画”と評価した。

スチーブンス氏は“製作期間に比べてとても映画が完成度が高くて演技に対してもけちをつける所がない”と伝えた。

引き続きスチーブンス氏は“当時私は攻撃をする立場なので、体験してみはしなかったが、(映画に登場する)防御に対する戦略などを直接見るととても写実的これだよ”と話した。

現地言論人ニューヨークタイムズとガーディアンなどに映画評論を解説する映画評論家スコット ポンダス(Scott Foundas)は‘砲火の中に’に対して“感銘深く見た”という評をおろした。

ポンダスは“主演俳優たちの演技自体がけちをつけるところなかったし、特に試写会に参加したクォン・サンウはタバコを吸う場面でジェームズ・ディーンの姿まで感じることができた”として“配役に忠実だったし印象的な演技を見ることができた”と絶賛した。

映画‘砲火の中に’は、韓国試写に先立ち米国試写会を成功的に終えながら映画の期待感を大きく高めた。 この日公開された‘砲火の中に’は、まだ映画が完成されなかった状態でも成功的な示唆を終えながら期待感を高めた。

現地観客らまた“朝鮮戦争に対してもう一度考えられるようにしてくれた”、“立派な映画であった”と良い点数を与えた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有名評論家ポンダス、"クォン・サンウはジェームズ・ディーンのように魅力的

スポーツ朝鮮|入力2010.05.28 14:29 |修正2010.05.28 16:34


ボンダス


◇クォン・サンウ(左側)に対して有名評論家スコット ポンダスが絶賛をした。


 "ジェームズ・ディーンのような反抗児印象を与える。"米国の有名映画評論家スコット ポンダス(Scott Foundas)がクォン・サンウに対して絶賛をした。

 27日(現地時間)米国、カリフォルニア州パルロアルトに位置したスタンフォード大学のカバーリ オーディトリアムで開かれた映画'砲火の中に'公式上映会および懇談会直後開かれた記者会見でポンダスはクォン・サンウの劇中演技に対して賞賛を惜しまなかった。

 "反抗児キャラクターを完全に消化した"と評価したスコット ポンダスは"目つきが魅力的であり、タバコを荒々しく吸う設定などが印象的だ。 ジェームズ・ディーンを連想させる"と好評した。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スコット ポンダス"クォン・サンウはジェームズ・ディーン"賛辞

“クォン・サンウはジェームズ・ディーン."


米国の映画評論家スコット ポンダスが俳優クォン・サンウに対して絶賛をした。

スコット ポンダスは27日午後10時(現地時間)米国、スタンフォード大学内カバーリ オディトリウムで開かれた映画<砲火の中に>(監督イ・ジェハン・製作太原エンターテイメント)の試写会後国内取材陣と会ってこのように話した。 スコット ポンダスはニューヨーク タイムズ、バラエティーなど有名媒体に映画評論を寄稿する評論家だ。

"クォン・サンウの反抗的目つきとか、タバコを吸う演技などは他の俳優ができないことだ。 クォン・サンウはジェームズ・ディーンやアラン ドロン同じ印象を与える俳優だ。"

スコット フォンダースの話にそばにいたクォン・サンウは目礼と笑いで答えた。 この席にはスコット ポンタスとクォン・サンウ、朝鮮戦争参戦した勇士のジョンR. スチーブンスが参加した。

スコット ポンタスは<砲火の中に>に対して"技術的でも内容的でも立派だ。 ハリウッド映画に劣らない。 この映画製作費の50倍以上なる映画よりよく作った。 幼い兵士の人間的な悩みと戦争の非人間性を立派に描き出した"と評した。 彼は<砲火の中に>の世界進出の可能性に対して"おもしろい質問"と暗示した後"世界的にアピールする要素があるが配給体系がカギであろう"と話した。

スコット ポンタスは韓国映画の発展の可能性に対して高く評価した。 彼は"去る15年間韓国映画のルネサンスであった。 今年カンヌにホン・サンス監督の<ハハハ>、イ・チャンドン監督の<市(詩)>が進出したことだけ見てもそうだ。 個人的にイ・チャンドン監督は世界的に立派な監督だと見る"と話した。 彼は"ポン・ジュノ監督も世界的名声や興行面で成就をおさめた。 次世代監督らも期待される"と付け加えた。


一館でも多くかかれば、ヒットする・・・・んでしょうかね?


それにしても、サンウくん、嬉しかったでしょう^^

クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
事前記者懇談
試写会に先立ち行われた記者懇談の内容です。


クォン・サンウ"自分自身に多くのむち打ちした"




クォン・サンウが戦争ブロックバスター映画'砲火の中に'(監督イ・ジェハン)の米国、スタンフォード大学試写会を控えてときめく心を伝えた。

クォン・サンウは27日午後3時(現地時間)サンフランシスコ近隣にあるパロアルト(PALO ALTO)シェラトン ホテル(Sheraton Hotel)で開かれた記者懇談会で"昨夜睡眠をまともにとることができなかった。 大韓民国人ならば誰でも共感できる作品だ"として"個人的に映画を撮りながら私自身をたくさん鞭打ちしながら臨んだ作品"と暗示した。



彼は引き続き"今回の映画をしながらこのように大きくなるとは思わなかった。 本来'砲火の中に'のシナリオが入ってきた時大きい規模になる作品ではなかった"として"私に最も合う服がどんな役割であろうか悩んで選択した"と話した。

クォン・サンウはまた、デビュー作以後今回の作品でも制服を着て出演することになったことに対して"年を取って少しぎこちなかったとすれば他の服を着たが、今回の映画のような場合自信があった。 どのように見られるかと言うことより、こういう状況が十分に共感できて制服を着てもかまわないと考えた。 もちろん周辺では危惧があったようだ。 制服でデビューしたし('火山高'で)代表作になったが現場でも'うまくいくようだ'と催眠をかけて撮影したことを思い出す"とした。

彼はまた"今回の映画の主人公はタップ(チェ・スンヒョン)で、彼が引き立って見えるようにするために始めようとした。 これまで作品を導いて行かなければならないといったとすれば、今回の映画はよくサポートもして私の役割もよくしようと努力した"として"このために私自身をムチをたくさんしながら臨んだ。 緊張もして、全体に映画に誰といわず悩みも多かった。 監督様が能力があって朝 撮影作業が期待されたし驚くべきだった。 学習が多かった撮影だった"と所感を明らかにした。

個人的に、作品興行に対してクォン・サンウは"1千万を越えてはいけないだろうか"と笑って"ある程度自信はある。 今回の作品を通じて演技しながら多くのことを捨てて演技した。 妻が最も助けを多くくれたようだ。 そのようなものがとても役に立ったよ、説明しにくいが強固で安らかで安楽さを与える"と家庭に対する愛情を誇示した。

一方映画'砲火の中に'は、この日午後6時米国、カリフォルニア、サンフランシスコ近郊のパロアルト(PALO ALTO)に位置したスタンフォード大学内カバーリ オディトリウムで初めての公式上映会と記者懇談会を持った。

この席にはスタンフォード大学関連教授を含んで在学生、6・25参戦勇士らが参加して約400席に達するオディトリウムをいっぱい満たした。




'砲火の中に'米国スタンフォード大学上映会、
'良い第一歩'クォン・サンウ感激クォン・サンウ"
韓国だけでなく米国でも愛されたら"


"韓国で愛はもちろんこの広い土地でも紹介されればという風だ。"

映画'砲火の中に'のクォン・サンウが27日午後3時(現地時間、韓国時間28日午前7時)米国、カリフォルニア州、サンフランシスコ近郊に位置したシェラトンパロアルト(Sheraton Palo Alto)ホテルで開かれた記者懇談会で米国現地特別上映会を控えた所感を伝えた。

クォン・サンウは"韓国で多くの愛を受けたら良いが、映画があたえるメッセージが大きいから今回の米国上映会を契機にこの広い土地にも紹介されれば良い"と明らかにした。 引き続き"上映後どんな評価を受けるのか今後を見るべきだがまず良い機会の第一歩に足取りを一緒にすることになりうれしい"と所感を伝えた。

クォン・サンウ主演の'砲火の中に'は、米国、サンフランシスコに所在した名門私立大スタンフォード大学のアジア-太平洋研究所(Asia-Pacific Research Center at Stanford University)主催でこの日午後6時(韓国時間28日午前10時)スタンフォード大学内で現地特別上映会を持つ。 上映会以後には現地評論家をはじめとする専門家たちと討論会も広げる予定だ。

