FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
SBS演技大賞 いよいよ!
こんばんは^^


大晦日の夜、みなさんはどのようにお過ごしですか?


お仕事でお忙しくて、いつもの夜とあまり違わない方・・・・

日頃、離れて暮らしていらして、久しぶりにご家族が集まって

賑やかに団欒のひと時をお過ごしの方・・・・


私は、今日も朝から片づけに始まり・・・・(苦笑)

昼からはホームの義母を訪ね・・・


夕食を作り、食し・・・・

後片付後、年越し蕎麦の準備。



そして、たった今、食事を済ませて片付けも終わり、

やっと、PCの前にたどり着きました^^



そうです!


今日は、SBS演技大賞。

見れるかしら~~♪


時間が無いので、翻訳機のままで失礼します。



演技大賞' MCパク・ジニ-イ・ボムス-イ・スギョン

2010-12-31 21:15

31_118536.jpg

[ティブイデイルリ=ソン・ソンミ記者]

タレント パク・ジニ、イ・ボムス、イ・スギョンが31日午後ソウル、江西区(カンソグ)、登村洞(トゥンチョンドン)SBS公開ホールで開かれた‘2010 SBS演技大賞’に参加して取材陣に向かってポーズを取っている。

この日授賞式にはコ・ヒョンジョン、イ・ボムス、チョン・ボソク、パク・ジニ、ヒョン・ビン、ハ・ジウォン、キム・ヘスク、ソン・ヒョンジュ、ユ・ホジョンなど対象候補をはじめとして‘好餌カップル’で有名になった‘私のガールフレンドは九尾狐’のシン・ミナ、イ・スンギなどが参加して席を輝かせた。

‘2010 SBS演技大賞’のMCではドラマ'ジャイアンツ'で'イ剛毛'駅に熱演したイ・ボムスと彼の一つだけの恋人荒政研役割を受け持ったパク・ジニ、ドラマ'対物'で独特の悪女'チャン・セジン'を演技したイ・スギョンが呼吸を合わせた。

2010年SBSテレビ劇場を輝かせたドラマと出演陣らの祭りの‘2010 SBS演技大賞’は今夜9時50分からSBS TVを通じて生中継される。

[ティブイデイルリ=ソン・ソンミ記者news@tvdaily.co.kr]



おおおおおお~~おおお~~~おおお~~~!


いい男です!


20101231_1293798122.jpg



10大スター賞をいただきました。

賞がいただけて、嬉しいです~♪


[SBS演技大賞]コ・ヒョンジョン、クォン・サンウ、ハ・ジウォン、ヒョン・ビンなど、10大スター賞受賞


2011-01-01 00:20

20110101_1293808711_54202400_1.jpg

[ソウル新聞NTNソン・ジェウン記者]

2010年SBSドラマを輝かせた俳優らが一ヶ所に集まった。

31日午後9時50分ソウル、江西区(カンソグ)、登村洞(トゥンチョンドン)SBS公開ホールで進行された2010 SBS演技大賞で10大スター受賞者を公開した。 ‘ジャイアンツ’のイ・ボムス、チョン・ボソク、パク・ジニ、‘私のガールフレンドは九尾狐’のイ・スンギ、シン・ミナ、‘大物’コ・ヒョンジョン、クォン・サンウ、‘シークレットガーデン’ハ・ジウォン、ヒョン・ビン、‘ドクターチャンプ’キム・ソヨンがその主人公.

この日10大スター賞を受けた受賞者らのインタビューが進行された。 MCを引き受けたイ・ボムスは‘ジャイアンツ’の忘れることのできない名場面で“多くの方々と共に撮影した三遷教育大場面を忘れることはできない。 極暑暑さに撮影して苦労した”と説明した。

イ・スンギは‘私のガールフレンドは九尾狐’当時呼吸を合わせたシン・ミナを姉と呼ばなかった理由に対して“初めには演技のためにミナ氏や劇中の名前を呼んだ。 事実最後まで姉と呼ぶことが出来ない理由はタイミングをのがすことができなかった。 これから姉と呼ぶ意向はある”と話した。

これにシン・ミナは“イ・スンギが姉と呼べば弟ができた気持ちであるようだ”とうなずく返事をして目を引いた。 シン・ミナはまた、劇中韓牛を食べたのと関連して“あまりにも好んで撮影の時楽しく撮影した。 肉がとてもたくさん太って自制している”と微笑を浮かべた。

‘大物’のコ・ヒョンジョンは最近クリスマスの日ワインを飲みたい俳優1位に選ばれたことがある。 “クリスマスの日‘大物’が終わって鐘方椽を終えて家であった”と当時を回想することも。

コ・ヒョンジョンと呼吸を合わせたクォン・サンウは、車と衝突する撮影に対して“ドラマ末に車にはねられるシーンをとったが放送差し迫った状況でとシーンなので軽く見てとってケガするところだった。 幸いなことにケガしなかった”と撮影裏話を伝えた。

‘シークレット ガーデン’のヒョン・ビンは鋭いアゴの線の秘訣を耳打ちした。 “今回の作品でチュ・ウォンのために運動して6kgを痩せた。 それのためにあごが鋭くなった。 見たところが良いのか”と反問した。

ヒョンビンと、ベンツ、バブル、暴風、パーティーキスシーンをリリースしたハ・ジウォンは“多様なキスシーンあったが最もドキドキした場面は上体起こすシーンだ。 その間ウィンモミルギキをたびたびしたがそんなにロマンティックなのは初めてだった。 撮影でもあったが恥ずかしくてそわそわした”と微笑を浮かべた。

‘ドクターチャンプ’のヒロイン キム・ソヨンは次期作計画を伝えた。 “次期作で映画をしたい。 VIP試写会の時最も招きたい人がおい(めい)だ。 全体観覧可映画をしなければならないようだ”と明らかにした。

‘ジャイアンツ’のチョン・ボソクは今年の一年最も多い変身をした俳優だ。 “役割をどのように分けることができるか。 今後も新しい姿で最善を尽くす”と抱負を伝えた。

終わりでパク・ジニはドラマ‘銭の戦争’と‘ジャイアンツ’を通じて社債と妙な縁を持っている。 “社債と縁があった。(笑い)だが、財テクできなくてご両親に任せた。 財テク上手にする内容がある男に会って財テクをしたい”と才覚がある話し方を誇示した。

20110101_1293808730_04134200_1.jpg


写真=SBS
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
「良い朝」に出演
今朝、午前にSBSの「良い朝」に出演されたようです。



忙しくて、観ている暇ありませんでした~~


どなたか、見せてくださ~~い!(笑)



クォン・サンウ、“‘天国の階段’の再放送を見て私の演技に後悔することも”


2010.12.31 11:34:13

良い朝

ホン・セム記者| idsoft3@reviewstar.net

クォン・サンウが韓流スターとしての地位を固めるようにした‘天国の階段’に対して打ち明けた。

31日午前放送されたSBS ‘良い朝’とのインタビューでクォン・サンウは自身の代表作‘天国の階段’を見れば気持ちがどうなのかという質問に率直に答えて目を引いた。

クォン・サンウは“ケーブルで再放送をたくさんしたよ”としながら“今そのドラマを見れば家でぼうぜんと見て涙流す時もあるが、ある時は見られない時もある”と答えた。 引き続きクォン・サンウは“今また‘天国の階段’を見れば‘なぜあのように演技したのだろうか’こういう後悔をしたりもする”としながら“事実すべての俳優がそうすることだ。 自身の過ぎ去った作品を見る時はまともに見られない”と伝えた。

また、クォン・サンウは‘天国の階段’に今年SBS創社20周年‘視聴者が選んだまた見たいSBSドラマ10選’に選ばれたことに対して“光栄”としながら“これから、SBSでドラマをする時の目標が‘天国の階段’と同じようにまた見たいドラマに選ばれること”と明らかにした。

これに先立ちクォン・サンウはSBS創社20周年‘視聴者が選んだまた見たいSBSドラマ10選’-‘天国の階段’編で特別MCを引き受けて“私には恩人同様の作品だ。 私の名前をたくさん知らせて韓流スターとしての地位を固めるようにした作品”と紹介したことがある。

一方この日‘良い朝’ではクォン・サンウ、コ・ヒョンジョンが共にした水木ドラマ‘大物’の最後の撮影現場と鐘方椽現場などが公開されて目を引いた。



何か、すごく丸くなって・・・・(笑)

