FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
映画広報気になって・・・・・
おはようございます。

昨日検察発表があり、まず一段落ですが むしろこれからが大変。

記者会見はどのタイミングで。

そして、その内容は。

はたまた、一般市民の反応は・・・・・


これからが大変ですが、全力を尽くすしかないですね。


その後の反応はどうかと、韓国サイトを見ても 想定内。


飲酒運転疑惑は、人々の間ではぬぐえませんが・・・・

本人がガンと否定し、関係者の聴き込みでも証拠が上がらなかったそうで

疑わしきは罰せず? ・・・ ちょっと違うか・・・・(笑)


飲んでいなかったんでしょう。

その後、少し詳しい記事があったので、ご紹介します。


‘あて逃げ疑惑’クォン・サンウ罰金500万ウォンで終わり

2010-07-14 03:00

事故後未措置疑惑略式起訴  飲酒は証拠なくて無嫌疑

駐車していた車両に続きパトカー、結婚式場駐車場の花壇にまでぶつかって逃走した俳優クォン・サンウ氏(34・写真)が罰金刑で起訴された。 ソウル中央地検刑事5部(部長パッキュンテク)は13日道路交通法上事故後未措置疑惑でクォン氏を罰金500万ウォンに略式起訴したと明らかにした。

クォン氏は先月12日午前2時55分頃ソウル江南区(カンナムグ)、清潭洞(チョンダムドン)のある路地で所属会社がリースしているキャディラック乗用車を推し進めて道端に駐車していた乗用車と後に従ってきた警察パトロールカーを相次いでぶつかった後車を捨てて逃げた疑惑を受けている。 乗用車のドアまでパッと開けておいたまま逃げたクォン氏は検察調査で“映画‘砲火の中に’封切りを控えてパトカーに突っ込む事故を起こすとすぐに映画広報に問題になるか恐ろしくて犯行現場から逃げた”と述べた。

クォン氏が事故二日後にソウル江南(カンナム)警察署に出席して調査を受けたことに対してインターネットユーザーらは“飲酒運転事実を隠そうと事故現場で逃走して警察に遅く出てきたのではないのか”として疑惑を提起した。 だが、検察調査でもクォン氏が酒を飲んで運転をしたかを立証する証拠がなくて飲酒運転疑惑は無嫌疑処理された。




やはり、映画の広報に響くと・・・・

そうでしょうね。


そして、あの車は愛車ではなく リースだった。


逃げ切るつもりなら置いて行かないと思いますし・・・・

愛車じゃなければ、事務所で処置・・・ 期待しちゃた、甘いサンウ(><)。





そして、罰金の500万Wは、飲酒運転より高いんですね。

検察関係者は“クォン氏が飲酒運転事実を極力否認したし、事件関係者調査でも証拠を探すことはできなかった”として“飲酒運転よりさらに高い罰金を賦課する事故後未措置疑惑を適用した”と話した




今日は、これから義母の脳のMRI検査です。



昨夜は、疲れが出たのか、9時過ぎには寝てしまい・・・・


沢山のコメントありがとうございます^^

帰ったら、ゆっくりコメントにお返事しますね。

スポンサーサイト



サンウについて | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
| home |