イ・ジェハン監督は"スタンフォードのアジア太平洋研究所は韓国戦争にあって人望ある研究所"として"'砲火の中に'の企画段階から関心を見せてきたし、今日(27日)上映は撮影前から決定されていた。 その約束を守るために努力をたくさんしたのに、未完成の状態で上映をすることになり惜しい"と説明した。

引き続きこの監督は"前に米国でこの映画が紹介されるところにあってアジア太平洋研究所が多い助けを与えるようだ"として"また、もしも上映会以後指摘が出るならば最終編集するのに助けになるようだ"と余裕を見せた。

朝鮮戦争に対する作品を韓国でない米国にリリースすることに対する負担も存在する。 この監督は"話の中に含まれている人間らをそのままその姿そのまま見れば良い"として"特定定規を持って分析しなかったら良いだろう。 作る時も脱理念的に近寄ろうと思った"と風を伝えた。

今回の上映を契機にすでに米国アカデミー外国語映画賞候補で議論されているほど。 これに対してこの監督は"事実私も聞いたことがあるがそれはまだ分からないこと"としながら"先に大衆に愛される映画だったら良いし、その後のことはよく分からない。 事実カンヌも行きたかったが、とうてい日程を合わせることができなかった"と話した

また、彼は"朝鮮戦争勃発60周年記念作で、意味のある映画を企画して。 その意味らがアカデミーまで連結されるならば皆にうれしいことでないか考える"とアカデミー進出を念願した。
⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
嬉しい再会
ご縁ですね~~~^^


かつての教え子と再会なんて・・・・

ネタバレの個所は削除しています。


クォン・サンウ“米スタンフォードで助教時代の訓練兵と再会”

俳優クォン・サンウが遠い米国の地で思いがけない出会いで思い出に浸った。

スタンフォード

クォン・サンウは27日(現地時間)午後6時米国、サンフランシスコ近隣に位置したスタンフォード大学校キャンパス内カバーリ オーディトリアムで開かれた映画‘砲火の中に’の試写会後の記者懇談会で“軍時期に助教で服務した時の訓練兵に少し前会ってうれしい挨拶を交わした”として“その当時訓練兵だった方が今はスタンフォード大学で博士学位過程を経ていたよ”とびっくり出会いを伝えた。

クォン・サンウはこの日映画上映後開かれた観客らとの対話で自身の軍隊時代経験談を打ち明けることもした。 クォン・サンウは“韓国人らに軍隊というものがどんな影響を及ぼすのか”という学生の質問に“俳優になる前に軍服務をしたが、軍隊時代の間に体得した連帯感や団体感などが社会生活をしたり人生を生きていくのに役に立っている”と明らかにした。

今回の試写会にはニューヨーク映画祭副委員長であり映画評論家のスコット ポンダスと朝鮮戦争当時洛東江(ナクトンガン)戦線に参戦したジョン・スチーブンスなどがパネリストに招請されて、映画を共に観覧した。

先立ってこの日午後6時に開いた試写にはアジア系学生たちはもちろん、米国ヨーロッパ系など多様な国籍を持った学生と韓国戦に参戦した勇士、現地僑胞(海外在住韓国人)など400人余りが2時間余りのランニングタイムを静まって見守った。

ある学徒兵が戦死した後、エンディング タイトルがスクリーンに流れるとすぐに流れる涙を拭く学生たちがあちこちで目撃された。 朝鮮戦争に参戦した勇士らもその日の感慨を思い出させてずっと流れる涙を拭く姿だった。

ニューヨーク映画祭副委員長であり映画評論家スコット ポンダスシは“観客らが理解しやすくて興味深い映画であった。 韓国映画が技術的にもたくさん発展したようだ。 世界市場で活躍が期待される”と好評した。 国内封切りは6月16日.


2010.05.28 17:16:15入力、最終修正2010.05.28 17:41:37


コチラから、お借りしました。
今日のサンウ氏 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
絶賛!(更新しました)
今日は、朝から出かけていて、出先で携帯から、様子が分かったんですが、

スタンフォードで「ポアソグロ」とっても評判が良かったみたいですね。


家に帰り、まず、PCの前に座ってみました^^


'砲火の中に'米国で初めての公開盛況.. 涙と拍手



朝鮮戦争当時学徒兵71人の実話を入れた映画'砲火の中で'(監督イ・ジェハン・

製作太原エンターテイメント)が27日(現地時間)米国、サンフランシスコ、

スタンフォード大学で初公開された。


この日午後スタンフォード大学内のコボリオディトリウムで'砲火の中に'の試写会が開かれた。

世界的な権威のスタンフォード大学アジア太平洋研究所の主催で開かれたこの日試写会は

研究者と評論家、朝鮮戦争参戦勇士、スタンフォード大一般学生など400人余りが出席、

盛況を成し遂げた。

俳優クォン・サンウとイ・ジェハン監督、製作者チョン・テウォン代表も席を共にした。


'砲火の中に'は、朝鮮戦争当時の1950年8月洛東江(ナクトンガン)支持線を守るために

戦争に飛び込んだ学徒兵71人の実話を入れた作品.

実感できる戦争場面と学徒兵らに対する切々とした描写に客席ではずっと嘆きと涙が絶えなかった。

映画が終わった後には満場の拍手が起こった。



<写真提供=太原エンターテイメント>


続いたセミナーも熱かった。

パネリストは、映画の写真や描写、歴史的な事件言及などに厚い評価を下した。

パネリストの討論が終わった後にも学生など10人余りがひきつづき質問をしながら

映画に対する高い関心を表わした。


クォン・サンウは今回のスタンフォード試写会に来て助教で服務した時期に教えた

訓練兵がスタンフォード大博士課程学生で会った理由を打ち明けることもした。


一方この日'砲火の中に'の米国試写会はスタンフォード大学アジア太平洋研究所の招請でなされた。

韓国問題に対する権威を誇るアジア太平洋研究所は映画の企画段階から関心を持って

試写会を推進したと分かった。


'砲火の中に'は、韓国で初公開される前米国で先に観客に会ってより一層注目を集めた。

アカデミー外国語映画賞挑戦の可能性も共に占われた。

チョン・テウォン代表は"機会があるならば'砲火の中に'でまだ韓国映画が候補にさえ

一度も上がったことないアカデミー外国語映画賞に挑戦したい"と明らかにした。


続きに、追加記事があります。 ⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
平和へのメッセージ
この映画が政治的に利用されることなく、イデオロギーを超えた

平和へのメッセージとなることを願います。


映画界にも北風部吹くか… ‘飽和の中に’興行可否関心

世界日報|入力2010.05.27 09:17



6.2地方選挙を控えて天安(チョナン)艦事件などで政界に北風が吹いているなかで
映画界でも北風が起こるのか関心が高い。

しかも今年が朝鮮戦争勃発60周年をむかえていて戦争と分断という状況が表わした今の現実を
映画的に描き出した作品らが大挙あふれている。

しかし政界とは正反対に映画界で吹く北風は平和のメッセージをたっぷり含んでいて目を引く。

一番最初に映画'砲火の中に'(イ・ジェハン監督、太原エンターテイメント製作)は格別だ。


113億ウォンという大金が入った大型ブロックバスターなのに加え朝鮮戦争当時起きた実話を
素材にしたという点で映画界北風の核に該当する。
映画は去年の冬慶南(キョンナム)、陜川(ハプチョン)で朝鮮戦争当時洛東江(ナクトンガン)
戦線を構築するのに大きく一助となった71人の学徒兵の話を撮影した。

出演陣も派手だ。 最高のアイドル スターのビッグバンのメンバーチェ・スンヒョンをはじめとして
クォン・サンウ、チャ・スンウォン、キム・スンウなどが今回の映画で演技対決を広げる。

だが、何よりこの映画のメッセージは戦争のみじめさと悲劇性だ。
10代初中盤の幼い学生たちまで国のために銃を取るほかはなかった残念な歴史的事実を描き出すのに重点を置いた。
映画序盤学徒兵中隊長オ・チャンボム役のチェ・スンヒョンが読んでいくナレーションは
このようなメッセージを含蓄してよく表現している。
ここに朝鮮戦争当時国のために犠牲にした色々な護国英霊に捧げる映画にも遜色がなくて
北風に乗って興行隊列に合流すると展望される。
この映画は朝鮮戦争勃発50周年の6月25日を一週間余り控えた6月17日に封切りする予定だ。