もう、30代も半ば・・・・ 当たり前ですね~~^^



確かに、自分の演技は、後から見るとはずかしくて 照れちゃいますよね~^^ きっと


「天国の階段」が、「見たいドラマ10選」に選ばれていたんですね~


これからも、心に残るドラマたくさん 出演して演技して・・・・


私たちも、ずっと ずっと 応援してますよ~♪


クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
『大物』、日本で5月放映?
2010年は、何と言ってもドラマ「大物」の好評と、映画「砲火の中に」のヒット・・・

これに尽きますね^^


「砲火の中に」は、日本では2月19日封切。


そして、『大物』は・・・・・


米.日放映前にして'大物',"直接選挙で選んだ女大統領の話興味深くて"

2010-12-30 11:30

最近話題の中に放映終了したSBS水木ドラマ‘大物’が日本列島に渡っていく。

‘大物’は国内ドラマ中最高輸出価格で日本に販売された。

‘大物’の販売金額は2700万円(約40億W相当)であり来年5月に日本で電波にのる予定だ。

放送会社は日本フジTVが有力だ。

また‘大物’は来年2月インターネットを通じて米国放映が予定されていて

新しい韓流市場開拓に期待感を加えている。


米国と日本側関係者たちは女性大統領歴史が一度もないアジア国家韓国で

女性大統領を素材にしたドラマが製作されたとのことに大きい関心を見せた。


特に米国と日本が大統領選出方式で間接選挙方式を選んでいることと違い

ドラマの中で国民が直接選挙を通じて女性大統領を選出する過程が描かれたことに対して

“先進民主主義を見せた新しい試み”として非常に興味深がったと分かった。


一方、パク・イングォン画伯の同名漫画を原作にした‘大物’は

大韓民国最初女性大統領を素材にしたドラマ.

放映中、多くの話題をばらまいて平均視聴率25%を記録、

2010年放映されたドラマ中視聴率TOP 5位に上がる気炎を吐いた。

また、24部作転回広告を完売して放送会社からインセンティブを

受けることになったことはもちろん主、演俳優コ・ヒョンジョンが

来る31日開かれるSBS演技大賞の有力な対象候補で議論されるなど二重の慶事をむかえている。


予定・・・ということは、数社から引きあいになっているということですね^^

まだ、決まった訳ではないんですね~~(苦笑)。


31日の夜、「大物」出演陣が、揃って出席するようですね~

コ・ヒョンジョンさんのドレスももう、決まったとか。


チャコールグレーのワンホルダーの豪華なお衣裳のようです。

楽しみですね^^


サンウくんは、タキシードかしら~~^^



そして、撮影秘話。


テサンの怒りは、本当の怒りだった・・・(笑)



‘大物’チャ・インピョ“ブラック カリスマ? 監督のために本当に怒った”秘話公開


2010-12-30 23:58

[ニュースエン ハン・ヒョンジョン記者]

俳優チャ・インピョが最近開かれた‘大物’の終盤で神懸かりの怒り演技の隠れた話を公開した。

12月30日放送されたSBS '一夜のTV演芸'で政治劇の新しい地平を開いたSBS水木ドラマ‘大物’の終盤の現場が公開された。

この日放送でチャ・インピョは“事実怒り演技は演技でない実際感情だった。 いくら努力してもOKをしない監督に対する怒り?”として才覚があるように答えた。

‘怒り3種セット’、‘カリスマ終結者’等無数の流行語を作って話題の中心になったチャ・インピョの怒り演技の後にはこのような隠れた理由があった。


サンウくんの撮影秘話も聞きたいな~♪

⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
『黒く濁る村』 見ました
こんにちは^^


今朝も朝から掃除&買い出しです^^

まだまだ、掃除は明日までかかりそうです(><)。


ちょっと、一休みでPCの前に来ました。

昨日から、食事当番は息子に移り(笑)、私はひたすら片づけです。


ちょっとずつすっきりしてきて気持ちが良いです。


さて、昨日予定通りお友達と映画を見てきました。


原題・・・・イッキ(「苔」)。

邦題・・・・「黒く濁る村」

公式ホームページは コチラ


韓国の公式ホームページはコチラ (思いっきり重いです。気長に待って下さい)



これが、なかなか良かったです。


主演のパク・ヘイルさん。

「殺人の記憶」や「グエムル」、「初恋のアルバム ~人魚姫のいた島~」などでおなじみです。


そして、チョン・ジェヨンさんは、「トンマッコルへようこそ」でお馴染みですね。


俳優さんが、みなさん迫力あって、ずしんと響きます。



ネタバレになりますが・・・・

スリル&サスペンスの王道のような映画でした。

お決まりの、「逃げる」スリル。

そして、暗闇でガタっと音がしてい「誰かがいる?」と、いう怖さ。


見知らぬ村。謎だらけの村。

父の死因を知りたと調べるうち村の秘密を知ることになり、

検事という職業柄、そのまま見て見ぬふりをしていられず、

どんどん深入りして行く主人公。


オカルト的な怖さではなくて、現実感のある怖さ。

日常生活の隣にある怖さ・・・・


昨日から、色々なシーンが思い出されて、もう一度見てみたい映画になりました^^


独特な宗教観がありました。

全国民の70%近くがキリスト教を進行しているという韓国らしい映画でした。

信仰を利用して権力に結び付けようとする、古くからある構図。


男とは、ここまで権力が欲しいのか富に貪欲なのかと、恐ろしかったり・・・・

人を信じるってなんだろうとかと考えさせられたり・・・・


面白くてスリルたっぷりの映画でした。

忙しい年の瀬に、頑張って行ってとても良かったです。



ちなみに、なぜ「苔」かというと、岩や地を這うように黙々と

地面に生き続けるこの「村の人々」の生き方を抽象的に表現しているようです。

もう一度見ないと・・・(笑)、正確には分からないんですが・・・・(苦笑)



昨日は水曜日。

1000円で観られたのに、観客は25人くらい。

良い映画なのに~~

韓流スターも出ていないし、暗いから敬遠されるのでしょうか。

残念なことでした。


2月の「戦火の中に」は、もう少し 注目されると思いますが・・・・

韓国映画も日本でもっと愛されますように~~♪





韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ただいま 日本滞在
おはようございま~~す!



最初は、「え~~~っ!」

・・・な、お話です。



ただいまサンウくん、日本滞在中・・・・

というか、今日、帰るそうです^^



クォン・サンウ-ソン・テヨン"不和だと"…日蜜月旅行

クォン・サンウとソン・テヨン夫婦が日本でクリスマスを送った。

25日日本行飛行機に身をのせた。 クォン・サンウ-ソン・テヨン夫婦は29日まで4泊5日間日本に留まって忙中閑を楽しんでいる。 クォン・サンウの側近は"息子はお母さんに任せて二人が水入らずの時間を送っている。 久しぶりの旅行であるだけに二人とも旅行出発を控えてときめく心を隠すことができなかった"と耳打ちした。


最近SBSドラマ<大物>を成功的に終えて復活の信号弾を撃った。 クォン・サンウは黙黙とそばを守って内助した妻ソン・テヨンに切ない心を表現してきたと分かった。 クォン・サンウ側関係者は"29日帰ってきて31日に開かれる'2010 SBS演技大賞'に参加する予定だ"と明らかにした。


~以下省略~

スポーツ韓国



お二人で、温泉にでもいらしのかしらね~^^


そっとしておいてあげましょう(笑)

羽田に行っても、ツーショットの お二人様は・・・



やっぱり、今日は予定通り、お友達と映画を見に行こうかしら~



映画は、「黒く濁る村」。

6385_img_1.jpg


30年間、音信不通だった父の死の知らせを受け、ヘグクは、父が暮らした山奥の山村を訪れる。村長の手伝いで葬儀をすませたものの、父の死因は明かされない。村長の一言で態度が変わる村人たちは、よそ者のヘグクをあからさまに警戒する。村の様子がおかしいことに気付き始めたヘグクは父の死因を探り始める。やがて浮かび上がる村の秘密―父の素顔、村長の正体、30年前に起こった祈祷院での集団殺人事件― 秘密の鍵を握るのは村長と3人の村人、そしてひとりの女。果たして父の死の真相は。30年前の事件との関係は…。

韓国で340万人を動員し、第18回利川春史大賞映画祭 7部門を受賞した話題作!!
韓国で空前のヒットとなったユン・テホのウェブ・コミック「苔」の映画化作品。原作に惚れ込んだ『シルミド/SILMIDO』の監督カン・ウソクが映画化し、松本清張作品、横溝正史作品に匹敵する傑作を作り上げた。