以下略
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
封切確定 6月16日
今日、「砲火の中で」の封切が確定しました。


6月17日と、ずっと言われていたのですが、

6月16日だそうです。


チャ・スンウォン・クォン・サンウ・タップ'砲火の中に',
6月16日封切り確定

入力:2010-05-27 08:55:02



チャ・スンウォン、クォン・サンウ、チェ・スンヒョン(T.O.P),キム・スンウなどがキャスティングされた戦争映画'砲火の中に'(監督イ・ジェハン)が来る6月16日封切りを確定した。

'砲火の中に'は朝鮮戦争当時洛東江(ナクトンガン)戦線を守るために投入された学徒兵71人の戦闘を描いた作品で最近ドイツ、英国、シンガポール、ロシアなど4ヶ国に輸出が確定するなど封切り前にも海外で良い反応を得ている。

特にチャ・スンウォン、クォン・サンウに続きビッグバンのタップが主人公級の役割で映画に初めての挑戦して目を引いている。

製作会社側は"'砲火の中に'というワールドカップ シーズンと正面勝負に出る予定"と伝えた。


とりあえず、24日とかではなくて良かったと思うしかないですね~~

出遅れですが・・・・


迫力ある映像が楽しめます。

ネタバレを避けたい方はご遠慮ください。


コチラ


コチラ


半島の雲行きが、いよいよ怪しく・・・・


家族に行くなと言われそうで、びくびくなこの頃です。



でも、とにかく、最悪の事態にならないように祈るしかないですが。

しばらく、慎重に様子を見守ります。


⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
エウル6月号
ファンクラブの会報と同じころにやって来たので、

つい、忘れていましたが・・・・





今回は「砲火の中で」の製作発表会の記事が4ページ!

サンウくん、たくさん出ています~~♪


うち、2ページだけ、ちょっとだけお見せします^^


エウルさん、ごめんなさい。

IMG (2)

キム・スンウさん、ちょっと切れてしまっていますが・・・



記事の中の一部。


見どころ

①朝鮮戦争で犠牲を強いられた学徒兵71人の実話が、5カ月におよぶ撮影の壮大なスケールの映画で語られる。

②BIGBANGのT.O.Pが映画に初出演。学徒兵のリーダーという重要なキャラクターで渾身の演技を見せる。

③T.O.Pとは対照的な、激しい感情をストレートに出すキャラクターでクォン・サンウがスクリーンをひっぱる。



かなり詳しく、良い記事でした。


しばらく、掲載が期待できそうなので、みなさんエウルの定期購読されてはいかがでしょう~~?^^


本誌購入ご希望の方は販売店またはウェブサイトでお求め下さい。↓

エウル



お買い物 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
日本公式にカジャ~~♪
日本公式ファンクラブに、グアムの動画が出ています^^


Kwon Sang Woo ファンミーティング2010~Tears of Paradise~in Guam-Ⅰ


16日午後の、打ち合わせ&リハーサル・・・・

そして、ファンへのコメント。


サンウくんらしくて、楽しそうで・・・

とてもいいです♪



サクサク見られるのも嬉しいですね^^



今日のニュースで著作権問題が厳しくなってきているのを実感します。


動画とか、載せずらくなりますね~~


一眼レフを買おうか・・・

ビデオカメラを買おうか・・・・


それが、問題だ。・・・・  なんてね。

その前に、購入資金をどうやってねん出するか・・・・


まず、そこからです~~~(笑)


しばらく、お洋服と靴と、バッグと食器は買いません・・・・・^^


そして、一生懸命お仕事ですかね。

そして、家計簿をきっちりつけて、財政管理。


お買い物の特例は、Mr Tears.


わぁ~~~^^  そんなことできるかしら~~~


撮影会8

デジカメでも、愛さえあれば・・・・(爆)



製作発表会の日のサンウくんのコメントの動画と撮影風景です。



哨戒艦天安の犠牲者の方に対して思いを語っています。


この映画への想いと重なりますね。

日本公式ファンクラブ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
アンケート 話題づくり
韓国のネット記事・・・・

これは、ちょっとどうでしょう・・・と、思ったのですが、

ま、載せることにしました。


そう言ってはなんですが、1987年生まれのタップくん。

まだ、二十歳そこそこ。

兵役にもまだ行ってない。

そんな若い男の子と比べたらどちらも気の毒です~~

サンウくんは兵役に行って、助教だったのが売りだったんですもの~~

普通に考えてもこの結果は当然でしょう。

喜ぶようなことでもないと思ったんです。



それより、次のアンケート、「スクリーン最高存在感は誰?」の方が、

ずっと、面白そうです~~~^^

ロッテシネマさん、話題づくりに大忙し。




既婚男’クォン・サンウ、アイドルタップを押さえて‘戦場で守りそうな俳優’ 1位





既婚者クォン・サンウがアイドル塔(T.O.P)を押さえた。

クォン・サンウは最近ロッテドットコムが進行した'戦場で私を守りそうな俳優は?'という主題のアンケート調査で66.46%(1万2572人)の支持を得て塔(33.54%)を押して1位を占めた。

クォン・サンウは俳優ソン・テヨンと結婚した後息子ルクィを産んだ公式既婚男子だ。 クォン・サンウが既婚男子というハンディキャップをのり超えて観客らの高い支持を得たことは異色だと分析される。

一方、クォン・サンウとタップが出演した映画'砲火の中に'という6月17日封切りを控えている。 '砲火の中に'は、6.25戦争当時浦項(ポハン)を守った71人学徒兵の実話を土台にした映画でクォン・サンウとタップの他にもチャ・スンウォン、キム・スンウなどトップスターが総出動した。

去る5月12日開幕したカンヌ映画祭マーケットでは英国、ドイツに続きシンガポール、ロシアなどとの契約が成し遂げて上映前4ヶ国で輸出が確定する快挙を成し遂げた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クォン・サンウ、'戦場で私を守りそうな俳優' 1位選定

俳優クォン・サンウが人気アイドルグループ ビッグバンのメンバータップを押さえて'戦場で私を守りそうな俳優' 1位に選ばれた。

製作発表1

オンライン総合ショッピングモール ロッテドットコムが'戦場で私を守りそうな俳優は?'というテーマで去る24日まで1次スター投票を進行した結果クォン・サンウが66.46%(1万 2572人),タップが33.54%(6346人)の支持を得た。 投票には一週間ぶりに総1万 8918人が参加して熱い関心を見せた。



今回のイベントはロッテドットコムは14周年記念行事で5月18日から映画'砲火の中に' 1万人初代イベントを進行してきている。

25日からは'スクリーン最高存在感は誰? チャ・スンウォンVSキム・スンウ'をテーマで2次スター投票イベントが進行される。 ロッテドットコムは該当イベントに参加した顧客に映画'砲火の中に'スター試写会招待券を贈呈する予定だ。


クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ソウル ショーケース 続編
昨日のソウルでのショーケースは、プサンやテグと違って、

「既婚男」が、人気だったそうで~~~^^


映画とは、あまり関係ないことを 掘っちゃて ごめんなさい(苦笑)


でも、たまには、こんなどうでもいいことで 喜んだりするのも楽しいかと~~~^^

だって、こうして見ると、いならぶ美男の中で、サンウくんが、

特別な○気がある気がするのは、私だけですか~~?

○っぽいです~~



抽選で、当選した方がハグしてもらえたんですね(笑)



女心は'アイドル チェ・スンヒョンより品切男クォン・サンウ!!'


ショーケース4

24日午後ソウル、松坡区(ソンパグ)ロッテワールド ガーデン ステージにソ開かれた映画'砲火の中に'(監督イ・ジェハン、製作太原エンターテイメント)の最後のショーケースにソ、キム・スンウが抽選で当選したファンが舞台に上がると、すぐにチェ・スンヒョンに抱擁をすることができる機会を与えた。
すると、女性ファンがチェ・スンヒョンを拒否して、すぐにクォン・サンウに抱かれに行った。
映画'砲火の中に'という1950年8月朝鮮戦争の運命がかかった洛東江(ナクトンガン)支持線を守るための激しい戦争真ん中に飛び込んだ学徒兵71人の実話を入れた。 6月17日封切り予定だ。



当然、一番人気と思えたタップくんではなく、サンウくんへ向かったサンウファン^^


抽選にはずれ、ハグできなかったサンウファンの拍車喝采を浴びたらしいです(笑)

会場もどよめいたって^^

サンウくんの嬉しそうな顔(爆)









それから、

アナウンサーが、「今、ここで腹筋を見せてもらえますか?」と聞いたところ、

「みなさんには見せられないが、当選した方だけには、腹筋をさわらせてあげられます」と

答えたんですって。

それが、この時の写真だったんですね~~~






サービス満点で(笑)



最後に、俳優に全員インタビューするところで、サンウくんは、

「ロッテワールドは特別なところです。

うまくいったドラマを撮影した所なので

特別にうまくいきそうなので1000万行くことを願います」と、

答えたようです。



ほんとうですね~~

6月には、南北問題も落ち着いて、安心して映画館に行く気分になれますように。

昨日、素敵な笑顔が輝いていたサンウくん



やっぱり、素敵ね~~~








⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
ソウルのショーケース
出ました!!!




今日のショーケースの記事。






今日のサンウくんです。



キム・スンウ-クォン・サンウ-チャ・スンウォン'トークが楽しい三男'

ショーケース


映画'砲火の中に'ショーケース2010.05.24(月)20:23拡大縮小[ティブイデイルリ=ソン・ソンミ記者]俳優クォン・サンウ、チャ・スンウォン、キム・スンウ、チェ・スンヒョン(T.O.P)が主演して話題を集めている映画'砲火の中に' (イ・ジェハン演出、(株)太原エンターテイメント製作)ショーケースが24日午後7時30分ソウル、蚕室(チャムシル)ロッテワールドで開かれた。


この日ショーケースに参加したキム・スンウ、クォン・サンウ、チャ・スンウォンが話を交わして笑っている。


'砲火の中に'という学生身分で戦場真ん中に飛び込んで巨大な戦争の運命を変えたが今は誰も記憶できない71人学徒兵の話を描いた感動実話. 60年間忘れられた朝鮮戦争の意味を生き返らせる作品で製作段階から国、内外の多くの注目をあびてきた。


チャ・スンウォン、クォン・サンウ、チェ・スンヒョン(T.O.P),キム・スンウなどのキャスティングと113億という(のは)大規模製作費でかつて話題になったことがある'砲火の中に'という来る6月封切り予定だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




チェ・スンヒョン"チャ・スンウォン、クォン・サンウ、キム・スンウより酒よく飲んで

"2010.05.24(月)20:24

タップ


俳優チェ・スンヒョン(T.O.P)がチャ・スンウォン、クォン・サンウ、キム・スンウを抜いて一番強い酒量を誇示した。


24日午後7時30分ソウル、蚕室(チャムシル)ロッテワールド私のカドゥンステイジで映画'砲火の中に'(イ・ジェハン監督、太原エンターテイメント製作)ショーケースが開かれた。 この日ショーケースに参加したクォン・サンウは"スンヒョンが私たち中最もものすごく酒を良く飲む"と明らかにした。


これにチェ・スンヒョンは"そうです。 事実だ。 兄らと一緒にいる時酒を飲んで話聞くこと自体が本当に楽しかった"として"良い助言、分からなかったものなどを知らせられる時幸せさを感じながら過ごしたこと同じだ。 話をさらに聞きたいと締めながら兄らを睡眠寝られないようにしたようだ"と照れくさそうに答えた。


砲火の中に'は、朝鮮戦争勃発60周年をむかえて去る22日から大邱(テグ)、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)ショケイスエに引き続きソウルで最後のショーケースを持つ。 今回の行事では予告篇とキャラクター映像とドキュメンタリー映像を公開する。


また、この日ショーケースにはチョン・ジヨン アナウンサーの社会でイ・ジェハン監督、キム・スンウ、クォン・サンウ、チャ・スンウォン、チェ・スンヒョン(T.O.P)が参加した。


去る12日開幕した第63回カンヌ国際映画祭で'砲火の中に'は、12分分量のプロモーション映像公開後ドイツ、英国、シンガポール、ロシアなど4ヶ国輸出が確定した。


一方朝鮮戦争の運命がかかった洛東江(ナクトンガン)支持線を守るための南と北のすさまじい戦争真中で制服を着て飽和の中に飛び込んだ学徒兵71人の悲しくて偉大な戦闘を描いた戦争感動実話'砲火の中に'は、来る6月封切り予定.



いつも、腹筋をしているサンウくん。




⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
今日、センパの申し込みをしました♪
今日も忙しい一日でした。

サンウくんも、今日はソウルでショーケースですかね~~

まだ、ニュースにはなっていないようです。


私のニュースは、今日、8月のセンイルパーティーの申し込み。


私が振り込んだのは2会場分。

お友達に1会場分。合計3回行くことにしました。


神戸は行きたいけど、お盆前でしょう?

なんとなく、神戸までの遠征は無理な感じです。

当たりますように~~~


お祝いに行きたですよね^^





サンウくん、明後日くらいから米国入りでしょうかね~~

スタンフォード大学のHPに、「Into the Fire」は定員に達したので、

もう受け入れられませんって、お知らせが出ていましたね。


それから17歳未満入場禁止らしいです。

と言うことは、韓国でもR16とかR18とかになってしまうんでしょうか?

タップくんのファンは若そうなので、観客動員に響きはしないかとちょっと気になりますね。

スタンフォード大学


イルボンペンさん、世界中に出没・・・ですかね~~~(笑)


韓国はアメリカ留学が盛んなので、韓国の人も多そうですが・・・・



その他のニュースは・・・・

記事入力 : 2010/05/24 17:07:00 CNBLUE、日本ライブチケット完売



4人組バンドCNBLUE(シー・エヌ・ブルー)は来月、日本でライブを行うが、このチケットが完売し、熱い人気を感じさせている。

 CNBLUEは来月23日に大阪・心斎橋CLUB QUATTRO(クラブクアトロ)、26日に横浜 BLITZ(ブリッツ)でワンマンライブを行う。

 昨年も日本でライブを成功させ、話題になったが、今回もチケットが完売し注目を浴びている。

 CNBLUEは5月19日に、2ndミニアルバム『Bluelove』を韓国でリリース。リード曲『Love』は現在、インターネットなどの配信サイトなどで上位にランクインしており、好評だ。

 CNBLUEは韓国と日本を行き来しながら活動、今年夏には韓国でも初コンサートを行う。


私、チケット買えませんでした~~(><)

なにしろ、サンウくんで手一杯だから~~^^


でも、完売は嬉しいけど、ヨンファくん、声帯痛めているのよね~~

大丈夫でしょうか・・・





封切まで、あと3週間と3日。 楽しみ♪

M0020049__IMG_5065[W636-]

今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
日本にも?
カンヌ映画祭で人気だそうです。

よかったですね~~^^


日本も、脈あり・・・みたいです。

是非買い手がつきますように~~




砲火の中に',カンヌ マーケット 人気↑... 4ヶ国輸出確定

113億ウォンの製作費とクォン・サンウ、チェ・スンヒョン(T.O,P)キム・スンウ、チャ・スンウォンなど派手なキャスティングで早目に国内ファンたちの関心を呼んで集めた'飽和の中に'がドイツ、英国、シンガポール、ロシアなど4ヶ国輸出を確定した。



71人学徒兵らの悲しくて偉大な戦闘を描いた映画'砲火の中に'という去る12日開幕したカンヌ映画祭マーケットで12分分量のプロモーション映像を公開した後、世界各国バイヤーらの熱いラブコールを受けた。

去る14,16日に総4回にかけて進行されたプロモーション映像スクリーニングには米国のパラマウント、キノ、メゴノロア、日本のカガ、投影、アミューズなど世界各国主要バイヤーらの足が続いて'砲火の中に'にあふれる関心を立証した。

海外配給を受け持っているファインカットの関係者は"世界各国バイヤーらが'砲火の中に'を以前の朝鮮戦争映画とは違ってグローバルな感性と商業性を整えた作品で評価している"として"先購買したドイツAscot Elite Entertainment Groupやはりプロモーション スクリーニング後大きく満足してすでに劇場上映スケジュールを準備している中"と現地の雰囲気を伝えた。

現在の強力な購買意思を明らかにしたオーストラリア、中国、スイス、台湾、スペインなどの国家と細部契約条件を調整中であり日本での本編スクリーニングもまた、計画されていて近い将来追加契約が締結される予定だ。 以下省略