今日、映画を見たら しばらく 大掃除に専念します~~^^


ごみと一緒に、年は越せませんから~~~(笑)。


(実は、わが家にゴミはなく、すべてお宝だと、

私は思っていますが・・・・笑)




サンウについて | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
SBS ネチズン最高人気賞 追加
年末は、投票がほんとうに多いです。

SBSさんで、新たな投票が加わりました。

ネチズン最高人気賞

drama_dramat3.jpg


ログインが必要ですが、登録していらっしゃる方は、いらしてみてくださいね^^

投票機関は、31日の25時30分までだそうです。




せめて、ネチズン最高人気賞でも・・・・


今年のSBSは、賞をあげたい人が多くて困ります^^

韓国芸能界 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
次期作は映画?
まだ、検討中だそうです。

共演者も決まっていない状態。


のんびり、待ちましょう。






クォン・サンウ、クァク・キョンテク監督'痛み'でスクリーン復帰…"シナリオ検討中"


2010-12-28 21:30


[ティブイデイルリ=ソン・ミギョン記者]

クォン・サンウがスクリーンに復帰するものと見られる。

最近SBS TVドラマ'大物'で熱演を広げたクォン・サンウが次期作で

クァク・キョンテク監督の新作'痛み'出演を肯定的に検討中だと知らされた。

クォン・サンウの所属会社側は"出演提案を受けて検討中だが確定的ではない"と伝えた。

引き続き"出演決定まで多くの懸案を解決しなければならない"として

"まだ女優も決定にならない状態と時間が必要なようだ"と明らかにした。

'痛み'はカンフルの同名漫画を原作にしたメロー映画で

痛みを感じることができない自害恐喝団と血友病にかかって傷に敏感な女が

どうのこうのして愛を感じることになる過程を描いた作品だ。

一方クァク・キョンテク監督は翌年上半期に'痛み'撮影を始める予定だと知らされた。

[ティブイデイルリ=ソン・ミギョン記者news@tvdaily.co.kr]




クァク・キョンテク監督は、鬼才の名にふさわしい方ですね~~

これまでのサンウくんの作品は、新人監督さんのような方が多かったから、

こんなに、実績のある方は・・・ちょっと、緊張します(笑)。


作品には・・・・

チング ~愛と友情の絆~ (2009) 監督/脚本

目には目、歯には歯 (2008) 監督  

愛 サラン (2007) 監督/脚本

タイフーン TYPHOON (2005) 監督/脚本

トンケの蒼い空 (2003) 監督/脚本

チャンピオン (2002) 監督/脚本

友へ チング (2001) 監督/脚本

ドクターK (1998)




「トンケの蒼い空」、大好きです。


とっても期待できそうです~~♪


でもまだまだ、決まった訳じゃありませんから・・・・^^



似ているようで、微妙に違う記事もあります。


クォン・サンウ、クァク・キョンテク監督新作'痛み'でスクリーン攻略

SBSドラマ'大物'で再起に成功した俳優クォン・サンウが

クァク・キョンテク監督の新作でスクリーンに復帰する展望だ。

クォン・サンウはカンフルの原作漫画を土台にしたクァク・キョンテク監督の

新映画'痛み'の主人公で落下点なった。

クォン・サンウ側は出演に対する口頭合意を終えて、細部議論を進行中だと知らされた。


'痛み'は痛みを全く感じることができない無痛症患者の男と

反対に痛みにとりわけ敏感に反応する女性の愛の物語を扱ったメロー映画.

クォン・サンウの相手役に出演する女優はまだ未定だ。

'痛み'は来年上半期撮影に突入する計画だ。



⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
「大物」番外編(ネタバレ)
昨日のニュースですが、微笑ましいので、遅ればせながら・・・・


続きに、載せます。





⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
先週の「温湯&冷湯」 
1週間の韓国ニュース。[温湯&冷湯]。


コチラ

ほほ翻訳機のままですが、細かい内容は続きにお借りしました。


驚いたことに、チョン・ジュノさん結婚間近だそうです。

お相手は、10歳年下の一般人。賢明な選択をなさったようです。


そして、サンウくんは温湯に入れて頂きました^^


ドラマ「プレジデント」は苦戦。

政治物だからといって当たる訳ではないようです。


カン・ジファンさん、来年に予定していた「神の」という、医学ドラマから

下車だそうです。


カン・ジファン“‘神の’下車”謝罪公文書...活動延期?

2010-12-26 22:35


俳優カン・ジファンがドラマ‘神の’から結局下車する意向を明らかにした。

カン・ジファンが当初出演することと予定されていたキム・ジョンハクPDの‘神の’は来年に放送する医学ドラマだ。

最近カン・ジファンの所属会社のエスプルロスエンタテイメントから韓国演芸マネジメント協会(以下ヨンメヒョプ)へ発送した謝罪公文書を送ったと分かった。

カン・ジファン側が公文書を明らかにしたことは前所属会社のジャンボエンターテイメントとの契約解約問題によって1年近くヨンメヒョプと葛藤を生じさせてきたためだ。

専属契約解約問題で法的攻防を体験したカン・ジファンは去る9月円満に解決したという報道資料を配布してことを終えるようだった。
しかしヨンメヒョプはカン・ジファンがキャスティングされたドラマ‘神の’に、所属俳優を出演を控えてくれという内容の団体文字メッセージを発送するなど強硬対応に出た。

これにカン・ジファン所属会社エスプルロスエンタテイメントは“演技者カン・ジファンの演芸活動を一定期間の間自制することでありこれとは別にキャスティングが確定したドラマ‘神の’に出演しないこと”としながら“心配をおかけした点に対して謝罪申し上げる”と明らかにした。


移籍問題は、こじれるとなかなか尾を引きますね・・・・


部外者が、とやかく云えませんが、ファンのみなさんの落胆を思うと

早く解決してほしいと思います。

彼は、よい俳優さんなので、少し休めばまたたくさんの活躍の場があるでしょう。


⇒ 続きを読む
韓国芸能界 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
サンウくん 健闘^^
アンケート好きの韓国さん^^


またまた、アンケート。


'国民俳優'コ・ヒョンジョン、キム・ナムジュ-イ・ボムス押さて'今年を輝かせたタレント' 1位!



俳優コ・ヒョンジョンがキム・ナムジュとイ・ボムスを押さえて'今年を輝かせたタレント' 2年連続1位を占めた。

27日世論調査機関韓国ギャラップによればこの機関が11月17日~12月7日全国(済州道(チェジュド)除外)満13才以上男女1701人を対象に実施した個別面接調で、今年最も優れた活躍をしたタレントを挙げてくれというアンケート調査を実施した結果SBS TV水木ドラマ'大物'のコ・ヒョンジョンが29.5%の支持を受けて1位を占めた。

彼女は今回のドラマで韓国最初女性大統領の誕生を演技して注目されていた。 コ・ヒョンジョンは昨年にも今年を輝かせたタレントに選ばれたことがある。

コ・ヒョンジョンは昨年MBC TV ‘善徳女王’のミシルで演技大賞を受賞したことに引き続き、今年開かれるSBS演技大賞まで受賞するか関心が集められている。

2位はSBS TVドラマ‘ジャイアンツ’のイ・ボムスとMBC TV ‘逆転の女王’のキム・ナムジュが6.5%で共同で占めた。 ‘ジャイアンツ’でイ・ガンモ役を担ったイ・ボムスは20代から60代を合わせるキャラクターを消化して、成功の主役に選ばれている。

‘逆転の女王’のキム・ナムジュもやはり負けるかといってMBC TV ‘内助の女王'に続きもう一度人気を再確認して12回延長まで進行された状況だ。 その上2009年8位(2.9%)で今年2位に6階段でも上昇した点も注目される。

4位は‘大物’ハ・ドヤ検事で熱演したクォン・サンウ(5.1%)が名前を上げた。 クォン・サンウは権力の前にひざまずかない正しい検事役を引き受けて、ソ・ヘリム役のコ・ヒョンジョンと共に‘大物’の人気の責任を負った。

また、現在の人気の下に放映中のSBS TV週末劇‘シークレットガーデン’のヒョン・ビンが5位を、6位にはKBS 2TV ‘逃亡者:プランB’のピ(実名チョン・ジフン)が,7位はSBS ‘私のガールフレンドはクミホ’のイ・スンギ、8位はSBS ‘ジャイアンツ’のチョン・ボソクが後に続いた。