誇張ではないですよね~~~^^

うれしいですね~~



昨日のショーケースの映像が、また出ていたんですけど・・・

こうなると、もう、ついていけませんわ~~(爆)




クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
リゾ-ト気分 満喫♪
免税店から、ホテルへは無料タクシーはないので、ふつうのタクシーに乗ってみました。

23ドル・・・・

ちょっと日本よりお高い気がしました。



信号が、変わっているんです~~

信号2

この標識、直進は青、左折は赤。

高層ビルがほとんどない、のどかな南の島。

ゆったりした、空がのんびり気分をさらにのんびりとさせてくれます。

街並


夕方、ホテルに戻りました。


テラスからの景色は、相変わらず素晴らしく・・・・

見飽きません。

プール7



朝見た島。

島

夕方は、引き潮で歩いて、この無人島に行けるみたいです。

光る海2


まるで、アガニア湾が自分のものになったような~~~(笑) 

気持ちが大きくなる眺めです。

夕方の海2

まぶしい太陽。

太陽

海も、光っています。

光る海



下を見ると、ファミリープールが・・・・

プール8


昨日ファンミをしたプールは5時までとか・・・・

急いで、行ってみることにしました。

途中、水球をしている日本の若者をちらり・・・

水球

みなさん、ガタイが良かったです。(何見てるんだか~~)


流れるプールでは、家族連れが楽しんでいます。

流れるプール2





そして、昨日、ファンミをした会場へ。


誰もいないプール。

プール9


昨日は賑やかにファンで埋まっていた テーブル。

店内

昨日はお料理でいっぱいだった、サイドテーブル。

店内2


舞台にも行ってみました。

舞台3


サンウくんは、昨日、こんな風景を見ていたんですね~~^^

舞台から2


これは、気持ちいいわ~~♪


舞台から、客席が良く見えました。

舞台から


反対側


サンウくんから、こちらがよ~~く、見えたんですね~~^^

看板も・・・・

看板


昨日の朝は、撮影会でにぎわったプールサイドも人影がなく~~

夕暮れのプール2


4人だったから、よかったけど、ここ一人で行ったらあまりにもさみしいわ~~~


と、しばし昨日の感動と無念を味わった後(笑)、ファミリープールへ向かいました。


通路でさえも、リゾートの楽しさが・・・・

プールから海へ

ハイビスカスがキレイ~~♪

ハイビスカス2

ハイビスカス3

プールでまず、私が行ったのは・・・・

プール3

ジャグジー付き温泉。


温泉


YちゃんやKさんが泳いだプール。

11プール


ひとしきり、温まったり泳いだりした後はプールサイドのリクライニング式デッキチェアで、のんびり横になりました~~^^

くつろぎ3

寝転びながら・・・パチリ。

くつろぎ


こんなに、のんびりできたの何年ぶりでしょう。

子育てや、家事や、介護や、仕事や市民活動に追われ~~

いつも、何かしなきゃならないことが目の前にある私たち。


Yちゃんと、「サンウくんのお陰だね~~~^^ ファンミがなかったら、

こんな良い目に会えなかったね~~」と、しみじみ喜びました。




引き上げる前に、もう一度海にでてみました。


南の海

南の方角はピンク色で・・・・

西の方角は、今、太陽が沈もうとしています。

海辺の夕陽3


なんて、静かできれいな海なんでしょう~~

このホテルのプライベートビーチだから・・・・


とても静かで便利。



もう、すっかり癒されて・・・・


帰りがけに、1日楽しませてくれたプールにさようなら。

夕暮れのプール


良い所でした~~♪


部屋に帰って、またまたテラスで・・・・

日没


日没2

夕陽って素敵ですよね~~♪


夜は、4人で、近くのファミレスに行きました。

ファミレス


なにもかも、アメリカンサイズ。

乾杯


サンウくんも、くまちゃんも 一緒に、かんぱ~~い♪


お料理は、4人で3人分をシェアしました。

みんなでお食事

夕食2



楽しくて、美味しくて~~


こうして、グアムの2日目の夜は更けて行きました。


翌朝は、朝4時半に出発なので、早めに寝ることにしました。

楽しい、楽しい2日間。


ファンミがリゾートの休暇で2倍楽しかったです。

それも、お付き合い下さった皆さんのお陰です。

ありがとうございました。


そうそう、これ、わが家に来たくまちゃんです。



よい、思い出になるでしょう。



留守にしていた家族が心配でしたが、夫が思いの外、ご機嫌でした。

なんと、私の留守の間、娘と待ち合わせて隣の駅のフランス料理のお店で二人でディナーをしたんですって!


娘からのお誘いらしく~~ 上機嫌^^  夫も幸せそうだったのです!


案ずるより産むが安しとはこのこと!


また行きたいです~~♪


また、やって下さい! グアムか、ロタで・・・・


香港とかでもいいです~~^^


日本でも韓国でもないところが良いです♪





イベント | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
グアム 番外編
グアムのファンミの番外編です。

書きたいことが多すぎて、後回しになりましたが・・・・



成田で、受付したらすぐにこれをいただきました。


ソンムル

右上の、エコバッグの中に色々入っていました。

テーマカラーのブルーで統一されていて 素敵。

タオルは、こんな感じです。

タオル

6月に映画を見に行った時、手抜きして、これで応援しようかしら~~~^^


それから、ディナーショーの時に、入口でスタッフさんから、首にかけて頂いた

レイは、こちら・・・・




よく見ると、「2010 Guam」の文字が・・・・



お祭り気分が盛り上がりました~~~


HISのスタッフさんもMr.Tearsのスタッフさんも、大奮闘。

行きの飛行機でたまたまお隣に座った、20代前半の可愛いHISのスタッフのお嬢さん。

色白の方でしたが、帰りには赤黒く日焼けされて、どんなに大変だったかを

物語っていました。

みなさん、一生懸命でしたよね~~~

改めて、感謝です。



さて、もうひとつ、今回のファンミで良かったと思ったのは・・・・


会場が、日本でも韓国でもなく、南の島だったこと。


リゾート気分満喫。

非日常をたっぷり味わえました。


実は、思い出の中には、これが案外大きいんです。

たくさん写真を撮ったんです。

続きにご紹介します。
⇒ 続きを読む
イベント | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
5月22日 ショーケース
昨日のショーケースの映像を探して来ました。

アップして下さったみなさんありがとうございます。

こちらは、釜山。

釜山4

動画はこちら・・・・

タップくんへの声援がすごくて~~

これは、6月が恐ろしいです。


Watch ï¼ÂÂ�ï¼ÂÂ�ï¼ÂÂ�ï¼ÂÂ�houkaSCpusan in ã��ã�­ã�°ã�¨äºº  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


テグもしたみたいです。

テグ

チケットの左下に、テグの文字が。

ネイバー


サンウくん、晴れやかな表情ですね~~~~^^

釜山3


今日は、雨ですね~~

雨の日は、神様が「お休みしなさい」とおっしゃってくださっているのだと思って、

ちょっとのんびりしようかと思います。


クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
イ・ボムス氏 キョロン
今日、22日は、イ・ボムス兄の結婚式でした。


サンウくんは、やはり「砲火の中に」のショーケースのために釜山へ行っているので、楽しみにしていた結婚式には出られなかったようです。

何度も、お詫びの電話を入れたみたいです。

お祝金はずむって~~~  ぷぷぷぷ・・・・

お札、立つって(爆)

イ・ボムス“クォン・サンウが最高額祝儀金渡すようだ”

イボムス結婚

22日結婚する俳優イ・ボムス(41)が"最高金額の祝儀金はクォン・サンウから受けはしないかと思う"として笑った。

この日午後ソウル、広津区(クァンジング)シェラトンウォーカーヒル ホテル ムクゲホールで行ったインタビューでイ・ボムスは"クォン・サンウが映画'砲火の中に'のショーケースのために地方行った。

結婚式前からクォン・サンウが'おもしろくする'として意気込んでいたが来れないことになった。

昨日電話で再度惜しむので'どうせ私たちの舞台挨拶も、そんなもの皆知るから負担持つな'と言ったが’お兄さん、本当に期待以上の祝儀金で報いるよ'と5,6倍にすると話したという。