この他にKBS 2TV ‘結婚して下さい’のコ・ドゥシム、SBS ‘大物’とMBC ‘欲望の花火’で熱演を広げたイ・スンジェが9,10位にランクされた。


先月17日から21日間、満13才以上男女1701人を対象に行った調査結果。

回答者は2人まで複数応答ができて、調査の信頼水準は95%、標本誤差は±2.4%だそうです。

管理精度が高いと言えます。


気が付くのは、コ・ヒョンジョンさんが断トツだということ。


キム・ナムジュさん、イ・ボムスさんが6.5%

サンウくんが、5.1%、ヒョンビンくんが5%です。


2位以下は大差が無いんですね~


「大物」人気が有難いです。

これも、コ・ヒョンジョンさんのお陰ですね~♪



この調子で、来年もよい作品のお話が来ますように♪


次期作は、映画の予定みたいですね~♪


舞台挨拶、たくさんしてね♪


気が早い?(笑)


韓国芸能界 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
今年のクリスマス
おはようございます^^

昨日、寝る前にお友達ブログを携帯から見ていたら・・・・


まぁ~ 日本公式ファンクラブにメッセージが出ていると言うじゃありませんか~^^

見ていませんでした~

でも、睡魔に勝てずそのまま寝てしまいました。


みなさん、24日にムービーギャラリーに動画がアップされていますから

まだの方は、ご覧くださいね^^



さてクリスマスは、みなさんどうされました?

私は、毎年、「サービス」が入ります^^

(サービスとは、福祉有償輸送サービスといって、福祉目的で

車を使っての外出支援介助のことです。

移動に制約がある方を福祉車やセダンで、ベッドtoベッドの

外出のお手伝いをしています。

タクシーの半額の利用料金で、目的に制限はありません)



もう、10年以上、ずっと外出のお手伝いをしている方が

12月24日がご主人の命日で、約30キロ程離れたお墓まで

お墓参りに行かれます。

お友達もご一緒に行かれます。

お墓の草取りや掃除を30分ほどしてから、お参り&お墓の前で記念撮影。

そして、霊園のそばにあるお蕎麦屋さんで昼食。

ここのお蕎麦屋さんは美味しい上に器がきれいです^^


ご利用者さんはかつ丼・・・・

かつ丼


そして、お友達は鴨南蛮。

かもなん

私は、肉南蛮。

肉なん

豪華絢爛な肉そば(笑)。

soba.jpg

器、すごいです~~(笑)。


あ、美味しかったですよ^^


そして、地元に帰りお住まいの有料老人ホームそばの喫茶店へ。

ふる~る

ここは、いつも静かで 美味しくてその上、安いです^^

お茶

400円のブレンドに、GODIVAのクッキーが2個付いてきます。

えっ? もとは取れるの?と、いつも心配になります。

店内・・・・

店内2
店内3

カサブランカだって、生花です^^

店内4


その上、入口に2段ほどの階段があるのですが、

スタッフさんが中から、飛び出してきて(キビキビと・笑)

スロープを出して、二人がかりで引き上げてくれます。

付き添いの私の仕事がなくなる手際良さ。

いつも気持ちが良くて、そして感心します。



朝、9時に家を出て帰りは6時。

今年のクリスマスはとても道が混んでいて、5時間も運転席にいたので

持病の腰痛も・・・・(><)。


でも、喜んでいただけたので良かったです^^


家に帰って、大急ぎで夕食を作りました。

お夕食は、チキンは省略。


いつものご飯。

そして、食後に大急ぎでケーキづくり。


その時間、たったの10分。

材料は、至ってシンプル。

ケーキ台は、あらかじめ用意しておきました。

なので、飾り付けるだけ^^


生クリームに粉砂糖を加えて、ホイップ。

ケーキ台にメープルシロップをぬって・・・・

果物を飾ります。

材料

たった15分で、見た目はいまいちだけど、とても美味しいケーキができました。

気楽なケーキ

この甘夏缶、食感がとてもよくて、ジューシーです。

今、みかんの内袋をむきました・・・という感じで、

とにかく美味しんです^^

デコレーション過多のクリスマスケーキも雰囲気があってよいですが、

作りたての自家製ケーキはやっぱり、美味し気がします^^

ケーキ

生クリームもたっぷり使うと太るので、4人で一パック。


これくらいが、さっぱりしていて美味しいです。




忙しかったけれど、クリスマスにケーキもないと

家族に泣かれずにすみました。


良かった~^^

美味しいもの | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
『大物』終了に寄せて(ネタバレあり)
おはようございます^^

今年最後の週末です。


たくさんやらなければならないことがあるのに、なにも出来ていません。


でも、昔ほど「ねばならない」に捉われることもなく(笑)、

自分のペースでやろうと開き直ったので心は楽です。


しがない核家族のサラリーマン家庭。


お正月に来客がるわけでもない、気楽なものです。

とりあえず、リビングをきれいにして、お正月の1日だけ

「おせち料理」を家族そろって食べられれば・・・・

もう、それだけで十分です^^


というわけで、大掃除も途中で放り投げ、ブログ更新です(爆)。





<ソ・ヘリム"皆さん政治を愛して下さい">


記事入力:2010-12-24午前9:27:24

コ・ヒョンジョン.クォン・サンウのSBS '大物' 27.8%放映終了

MBC '楽しい私の家'は10%で幕を下ろして

(ソウル=聯合ニュース)ユン・ゴウン記者=

"皆さん政治家は嫌っても政治を捨ててはいけません。 政治を愛して下さい。"

劇中、大韓民国最初の女性大統領ソ・ヘリムは5年の任期を終えながら国民に政治を愛してくれと涙で訴えた。

コ・ヒョンジョン、クォン・サンウが主役を演じたSBS TV '大物'が去る23日視聴率27.8%で放映終了した。

24日AGBニールセンメディアリサーチによれば'大物'は前日最後の24回で全国視聴率27.8%、首都圏視聴率28.7%を各々記録した。

去る10月6日18%で出発した'大物'は24部の平均視聴率が25.7%で集計されたし、自らの最高視聴率は去る10月21日の28.3%で現れた。

大韓民国最初の女性大統領誕生期を描いた'大物'は最終回で大統領ソ・ヘリム(コ・ヒョンジョン)が5年の任期を無事に終えて帰郷して、検事出身コムタン店の主人ハ・ドヤ(クォン・サンウ)と愛の実を結ぶことで終えられた。

ソ・ヘリムは権力の座から退くことがさびしいのではないかという秘書官の質問に"大韓民国のすべての悲劇はこの席にずっとありたい心で始まった"という意味深長な話をした。

彼女はまた、辞任の挨拶で"政治が腐ったと、毎日けんかだけすると冷遇すれば何も変わりません。 彼らがなぜ戦うのか覗いて見るべきです。 その中でどんなものが私たちのためのものなのか一緒に悩まなければなりません"という言葉で政治ドラマ'大物'の最後のメッセージを要約した。

'大物'はコ・ヒョンジョンの繊細ながらもカリスマあふれる演技力とクォン・サンウ、チャ・インピョの個性が調和を作り出しながら放映ずっと安定した視聴層を確保した。


劇序盤作家と演出者交替という苦労しながらストーリーの流れが変わるなど混線をきたしたり、政治ドラマの特性上しばらくむなしい卓上空論が続いて陳腐になったりもしたが、'大物'はコ・ヒョンジョンを中心にしたスタープレーヤーらのパワーおかげを正確に見て最後まで25%台を維持するのに成功した。

後続ではパク・シニャン、キム・アジュン主演の'サイン'が放送される。

一方、MBC TV水木劇'楽しい私の家'もこの日自らの最高視聴率の10%を記録して放映終了した。

キム・ヘス、ファン・シネ、シン・ソンウ主演のミステリーメロードラマ'楽しい私の家'は去る10月27日6.4%で出発して16回平均8.1%の視聴率を記録した。

後続ではソン・スンホン、キム・テヒ主演の'マイ プリンセス'が放送される。

pretty@yna.co.kr



脚本家と監督が途中交代…の裏には、表面化しない問題も数々あったでしょう。

それでも、新旧監督さん、スタッフのみなさん、俳優のみなさんが

一丸となって作り上げた作品です。

この度の放送の放映に限らず、いつまでも愛される作品として、

韓国の視聴者のみなさんの心に残る作品であることを祈ります。


>コ・ヒョンジョンの繊細ながらもカリスマあふれる演技力と
クォン・サンウ、チャ・インピョの個性が調和を作り出しながら
放映ずっと安定した視聴層を確保した


このドラマ、確かに俳優の調和がとても良いと思いました。

他にも、イ・スギョンさん、パク・グニョンさん、イム・ヒョンシクさん、

そして、検察支長のコンさん、ヘリムの秘書のチャン・ヨンナムさん、

そして、オ・ジェボン議員・・・・

それぞれの個性が生きていましたね。

どの場面も、面白く見ました^^


終了して寂しいですが、次は日本での放送に期待しましょう♪


クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
再飛躍
しみじみと、その通りだと言う記事がありました。


この半年にあったことは、一生忘れられないと思います。

どん底から、また頂点に。


そんな年でしたね。  しみじみ・・・・



[さよなら『大物』]③クォン・サンウ、ハ・ドヤで最大恩恵


2010-12-24 09:20

24話ー1

[イーデイリーSPNキム・ヨンファン記者]

俳優クォン・サンウはSBS水木ドラマ'O物'の初めての公式席上で素敵に覚悟を明らかにするよりは、頭を下げて謝罪挨拶をしなければならなかった。 あて逃げで起訴されて略式命令を受けた後に立ち向かう初めての席だったためだ。

放送初期'大物'にあふれる憂慮も大多数クォン・サンウに対することだった。 検事役割をするクォン・サンウを視聴者たちが容認できるかという視線が彼を萎縮させた。

いざ蓋を開けるとすぐにクォン・サンウは誰より'及ぼした存在感'を表わした。 意志の強いながらもふてぶてしいハ・ドヤ役は彼にとってオーダーメード服と違わなかった。 大韓民国の黒い権力と、どたばた相対して戦うハ・ドヤの姿で、また、そのようなハ・ドヤを安定的に消化したクォン・サンウから視聴者たちは喜びを感じた。

ソ・ヘリムが平面的なキャラクターに終わったのも、ハ・ドヤに視線を傾くようにする役割をした。 ソ・ヘリムとハ・ドヤはドラマ中間漂流した。 ソ・ヘリムはカリスマ代行なしで優しいだけのキャラクターをリリースしたし、ハ・ドヤは検事職から退きながら、代わりにコムタンを沸かして大統領府に入城するごり押し展開の中に方向感覚を喪失した。

しかしソ・ヘリムのキャラクター自体が視聴者たちに満足を与えられなかった反面、ハ・ドヤはソ・ヘリムとは違った道を歩いた。 検事服から料理師服へと服だけ着替えただけで、どたばたするキャラクターの力は放さなかったのだ。

俳優として危機の瞬間にクォン・サンウはハ・ドヤのキャラクターで墜落を免じた。 ハ・ドヤはクォン・サンウに再跳躍の踏み台を用意したわけだ。

PP10122300148.jpg



昨日、「大物」が終わり。今日はネットには関連記事であふれています。


何をのせるか迷うほどです。



今日は、1日長時間の仕事で、PCの前には十分座れませんでした。



また、明日 ゆっくり 「大物」のおさらいしたいと思います。


ではでは、よい記事で・・・・おやすみなさい。


サンウについて | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
CFのお話 殺到!?(ネタバレあり)
CF・・・・ CFって、なんだっけ~~

と、一瞬思ってしまったバボな私です(笑)。


だって、この2年くらい、CFから遠ざかっていましたよね~

最後にTVで見たCFは、多分BANGBANG。

ジウォンちゃんと、ヘウンデで撮影?


あれ以来かしら~~


あのころ、もう婚約の話が裏で着々と進んでいたのよね~~



また、TVでサンウくんのCFに会えるかもしれない^^


そう思ったら、うれしくなりました。

でもね、視聴者に調子に乗っている印象を与えないよう、

細心の注意を払ってくださいませ^^


厳しいですからね~

世間さまの目は。



‘大物’クォン・サンウ、30億 CFラブコール‘大当たり’


htm_20101224100648c000c010-001.jpg

2010-12-24 14:22

日刊スポーツ ユ・アジョン


'大物'クォン・サンウがCF界を受け付ける。

水・木劇1位SBS '大物'で正義感あふれるハ・ドヤ検事で視聴者たちの愛を

一身に受けたクォン・サンウは、ドラマ終盤と共に押し寄せる

CF提案で嬉しい悲鳴をあげている。


クォン・サンウ所属会社関係者は"衣類と化粧品その他にも

飲み物、家電、通信機器業者などの出演提案を受けて

細部的な事項を調整中"としながら"来年初めまで少なくとも三個以上の

広告契約を終えるものと見られる"と伝えた。


最側近は"クォン・サンウがA級モデルであることを勘案すれば

二~三個のCFだけでも30億ウォンを遥かに越えるギャランティーを

受けると期待される"と耳打ちした。


クォン・サンウは近ごろまれな多様な顔を持ったCFスターだというのが

広告界の合い言葉だ。

ドラマでいい加減だが正義感あふれるハ・ドヤ検事役を担って

その間冷たかった世論を一気に好意的に変えておいた。

また、トップスターコ・ヒョンジョンより眼に触れる存在感で

テレビ劇場をひきつけた。


特に劇中クォン・サンウはしらじらしいながらも真剣で、

タフながらもロマンチックなキャラクターを自由自在に表現して

視聴者たちの目を引いた。

自身を'バカ検事'と呼ぶイ・ジェウン、チ庁長と

漫談カップルを彷彿させるコミカルな姿をリリースするかと思えば

パク・グニョン代表やチャ・インピョ議員の不正を掘る時は

熱血検事本来の姿勢に戻って貴重に捜査に入る姿を見せた。

ここにコ・ヒョンジョンに向かった最高の純真な愛で

女心を揺さぶるロマンチックな面まで整えて

それこそ'八色鳥'魅力を吹き出した。


広告界関係者は"新しい顔に喉が渇いているCF界では

クォン・サンウの再発見がうれしいだけ"としながら

"その間男スターらはやわらかかったりあるいは男性らしい

2種類イメージの中の一つだったが、クォン・サンウは

多様なキャラクターを表現できる数少ないスター"と説明した。


一方、23日終わった'大物'はクォン・サンウが

大統領任期を終えて自身を訪ねてきたコ・ヒョンジョンに

指輪を渡してプロポーズ。

自らの最高視聴率の27.8%で終えることができた。



⇒ 続きを読む
サンウのCF | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
最終回を迎えて・・・・
「大物」の総集編のような記事がシリーズで出ていますね。


サンウくんについては、こんな記事がありました。


‘大物’クォン・サンウ演技力論議けりをつけてハ・ドヤ好評(放映終了特集6)

2010-12-23 19:21


[ニュースエン イ・ミンジ記者]

"水を得た魚のようだ。"

SBS水木ドラマ'大物'でハ・ドヤ役を担ったクォン・サンウはこのドラマで世間の心配を払拭させて復活を知らせた。

クォン・サンウは'大物'が初放送される前の6月あて逃げ事件で社会的物議をかもした。 クォン・サンウの謝罪にも世論は冷たかったしドラマ出演を押し切った'大物'製作会社を非難した。 クォン・サンウはドラマ製作発表会場で"演技で報いる"と念を押した。

蓋を開けた'大物'で熱血検事ハ・ドヤで完ぺきに変身したクォン・サンウは否定的な世論の視線を好意的に変えるのに成功した。 時には中心人物ソ・ヘリムよりより大きい存在感を発揮した。 あて逃げ論議による非好感イメージはもちろん発音による演技力論議まで終息させた。

ハ・ドヤはしらじらしいながらも真剣でタフながらもロマンチックな人物だ。

ハ・ドヤを'バカ検事'と呼ぶコン・ソンジョ(イ・ジェウン)支庁長と漫談カップルを彷彿させるコミカルな姿を見せてオ・ジェボン(キム・イルウ)議員をいきなり訪ねて行って精一杯からかいまくる。

チョ・ペホ(パク・グニョン)代表やカン・デサン(チャ・インピョ)議員の不正を掘る時は熱血検事本来の姿勢に戻って貴重に捜査に入った。 サノグループ キム・ミョンファン(チェ・イルファ)会長の誘惑は刃物のように断って所信を守った。 ここにソ・ヘリムに向かった最高の純真な愛で女心を揺さぶるロマンチックな面まで整えた魅力的な男だ。

八色鳥魅力を吹きだすハ・ドヤに出会ったクォン・サンウは'大物'を導く人気牽引車役を正確にした。

クォン・サンウはその間財閥2世からチンピラまで多様なキャラクターを消化できる、数少ない男演技者に選ばれてきた。 だが、多少難ある発音のために演技力指摘を受け入れたのも事実だ。