どれくらいたくさんするのかそれとなく期待される"と話した。

イ・ボムスは前職アナウンサーであり英語同時通訳課人、イ・ユンジン(27)氏から英語個人教習を受けて恋人の間柄に発展。

22日1年の熱愛後、結実を結んだ。

歌手フィソンが、歓喜の祝歌を、俳優イ・ビョンホンが司会を担当した。

イ・ボムスは結婚式で予備新婦のために'幸いだ'を歌うために猛練習したとも明らかにした。

彼は"予備新婦が私に一度も歌を歌ってくれとしたことがなかったが、結婚の準備をしながら'式場で歌って下さったら良いだろう'と二回も言った。

初めて聞いた時はそのまま聞いて流したが二回も言うので'重要だろう'と直感して準備した。

緊張して仕損じないように最善を尽くすだろう"と話した。



ショーケースのお知らせが出ていましたね~~~^^


大邱のレッドカーペットの行事は取り消しになりました。

釜山のレッドカーペット行事の場所と時間は次の通りです。

日時:5月22日夕方6時45分

場所:釜山、センタムシティ ロッテデパート野外舞台

出席:イ・ジェハン監督、チャ・スンウォン、クォン・サンウ、チェ・スンヒョン(タップ),キム・スンウ


フルメンバーですね。


韓国俳優 | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
会報 vol.3
こんばんは~~~^^


今日の関東地方はよく晴れて爽やかな気候でしたね。

みなさんおお住まいの辺りはいかがでしたか?


今日、わが家にも会報が届きました。

ファアンミ

中は、サンウくんの手書きのメッセージ。

2月のファンミの、小さいけれどたくさんの写真と記事。

Mr.Tears来店の時の記事。

ページ数は少ないけれど、そんなに宣伝っぽくなくてgood。



夏のセンイルパーティーは、みんさんすでにご存知でしょうが・・・・・

詳細は、続きに隠しました^^


8月5日に集中か?(笑)

申し込み用紙、入っていましたね~~~^^

もう、すでに申し込まれた方も多いんでしょうか。


あと、3か月を切っております~~~^^


このところ、毎年2回以上会えますね~~^^


うふふふ・・・・・



楽しみ♪
⇒ 続きを読む
日本公式ファンクラブ | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
6月封切で一番期待される映画
封切まで1カ月を切りました。

色々なアンケート結果で、来月に一番期待される映画・・・

と、の呼び声が高いようです。

お友達を誘って、みんなで見に行って・・・

戦争は、バカらしい、休戦ではなく終戦にしようと思ってほしいものです。



今日も、心配なニュースが流れていますが、このまま落ち着きますように。

今朝、叔母から電話で、雲行きが怪しいので来月の韓国行きは見合わせたら?と。

そういう訳にはいかないんですよ~~


行きますからね~~!




6月封切り‘砲火の中に’オンライン占領



71人学徒兵の悲しくて偉大な戦闘を描いた戦争感動実話‘砲火の中に’が6月封切りを控えてオンラインを占領して話題だ。 ‘飽和の中に’という学生身分で戦争の運命を変えた71人学徒兵らの戦闘を描いた映画で、オンライン サイトで進行した各種アンケート調査で1位を占めて興行突風を予告している。

‘砲火の中に’というイエス24(www. yes24.com)で進行中の‘6月封切り予定作の中最も見たい映画’を選ぶアンケート調査と‘6月封切り予定作の中最も期待される映画’を尋ねるジョイシネ(www.joycine.com)アンケート調査で1位を占めたこと。 また、この前公開したメイン予告篇やはりマックスムービー(www.maxmovie.com)で動画順位1位を占めた。

イ・ジェハン監督が誕生させる‘砲火の中に’というチャ・スンウォン、クォン・サンウ、チェ・スンヒョン(T.O.P),キム・スンウ、パク・ジニなどが出演して、113億ウォンの製作費を入れた大作だ。



キム・スンウさんのインタビュー、流石に重いです。


キム・スンウ“‘砲火の中に’撮影、戦争恐怖実感した” (インタビュー③)
[2010-05-19 18:04:27]


[ニュースエン文ペ・ソニョン記者/写真チョン・ユジン記者]

俳優キム・スンウが朝鮮戦争60周年に封切りする映画‘砲火の中に’(監督イ・ジェハン)が持つ意味に対して打ち明けた。

キム・スンウは5月18日ソウル、鍾路区(チョンノグ)、三清洞(サムチョンドン)あるカフェでニュースエンとインタビューを通じて去る4月間まい進した映画‘砲火の中に’を元に戻した。

1950年8月実存した浦項(ポハン)戦闘を背景に71人学徒兵らの生死をかけた戦闘を扱ったこの映画は2004年作‘太極旗を翻して’を思い出させるようにさせる。 また、娯楽的要素のアクションだけを強調しないで戦争という現実を生きていく人間の実質的苦悩と悲しみ、怒りなどの感情を細かく扱うという点で1992年作‘ハヤン戦争’を連想させる。

キム・スンウは“戦争現場だけは違うだろうが撮影現場でも明らかに恐怖を感じた。 撮影は当然計算して計画した通りなされる。 約束された状況でさく烈する砲弾、その砲弾をすぎていく俳優ら、小さい事件事故らがあったりしたがとにかく全てのものが絞り込み合わせた状況の中で撮影したのにかかわらず恐怖を感じることになったよ。 撮影が終わっても轟音の残影が残っていた赤道あったし、ある瞬間からは爆発音自体が恐怖に近づいた。 それと共に‘実際戦場での恐怖はどの程度であろうか’考えることになったよ”として撮影当時をなって推し量った。

“そのような恐怖を克服して持ちこたえてくれた方々をまた元に戻すようにすることが‘砲火の中に’の目標だ。 その間忘れて過ごしたことに対する申し訳ない心、感謝の心. そんなことを話さなければならないことを忘れていたようだ。 スンヒョンが(T.O.P,塔)言葉通り今は学徒兵という単語を新種病だと考えるのではないか。 この頃若い友人らが私たちの映画を通じてその方らの犠牲をついて、思い起こしてくれるように願う。”

映画‘砲火の中に’のメーキング フィルムには実際戦闘に参加した生存者らの涙の混ざった証言が含んでいる。 実話なのでさらに重量感あるように近づく‘砲火の中に’にはキム・スンウをはじめ、チャ・スンウォン、クォン・サンウ ビッグバンの塔(T.O.P,チェ・スンヒョン)等が出演する。 封切りは6月17日.


同じく、期待する記事。

砲火の中に’記憶しなければならないその時その人々

‘お母さん、私は人を殺しました。’グループ クイーンの歌‘Bohemian Rhapsody’の歌詞を書いたのではない。 1950年朝鮮戦争で倒れていったある学徒兵が手帳に使った句だ。 <砲火の中に>は朝鮮戦争中学徒兵の話を呼び起こす。 学徒兵に対してならば教科書でも一行読んでみた記憶程度であるはず。 映画はいくつかの字で要約された彼らの理由を生き生きと、あるいはすさまじくスクリーンに移しておく。

具体的に入れば、1950年8月11日浦項(ポハン)女子中(現浦項(ポハン)女子高)で人民軍に対抗した71人の学徒兵の話だ。 彼らは一人当たりM1小銃一袋と実弾250発で十一時間半の間人民軍正規軍に相対して戦わなければならなかった。 まるで詰まった壁に向かって全力疾走しなければならない状況だった計算だ。 それでも彼らは実弾が底をつくと、手榴弾をまた投げる形でしつこく抵抗した。 彼らが持ちこたえてくれたので20万人を越える避難民が待避することができた。

また、その後続いた洛東江(ナクトンガン)死守戦闘の礎石もなった。 <私の頭の中の消しゴム>(2004)を演出したイ・ジェハン監督は、今は‘学徒義勇軍6・25戦跡碑’でだけ残っている彼らをまた形象化して息を吹き込んだ。 彼が“朝鮮戦争に参戦した学徒兵らの崇高な犠牲を知らせるべきだとの使命感で映画を完成した”としただけ<砲火の中に>の核心は学徒兵だ。 映画を導いていく学徒兵の二本の軸はクォン・サンウとT.O.P(チェ・スンヒョン)が責任を負う。