彼は'大物'を通じてこういう論議をけりをつけてハ・ドヤにぐるっとよったような演技力をリリースした。

特にクォン・サンウはお父さんハ・ポンド(イム・ヒョンシク)の死の前で嗚咽するハ・ドヤの姿で草木が水分を吸い上げた演技力を誇示した。 涙と鼻水まぜこぜになって嗚咽したクォン・サンウはビジュアルよりは引き受けた役割に集中するプロ演技者らしかった。

クォン・サンウは2003年SBSドラマ'天国の階段'成功以後MBC '悲しき恋歌',KBS 2TV '悪い愛',MBC 'シンデレラマン'など持続的な作品活動を繰り広げたがぞろぞろ視聴率面で苦戦をまぬがれなかった。 ここに一連の事件で非好感烙印までつけられた。

クォン・サンウはしかし"演技者は演技で話す"という最も平凡な命題を立証するようにSBS '大物'で演技力とイメージの、二匹のウサギを全部捉えてその間不振をきれいに洗い落とすのに成功した。

イ・ミンジ oing@newsen.com




クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
大物'サポーターズの'レビューブック'
こんばんは~~



今日は、いよいよ「大物」の最終回ですね^^


寂しいけれど、楽しんで観たいです。



「大物」の公式サイトに、こんな記事がありました。



大物'サポーターズ、'レビューブック'発刊して俳優らに直接伝達する!

10000007120.jpg

SBS<大物> ‘第3のスタッフ’と呼ばれるドラマ サポーターズらが‘レビューブック’を発刊して話題だ。

ドラマ サポーターズ'は俳優やドラマのペンドム(fandom)が創造的に進化した形態で、ファンの愛情が創作作品にすぐに連結されて俳優-製作スタッフ-大衆と円滑なコミュニケーションおよびオンライン広報活動を主導している。

その間SBSドラマはこのようなペンドムを積極的に受け入れて‘ドラマ サポーターズ’らが活発に活動できる場を用意して全面的な支援を共にして良い反応を得てきた。

今回‘レビューブック’を発刊することになったSBS<大物>のサポーターズIDエリョンシは現在の公式ホームページ(http://tv.sbs.co.kr/president)で‘彼らの日常’というコーナーを通じてドラマ名場面と名セリフを人気の下に連載しているパワーサポーターズだ。

去る2003年<完全な愛>を通じて最初のネチズン新聞‘緩斜新聞’を発刊したのに続き、2006年には<外科医者ポン・タルヒ>名場面レビュー北を発刊したことがあって、SBS主要ドラマで持続的なサポーターズ活動を進行してきた。

10000007121.jpg


SBS<大物>レビューブックには‘彼らの日常’コーナー内容がそのまま入れられて、ドラマ名場面と名セリフを通じて言葉どおりレビューが十分に可能なようになっていて、ドラマの感動をもう一度感じることができる。

<大物>オンライン サービスを担当するSBSコンテンツハブ関係者は“今回の<対物>レビューブックはドラマ終盤撮影現場でサポーターズがコ・ヒョンジョン・クォン・サンウなど俳優らに直接伝達する予定だとより一層貴重で特別なイベントがよいようだ。 サポーターズらの作品は才覚があって新鮮で俳優らと製作スタッフらも待って楽しく見たりしたが、レビューブックを発刊して伝達するという便りに彼らも非常に心配している。”と耳打ちした。

<大物>サポーターズらの作品は公式ホームページ(http://tv.sbs.co.kr/president)を通じて調べることができる。


おお~~!


これは、印刷や装丁はプロにお願いした見たいですね~~


作ろうと思えば作れそう^^


こんなに完璧では無理だけど・・・・



サンウくんのためにだけ、世界で2冊の(サンウと自分)の本とか

作ってみたいものです~~^^




今日は、息子と早朝からホームの義母を訪ねました。


りんごや、スアマや、義母の好きそうなものを持参して、

義母の部屋で3人でお茶しました^^



お昼からは、実家に行って溜まった郵便物を持ち帰ったり、

庭の草取りしたり(息子が)、義母が必要な物を見つけて届けました。



そのあと、ランチは久しぶりに息子と・・・・

和食の料亭へ。


お正月に義母を囲んで、姉の家族と家の家族の合同のお食事会を

したらどうかと思うので、下見を兼ねて行きました。



お料理も美味しく、便利な場所で申し分なかったのですが、

牡蠣アレルギーの息子が、ほんの少量の牡蠣をたべてしまい、

6時近くに家に帰ってから、ずっと苦しんでいます(><)。



この所、体調が良くなかったので余計ひどくなったみたいです。


場合によっては、今夜救急外来に行くようになるかもです・・・(><)。



そんなわけで、ちょっと落ち着いませんが、どうにか「大物」だけは

しっかり見たいと思っていました。


年末、みなさんもお疲れが出ませんように~~



クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
今夜は23話(ネタバレ)
いよいよ、今夜、『大物』の23話です。


スチール写真が出ていました。



続きにお借りしてきましたので、ネタバレ、OKの方はどうぞ^^

⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
SBS 演技大賞 投票
20日から、SBSさんで、投票が始まっていますね。

みなさんは、もう、されましたか?

SBS演技大賞ホームページ

ネチズン最高人気ドラマ賞

ベストカップル賞(クォン・サンウとコ・ヒョンジョン

ただ、残念なことにこちらの投票はSBSへの登録が必要です。

もしできれば、登録をなさってからどうぞ。



記事は、ちょっと重複していますが・・・・



[SBS演技大賞] 2010年今年の一年SBSを輝かせた☆総出動


1292921610983.jpg


2010-12-21 18:00



[エクスポツニュス=イ・ナレ記者]

'2010 SBS演技大賞'に対する関心が、すでに熱い。



来る31日生放送に進行される今回の'SBS演技大賞'には

'ジャイアンツ'でカン・モ役に熱演したイ・ボムスと

彼の一人だけの恋人で出演したパク・ジニ、

'大物'に独特の悪女で熱演中のイ・スギョンがMCで落下点なった。



この日放送では2010年一年の間SBSドラマに出演した

最高のスターコ・ヒョンジョン、イ・ボムス、チョン・ボソク、

ヒョン・ビン、ハ・ジウォン、クォン・サンウ、イ・スンギ、シン・ミナ、

チャ・インピョ、パク・ジニ、イ・スギョン、ファン・ジョンウムなどの

派手な出演陣はもちろん、2011年最高の期待作'アテナ:戦争の女神',

'サイン'などに出演中のパク・シニャン、チャ・スンウォン、

キム・アジュン、イ・ジア、などが

2010 SBS演技大賞の席を輝かせる予定であり

その他ソ・ジソプ、イ・ミンジョン、チャン・ソヒ、ユミン、チョ・ミンギなど

いつの時より派手なスターが総出動する。



今回の'2010 SBS演技大賞'では一寸の譲歩もない、

予測不可星の角逐戦が繰り広げられる展望だ。



視聴率が40%を越えて国民ドラマとして位置づけた'ジャイアンツ',

'国内最初の女性大統領選出'という破格的素材で話題を集めた'大物',

放映と同時に視聴者たちの愛を受けている'シークレット ガーデン',

家族の意味を生き返らせる牽引車役割をしたドラマ'人生は美しくて'等

そのどの年より激しい。



また、受賞部門でも'フロンティア ドラマ賞','ヒューマンドラマ賞',

'ネチズン最高人気ドラマ賞','最優秀作品賞'などが新しく新設されて

授賞式を見る楽しみを一層高めてくれる展望だ。


一方、'2010 SBS演技大賞'はSBS来る31日1,2部にかけて

総3時間30分の間生放送に進行される予定だ。




投票が他にもあります。

一人1回のようです。

コチラ

クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
今日のつぶやき
今朝、燃えるごみの収集日だったので、8時頃外に出たついでに、

庭の様子を見に行ってきました。

桜の木の葉はもうすっかり落ちていますが、

モミジはきれいでした。


2010122109000001.jpg
2010122108590000.jpg

(携帯しか持って出なかったので、ちょっとぼけてます)