クォン・サンウが引き受けた人物は少年院の代わりに戦場を選んだ学徒兵ク・カプチョ. 彼は<マルジュク通り残酷史>(2004)から一段階成熟した演技をした後、久しぶりに‘古くなった制服’をまた着る。 クォン・サンウと対立点をたてて同僚を導く学徒兵中隊長オ・チャンボムはT.O.P(チェ・スンヒョン)が引き受けた。 彼の言葉を借りれば“責任を黙黙と守る純粋さと真正性を持ったキャラクター.”他の見方をすれば<砲火の中に>は戦争という背景を取り払えば正統学院物と見ることもできる。

戦闘にたった一度参加してみたという理由で学徒兵中隊長になったチャンボムと彼にことごとに対立する、斜に構えたカプチョの力比べが中心の理由だ。 こういう学院物の設定があたえる面白味も<砲火の中に>にはあるだろう。地点. 足払いをする‘甲造波’とか、男の子どうしやりとりするわい談など同じ年頃無理で起きることができるわずかな話が潤滑油として作用する。 事実死んで殺す螺旋で感動と緊張は基本的に敷かれる情緒だ。 その中でユーモアでどのように弛緩させるかが重要だ。

そうした点で学徒兵らしいエピソードはその役割をするのに充分だ。 学徒兵を引き立って見えるようにする役割はチャ・スンウォンとキム・スンウが引き受けた。 チャ・スンウォンが演技する北朝鮮軍将校パク・ムーランが冷徹で鳥肌が立つほど学徒兵が感じる不安感と絶望は大きくなるほかはない。 また、キム・スンウが引き受けた国軍将校カン・ソクデが学徒兵に気を遣うほど学徒兵の最後はさらにつらいだろう。 砲火の中、学徒兵の最後の姿は来る6月に確認することができる。



ユーモアが潤滑油となる、学園物の側面もある。 そうなんですね~~

期待しちゃいます~~♪

どうか、ソウルが安全でありますように。


先日の会見。詳しい動画がありました。


クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
イベントその5 サンウテレビ
おはようございます。

帰ってから、二日目の朝を迎えました。


いよいよ、これが、ファンミの最後のレポです。

疲れました~~~(笑)



こんなことしてて、意味あるのかと自問自答しながら書きましたが・・・・

やりとおすことに意味があると、気持ちを奮い立て書きます





夜のディナーショーが終わって、部屋に戻り、テレビのチャンネルを17chに合わせました。

本当は、おともだちPちゃんたちとお部屋に来てもらって一緒にテレビを見ようと、お誘いのお電話したら、もしかしたら、アンケートのことでお部屋に電話がかかってくるかもしれないから、お部屋にいたほうがいいのよと教えてもらいました。


そっか~~~


ベッドに寝転びながらサンウTVを見ることにしました。


いけない!!!

写真を撮るのを忘れまいました。


でも、このイベントの間、ずっとカメラマンさんがビデオで撮影していらしたので、

ファンミの模様もDVDで販売されると思います~~^^

そうしたら、それをゆっくり見てくださいね。






画面には、左に田代さん、右にTEA’USの夏バージョンの紺とからし色の例のキャップをかぶり、白のVネックのTシャツを着たサンウくんが映っています。


アンケートの結果をもとに、ファンのお部屋に電話がかかり、ファンも電話の声で生出演。

ポンポンととても快調なテンポ。


お知り合いも生出演。 チュッカヘヨ~~♪


全てのクジに外れ~~~

すっかりくさり切って、無気力な私・・・・


私たちの部屋の電話は鳴ることもなく~~

すべてに不運な私たち(爆)



しかし、最後に、この旅でお知り合いになったお姉さまのお一人の名前が呼ばれ、

「ディナーショーの途中でお具合が悪くなり、病院に行き治療されて、

幸い、軽傷ですんだようなのでほっとしましたが、お大事に・・・」と、サンウくんからの

お見舞いの言葉。

私たち、びっくり!!!


全然知りませんでした~~


大丈夫かと気になりました~~


その後、お尋ねして分かったのですが、脱水症になられ内臓も不具合になられ、

病院で500CCの点滴を打ってもらったそうです。


通訳さんもついてくれ、日本からのスタッフさんも付いてくれ、

病院での不安はなかったそうです。

その上、お友達のお勧めで、ちゃんと保険に入っていらしたそうで

役に立って良かったと、よろこんでいらっしゃいました。

お名前を呼んでもらえて嬉しかったそうです~~~^^


大変だったけど、嬉しいこともありました



Hさん、大丈夫ですか?  すっかり良くなられましたか~~?