八重咲きの椿もきれいでしたが、今年は花が少ないみたいです。

2010122109020000.jpg

モミジの葉を、家に持ち帰り、押し花にしてみようかと、拾ってきました。

落ち葉

一本の木でも、まだオレンジ色っぽいのから、

茶色に近いのまで・・・・

グラデーションになっているから紅葉はこんなにきれいなんですね。



さて今夜は皆既月食。


夕方から雨だと言うので、この辺では見られないでしょう。


昨日の夕方4時前の月を写しておきました。

月2

月



今日のと比べたかったけど、だめそうです。




明日は、「大物」23話。

もうすぐ終わると思うと、寂しいです。


しばらく暇になりますね~


8月のファンミを思い出して、2枚 載せます。


ファンミ
↑このTシャツ、東京の5日の夜のあとの「ハグ会」(?)に着ていたものです。

このペンダント、みなさんお買いになりました?^^


アクションシーン。

素晴らしかったですね~~♪


アクション


退屈になったら、色々思い出して、また会える日を待ちましょう^^


その前に、早く「大物」の放送が日本でありますように~~♪


今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
F.CUZ(포커즈)  ポゴス
ポゴスのチノンくん、シンデレラマンにも出場とのこと。

サンウくんからも「自分の特徴を生かすように」と、

直接、アドバイスがあったとか・・・・


昨日から、どこが似ているのかわからなく・・・・

色々動画を探していたら、これは似ているかもしれないというのがありました^^





時々、これは「無理にサンウくんのマネをしているかも」と、

思わせるような表情(笑)

チノンくんより、サンウくんの方が、俄然スタイルが良く、

ノーブルなお顔立ち・・・・でした。


この動画で、「時々表情は似ているで賞」をあげたいと思います(笑)。



モノマネされるというのは、それだけ、今、注目されているということ。

そう思って、ちょっと気に入らないけど(笑)、大目に見てあげましょう(笑)。

えらそげですが・・・・(笑)。


K-POP | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
SBS演技大賞
後11日で、今年も終わり。

早いですね~~!



私は、まだ大掃除も出来ていないし、年賀状も書けていません

みなさんは、ご準備いかがですか?



さて、韓国でも 暮れの「SBS演技大賞」の受賞者を占う記事が出ていますね。



2010 SBS演技大賞主人公は?

2010-12-20 09:37


2010年SBSドラマの主人公は誰がなるだろうか。

ドラマ'ジャイアンツ'で剛毛駅に熱演したイ・ボムスと彼の一つだけの恋人で出演したパク・ジニ、'対物'に独特の悪女で熱演中のイ・スギョンが2010 SBS演技大賞MCで落下点なった。

2010 SBSドラマに出演した最高のスターコ・ヒョンジョン、イ・ボムス、チョン・ボソク、ヒョン・ビン、ハ・ジウォン、クォン・サンウ、イ・スンギ、シン・ミナ、チャ・インピョ、パク・ジニ、イ・スギョン、ファン・ジョンウムなどの派手な出演陣はもちろん、2011年最高の期待作'アテナ:戦争の女神','サイン'などに出演中のパク・シニャン、チャ・スンウォン、キム・アジュン、イ・ジア、などが2010 SBS演技大賞の席を輝かせる予定でありその他ソ・ジソプ、イ・ミンジョン、チャン・ソヒ、ユ・ミン、チョ・ミンギなどいつの時より派手なスターが総出動する。

一寸の譲歩もない、予測不可のスターの角逐戦、視聴率40%を越えて国民ドラマで位置づけた'ジャイアンツ',‘国内最初女性大統領選出’という破格的素材で話題を集めた'大物',放映と同時に視聴者たちの愛を受けている'シークレット ガーデン',家族の意味を生き返らせる牽引車役割をしたドラマ'人生は美しくて'等そのどの年より激しい。

一方、2010年SBSで新しくリリースする特別な授賞部門が新設された。 これらは‘フロンティア ドラマ賞’、‘ヒューマンドラマ賞’、‘ネチズン最高人気ドラマ賞’、‘最優秀作品賞’等であり‘フロンティア ドラマ賞’は多様な試みと処理方式で新しいジャンルを切り開いたドラマに授与されて‘ヒューマンドラマ上’は家族の意味を生き返らせる感動のドラマ部門で受賞される予定だ。

また、ネチズンが直接選んだ最高のドラマ‘ネチズン最高人気ドラマ賞’と視聴率と作品性をあまねく整えた最優秀ドラマを選ぶ‘最優秀作品賞’等俳優だけでなくドラマ作品自体で賞が授与される特別受賞らが初めてデビューする予定だ。

ネチズンらがリアルタイムで直接投票する‘ネチズン投票’方式と一緒に最近旋風的な人気を呼んでいる‘ツイッター’を利用したリアルタイム生中継される予定だ。

2010 SBS演技大賞は来る31日夜9時50分に開く。


ハンギョンドットコム キム・ミョンシン記者 

sin@hankyung.com


今年は、SBSは激戦ですね~♪

本命は、イ・ボムスさんと 既にあきらめていますが・・・・

「大物」は、きっと何か賞をもらえるでしょう^^


ヒョンジョンさん、何かもらえるといいですね~~♪



ここで、サンウと行きたいところですが・・・


もし、ヒョンビンくんがもらえるなら、うちのサンウが欲しいです~~(爆)


大晦日、9時50分からですね~~♪


早めに年越しそばを食べて、PCの前にカジャですね~~♪


韓国芸能界 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
そんなに 似てるかしら~~~(更新しました)
少し元気になりました^^

めまいは、ほとんどなくなりました。

一昨日は、やっぱりとても疲れていて、

末梢神経まで血液が流れにくくなっていたのかもしれません~

耳が弱点なので、三半器官がすぐに不調になります~(><)。

ご心配かけました。


風邪はまだすっきりしないけれど、今日は一日家で片づけものをしました^^


今日は、サンウくんのニュースあまりないですね~~


今日も撮影だったんでしょうね~


あと、2日分ですがもう、放送まで、あと2日にしかないし・・・・


お風邪とかひかないで、元気にやってくれますように。



今朝、送迎サービスでカトリック教会へ行ってきました。


入口のマリアさまによくお礼を言ってきました^^


だって、月、2,3回「サンウくんのテムルがヒットしますように~」と、

そればかりお願してきたんですから~~(笑)。


お礼は言っておかなくちゃ^^


世界中で、同じようにお願している方がいらしたわね~~^^ きっと。



さて、びっくり・・・・



チノンくん?よく知らないけれど、バラエティー番組で声帯模写をして

笑いをとっている方ですよね~



サンウくんになりすまして、サインしたり、一緒に写真撮ったって!


ありえない感じですが~~


似てますか?

私は、あまり似ていない気がするんですが・・・・



クォン・サンウの、そっくりさん チノン

“クォン・サンウの代わりにファン サイン会した”


2010-12-19 08:24:04

201012190815001001_1.jpg


62268_55306_4948.jpg

[ニュースエン ハン・ヒョンジョン記者]

グループ ポコズのメンバーチノンが'クォン・サンウ似ていた格好'と呼ばれて世間の注目を集めている。

18日放送されたEチャネル大国民スター後談話プロジェクト'ポーカーフェース’で

チノンは一時クォン・サンウと誤解を受けてできたエピソードを公開した。

チノンは歌手デビュー前'クォン・サンウ似た形'にしたプログラムに出演した。

チノンは実際に"高等学校時期、東大門ファッションタウンのある化粧品店で

物を選んでいる間、店にいた日本観光客が私をクォン・サンウで勘違いした"と明らかにした。


偶然にもその店は当時クォン・サンウが広告モデルで出演した化粧品ショップであったし、

順次彼を見に来る人々が多くなり始めると、すぐに店社長はチノンにびっくりサイン会を提案した。


不本意ながら韓流スターになって"1時間半の間クォン・サンウになって

日本ファンたちに囲まれて写真撮影およびサイン会の時間を持った"と話した。

彼はクォン・サンウがチェ・ジウとともに出演した‘天国の階段’撮影会場でも

警護員らがチノンをクォン・サンウっと勘違いして出演者控室に

連れていったハプニングも打ち明けた。

チノンは“今の席にありえたのはクォン・サンウのおかげであるようだ”として

クォン・サンウに感謝の挨拶を伝えた。


コチラ




ポゴスどんなグループか調べてみました。


後半で、チノンくんが、セリフを言ってます。



サンウくんより、男性的なイメージですね。



こんな動画もありました。

こちらは、ちょっと似てる気もします。




が、このテイストは最も苦手なタイプのサンウくんと似ています(笑)。


サンウについて | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
ドラマ「大物」視聴率 そして、名演技(ネタバレあり)
こんにちは^^