お大事になさいませ。



翌日、少しお元気な姿が見られて嬉しかったです。



それで、思ったのですが、今回のツアー、真夜中にホテルに着いて、

翌日8時30分からのイベントは体調管理をしっかりしないと、

ちょっと大変だったかもしれませんね・・・・




肝心な サンウテレビは、35分くらいだったと思います。

手慣れた感じ。

トーク番組が得意なサンウくんらしく、鮮やかなお手並みでした~~~^^





観終わって、Pちゃん達のお部屋に行き・・・・・

夜中の3時近くまでおしゃべり・・・・



いつものみんながいなくて、とても寂しかったですが、サンウくんのお話を色々しながら・・・・

夜は更けました。




なんだかだと言いながら、これ以上はできないだろうという企画。


企画の上手さに感心。


サンウくんが楽しそうでリラックスしている姿が嬉しかったです。


約280人のツアーだったそうです。

こういう企画が出来たのも、少人数だったからかもしれませんね。


いつも、後ろの方で、抽選にも当たらず・・・・

何かと不運でしたが、あまり不満ではなかったのも、これまでに比べて少人数だったからでしょう。


また、南の島でファンミがあったら来たいです^^


あ、グァムは小豆島くらいな面積なので、移動に時間がかからず

効率的なのも良かったです。



HISさんや日本公式のスタッフのみなさんがとてもよくやってくださって

サンウくんも、ファンに近づこうとしてくれたみたいで、嬉しかったです。



帰る時も色々な方に、今回のファンミの感想をお聞きしましたが、

みなさん、一様に「とても良かった」と、満足なご様子でした。



イベントとしては、これ以上は望めない内容だったと思います。

サンウくん、お疲れさまでした。



なんでも、裏から見てしまいたくなる私ですが・・・・


今回は、あまり考え込まずに、見たままを楽しむことにしました。



長々の退屈なレポ、読んでくださって、ありがとうございました。


~~~完~~~~










イベント | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
イベントその4 ディナーショー
そういえば、忘れていましたが・・・・

市内観光&集合写真から帰った時、玄関前にサンウくんが乗って来た

長~いリムジンが止まっていました。

ホテル

しっかり2枚撮影したはずなんですが・・・・


なぜか、撮れていなかったんです~~(><)


ちょっと、遠くからですが、 王子の乗って来た車です(爆)


さて、水辺の運動会が終わり、次の集合は6時30分。


部屋から会場に向かう途中、ガラスばりのエレベーターから見た景色がきれいでした。


エレベーターから

入口で花弁にMr.Tearsのロゴ入りのレイを首からかけて頂きました~~



入口でお席のくじ引き。


会場に入る前に、サプライズ!


プールの入り口で、サンウくんが会議用の長机みたいな 机の向こうに立っていて

ファン一人一人と握手してくれました。

それも、せかされないで~~(爆)


嬉しそうに、お顔を皺くちゃにしてくれるサンウくんと会いました^^

きちんと目を見てご挨拶しました。

でも、韓国じゃなかったせいか・・・

韓国語を使うの忘れました~~

「こんにちは^^ いつもありがとうございます」って、私が言った気がします。

自分がなんと、言ったかも忘れるなんて~~~(><)


ちょっと、サンウくんのファンデーション、黄土色みたいな感じでした(笑)

良い笑顔した~~^^





お席は、なんと~~~~!

後ろから2番目のお席~~~(爆)


でも、プール際。 まいいか~


対岸の風景(笑)

会場の風景


こちら側の風景。

会場
(問題がある方は、おっしゃってください)



そして、この舞台でディナートークショーが行われました。

舞台2


お食事はバイキング。

食べ放題、飲み放題でしたが・・・・・


これ以上おデブになりたくないので、これだけ。

夕食


サンウくんが現れる前に日が暮れました。

夜
(クリックすると大きくなります)


上弦の月も小さく見えます~~^^


⇒ 続きを読む
イベント | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
イベント その3 水辺の運動会
「恋人岬」から「スペイン広場」へと移動し、バスを降りて観光。

この時の様子は、また何日かしてまとめて書きます。


このままじゃ、観光日記になりそうなので~~(笑)


ホテルに戻ってすぐにお着替え。

次は、「水辺の運動会」。

膝上の運動できる服で来て下さいと言うことでした。


4時にウォーターパーク入口に集合。

朝、撮影会をしたところです。


みんな、早めに行くので、朝もでしたが、ここで、30分近く待たされて~~

目の前にはこんなショップが・・・

サンウくん2

店長さんが、サンウくんのファンだそうで、去年のカレンダーを加工して飾っていて下さいました~~^^



ここ、会場入り口で、お部屋ごとにくじを引いて、テーブルが決められます。

私たちは、R16テーブル。

舞台からは少し遠いけど、運のいいことにプール際。

前に遮るものがないので、サンウくんが良く見えました。

運動会

会場に入ったら、撮影禁止なので、ここまで。

4時20分頃・・・多分、サンウくん舞台に登場。


朝の白いジャケット、恋人岬の白いシャツ・・・

そして、今度は、紺の半袖のポロシャツ。

袖に太い白と赤のストライプ。

下は、白いハーフ丈のズボン。

テニスウエァと言う感じ。

頭にはこげ茶のハット。昔の人はカンカン帽と言ったと思います。

薄い茶色のリボンが巻かれていてなかなか素敵。




まず、最初に○×クイズ。

プールの浅瀬の中ほどにロープが張られ、 ○×に分かれます。

①僕がグアムに来たのは3回目である。・・・・○

②Mr.Tearsのショップに僕のサインは9枚ある。・・・・○

③ミッシングの歌詞で「会いたくて」という言葉は11回である。・・・・× 正解は7回

④大阪のファンミの夜食べたのはお好み焼きである。・・・× 正解はふぐ。

そのあと、勝ち残った5人(?)がジャンケンして、2人が残りました。

サンウくんが、ゴムボートに乗って、勝ち残った二人のファンの元に行くという演出^^


勝ち残った二人は、一人ずつ、ゴムボートにのって、サンウくんと綱引き。

ひもの真ん中に目印があって、先にそこに到達した方が勝ち。

最初のファンは敗れ、二人目のファンは勝ちました。

勝ったファンは どうしたっけ~~

お姫様だっこしてもらえたんだっけ~~

ハグしてもらえたんだっけ~~  記憶がないです~~

だって、私、①で敗れたんですもの~~~(><)


そう!

思い出しました!

一人目の方、真剣で引くので、サンウくんには敗れたものの、

猛スピードだったので、ボートがサンウくんのボートに激突して転覆。

結局サンウくんに助けられて、お姫様だっこ?!

もちろん勝った方も お姫様だっこだったような~~

何か、プレゼントされたんでしたっけ ̄~? 忘れました。

でも、ほんとうに、うらやましい~~~




次が、全員参加のカプセル拾い。

ボール


左の中に数字が書いてあるカプセルがプールに人工的に起こす波に乗って流れてきます。

この数字の入ったカプセルはディナーの時に持って来て、プレゼントの抽選会に使うそうです。




カプセルを拾って、テーブルに帰ると テーブルにカラーボールがありまして、

そこにお部屋の番号と名前を書きます。


そのボールを プールに出された、紐でつながれたゴムボート6台の中に

投げ入れます。

全員が投げ終わったら、一本のロープをサンウくんが引いて、

中に入っていたボールにサインをしてくれるそうです。


私のボートは、引っ張ってもらえませんでした。




サンウくんの言葉。

「まだまだ、みなさんと過ごす時間は残っていますが、

僕はとても楽しいです。

みなさんも、楽しんでいらっしゃいますか?

日本でも、韓国でも皆さんとお会いするのも嬉しいですが、

また、こうして別のところ出会うのも嬉しいです。

寒い時期に撮影していたので、暖かい所でみなさんと過ごすのは

とても楽しいですね」

と、まあ、こんあ言葉で締めくくられ、水辺の運動会は終わりました。

終了は5時20分でした。







イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
グアムの歴史
今しがた見たMVで、すっかり「砲火の中へ」に心が持って行かれたところですが・・・


気を取り直して、旅日記の続き 行きます。


グアムは、もともと「チョモロ族」という、先住民が暮らしていた島だそうです。

これは、バスの窓から撮影しましたが、古代チョモロ族の住宅の高床式の土台であろうと言われています。

ラッテストーン

ラッテストーン



ここで、グアムの歴史を・・・・



チョモロ族は、紀元前1500年頃に遡る考古学的資料からは、古代チャモロ族は東南アジアの諸島から移住してきたインドマラヤ系民族であると推測され、言語および文化的な類似点からもマレーシアやインドネシア、フィリピンとのつながりがうかがえるところをみるとフィリピン、インドネシアを経由して渡来してきたと考えられます。

しかし、マゼランがグアム島を発見した後、1565年スペインのコンキスタドール(征服者)であるミゲル・ロペス・デ・レガスピがグアム島に到達し、スペイン国王がグアム島およびその他のマリアナ諸島の領有権を正式に宣言しました。この時333年にも続くスペインの統治時代が始まったのです。

スペイン人は徹底的に先住民族のチョモロ人を殺戮し、現在はもう古代チョモロ族は姿を消したそうです。
古代チョモロ族は、身長190センチ以上ある、すらりとした体格だったそうです。(ガイドさんによる情報)


また、スペイン統治後、スペイン・チャモロ戦争がありました。
スペインの統治に寄り、近隣の島々へも広がっていったカトリック教ですが、「先祖崇拝」を強く禁止するなど、カトリックの教えがチャモロの伝統的価値観や習慣と相反することがわかると、徐々にカトリックの教えに反発するようになり、1668年スペイン・チャモロ戦争へ発展していきます。スペインはカトリック教に反抗的な全ての村を焼き払い、酋長を厳しい罰を与えました。そして1695年チャモロ人が降伏した時、10万人いたといわれるチャモロ人が5,000人以下に減ってしまったのです。

前のエントリーのアプガン砦は、そのスペイン・チャモロ戦争の時の砦だそうです。



その後、1898年スペイン軍によるアメリカ戦艦の沈没をきっかけに米西戦争が勃発しました。スペイン領であったグアム島もアメリカ海軍の砲撃を受け、同年アメリカによって占領されることになります。大敗を喫したスペインは多くの植民地を失い、同年パリ条約によってグアムもアメリカの領地となりました。

1941年、日本は真珠湾攻撃による太平洋戦争勃発を機にグアムを占領します。その後31ヶ月間にわたった日本の占領時代にグアム島民は日本の生活習慣を強要されることになりました。日本軍はグアム島を「大宮島(偉大なる神のいる島)」と、ハガニア(アガニア)は「明石」と改名されました。この日本軍占領時代を、チャモロ語では「日本の時代」を意味する「テイエイポン・チャパネス」と呼んでいます。

日本軍は歴代の統治者と同様に、島民に日本語を使用することを強制しましたが、チャモロ人がアメリカに対して抱き続けていた忠誠心から、日本語が使えたチャモロ人はほんのひと握りだったと言われています。またチャモロ人の住居の自由は保証され、住みたい場所に住むことができました。


その後、アメリカ軍がマリアナ諸島に向かって反撃を強めるに従い、チャモロ人に対する日本人の態度は日毎に厳しくなっていきました。島民たちは強制労働をさせられ、島の東部にあるキャンプに集められます。この意図はわかっていませんが、結果として、この移動が大多数のチャモロ人の命をアメリカ軍の艦砲射撃から救うことになりました。 1944年、アメリカ軍がグアム島に上陸。数千人ものチャモロ人、米兵、日本兵の命を奪った3週間に及ぶ激戦の末、グアム島は平静を取り戻し、再びアメリカの統治下に入りました。 1950年にアメリカの自治属領(準州)となり、今日までアメリカ軍の太平洋戦略上の基地として活用されています。

島の面積の1/3をアメリカ軍用地が占めているそうです。
島の北部には3,000m級滑走路が2本あるアンダーセン空軍基地が存在しています。。ここには現在常駐する戦闘機部隊は存在していませんが、しばしば飛来します。現在、B-52戦略爆撃機やB-2が配備されていて、極東有事の際には、アメリカ本土やハワイなどから前線派遣された航空部隊の重要な出撃拠点になるのどそうです。


平和そうな島ですが・・・・

どこか、沖縄と似ていました。



イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next