今日も寒いけれど、関東地方はよく晴れました。


昨日は、仕事帰りに義母の所に寄り、続いて銀行、郵便局、買いもの・・・・・


山のような日程を消化したら、夜の会議には疲れすぎてめまいもひどくなり休みました。


そして、今朝、お友達と六本木に行く約束でしたが・・・・





残念、喉も痛くめまいも止まず・・・・


あきらめました。




そして家で寝てました。


でも、これだけはしなきゃとブログ更新(笑)。

ちょっぴり書きます^^



うれしい記事です。



イム・ヒョンシク"クォン・サンウ鼻水嗚咽に私も泣いた"

2010-12-17 14:26


スポーツ朝鮮


タレント イム・ヒョンシクがSBS水木劇'大物'出演当時クォン・サンウの嗚咽に自身も涙を流した理由を公開した。 イム・ヒョンシクは劇中検事ハ・ドヤのお父さんハ・ポンド役を担って12回で疑問の事故で亡くなって下車した。

当時、病院の霊安室に横になっていたイム・ヒョンシクは涙と鼻水がまぜこぜになったまま嗚咽したクォン・サンウを思い出させて"私がこのような形で横になっている演技は初めて経験することと、ひとまずじっとしていた"として"ところでクォン・サンウが演技でない実際に泣くと、すぐに私も胸がじいんとしたし、瞬間私の目から涙があふれた。 その上に私が亡くなったものと設定されたことと、その程度だけ流したところで、多分そのままずっと横になっていたら、さらに多く泣くところだった"と明らかにした。

引き続き彼は"撮影が終わって監督、スタッフが、お互い区別することがなくクォン・サンウの演技をほめて拍手した。 私もやはり一緒に拍手しながら今回彼が本当にたくさん努力したということを、そして以前より多く発展したということを感じた。 再び見てもクォン・サンウのその時の嗚咽演技が本当にすばらしかった"と付け加えた。

(以下略)

スポーツ朝鮮2
イ・ヘワン記者parasa@sportschosun.com



2002年にはスジンアッパ・・・・

2005年にはジュニョンが頼りにしていた神父さま・・・・

いつも、サンウを優しく見守って来てくれた、イム・ヒョンシク先輩。


涙も出て、本気で泣きたくもなります~

以前に比べ、格段の演技の進歩を認めて頂いて・・・・嬉しいですね^^




そして、週間視聴率は30%を超えているんですね~~♪


'大物'瞬間最高視聴率はクォン・サンウ-コ・ヒョンジョン キスシーン?


カン・ミンジョン記者eldol@sphk.co.kr


"大統領当選者の命令です。 少しの間だけ後に回って立って下さい。

ソ・ヘリムは警護員の視線をそらしてハ育成にびっくりキスをした。 この場面は分党視聴率28.9%(AGBニールセンメディアリサーチ・全国基準)をたてた。 この日放送で<大物>がおさめた視聴率26.7%より高い数値だ。

16日放送された<大物> 22回は午後10時35分頃、劇中国内女性初めての大統領で登場するソ・ヘリムが自身を純愛好きのように大切にするハ・ドヤにキスで感謝の気持ちを表現した場面を演出した。

だが、この日<大物>がたてた瞬間最高視聴率は31.3%. 23回予告篇の最後の場面に傾いた視聴者の関心が一番熱かったことから現れた。 予告篇に見せた視聴者の関心が本放送にむくが続いて視聴率30%の壁を越えることができるのか期待が集められている。 /スポーツ韓国



視聴率が、30%を超える・・・・

夢ではない気がしてきました^^


⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
断舎離
おはようございます!

寒いです

私の住んでいる地方でも、今朝6時の外気温は約 1度。

車で夫を駅まで送る時、車の温度計で見てみました。


トランクとか屋根には氷のような薄い膜がはっていました。


自然と、高く足を上げて歩いたり(笑)、小走りになってみたり・・・・

無駄な動きをたくさんしてみたくなりました(笑)。



今日も送迎の仕事で1日外です。


年末になると、私たちのサービスも1.5倍の忙しさです。

毎日30件以上の予約が・・・・

それを10人ちょっとで回すので、なかなか忙しいです。

家出ずっと、PCの前にいたいけど~~

諦めましょう



それより、大掃除はまだ全然できていません。

昨日の夜、NHKのクローズアップ現代「“断捨離” 人生の大そうじをする人々」を見ました。

というか、息子が録画して、私に見ろと…(笑)


う~ん^^;   今の私に、一番必要なことかもしれない~~(爆)



そして、昨日の夜は、その後「大物」を見て、優しいトヤに癒されました~♪


今日帰ったら、またネタバレブログの方を更新したいな~♪



早く、日本で放送してくれますように


今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
21話見ました~~♪
おはようございます^^


寒くなりましたね~~


昨夜の21話、凄く良かったです~~ 一度も途切れず見られたのである意味心配に(笑)。



それにしても、トヤは何て優しいんでしょう!


10年も待つって・・・・

「シニョニ チナド~」に似てる~~(笑)

ジュニョンに重なったりして~~(笑)。

でも、ジュニョンは後に作曲家になったけど、あのころのジュニョンは、

高校も中退で遊び人だったけど・・・・

トヤは検事(笑)。


役柄は随分高格しましたね~(笑)。




さて、昨日は、政治物の「プレジデント」の第1回だったので

どのくらい影響を受けるかと少々心配しましたが・・・・


大きな影響はなかったようです(ほっ)。





16日視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば去る15日放送した'大物'は25.7%の全国一日視聴率を記録した。

去る9日放送が記録した自体最高27.7%より2%ポイント下落した数値だが、この日放送した水木ドラマ中では最も高い視聴率だ。

同時間帯放送したMBC '楽しいわが家'は9.9%、KBS 2TV 'プレジデント'は6.3%の視聴率を各々現わした。


終盤に向かって、視聴率が上向くことを密に願ってしまいます~~^^



今日、私は、午前は気功。午後は韓国語教室。

一日お稽古事で家にいません。


木曜日って忙しいですね~~

時間が出来たら、もう一つのブログの方を更新します。


行ってきま~す♪




⇒ 続きを読む
今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
今日の日記
今日、従妹とお出かけしてきました~

朝、6時50分家を出て、都内某所のバーゲンへ(笑)。

良いものたくさんありました^^

それから、ランチは恵比寿の「農家の台所」へ。

玄関


名前の通り、台所の入口のような店構え^^

中もシンプルで無駄が無いインテリアです。

お野菜をお腹いっぱい食べられるので、大好きです♪


今日も、サラダバー・・・・

サラダ

お食事はこちら・・・・

ランチ


右上のは、紫いものグラタン^^

美味でした~~♪

そして、サラダのおかわり♪

おかわり


お野菜でお腹がいっぱい^^


従妹とふたり、昔話をしたり近況をはなしたり、お料理の話をしたり・・・




たくさん食べて、たくさんお話したけれど、食事が終わってお店を出た時間は、12時すぎ(笑)。

お店の外には長い列。 なんでも、早め早めにするとよい事ありますね^^



急いで家に帰り、午後から会議。


今日は忙しい一日でした。


帰ったら、HISさんから、ツアーのお礼のカードが届いていました。


カード表紙

やさしい微笑みのサンウくん


そして、開くとこんな感じ~~~♪

カード
(クリックするとお気くなります)


グアムに続いて、終わった後もこんなカードが届いて・・・

また、楽しかった3日間を思い出しました^^



そして、夜は「テムル」・・・・


忙しかったけれど、楽しくて嬉しくて、充実の1日でした。



ドラマについては、もう一つの方でどうぞ・・・・


更新は、明日の朝になるかも~~~ ごめんなさい


今日は、ちょっと疲れて、明日も早いので~~




⇒ 続きを読む
今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
韓国OST事情
風邪が流行っていますね~


巷でもマスク姿のひとや、オホゴホしている人が多くなりました。

ノロウィルスの流行もあって、この冬はうがい手洗い励行を

いつもの年に増して、しっかりしようと思います。



さて、韓国と日本のドラマの大きな違いの一つに、OSTの扱いがありますね。

日本ではオープニングやエンディングの曲はオリジナルが流れますが

挿入歌がドラマの間に流れることは少ないです。

日本では、歌詞のついている挿入歌が流れるのは邪魔だと考える

制作者が多いみたいです。


一方、韓国のドラマはよく歌詞入り挿入歌が印象的に使われます。


「悲しき恋歌」には、「サルダカ」が切っても切っても切り離せないように・・・・

あれで、どのくらいSgWANNABEのファンが増えたか・・・・

私も、それがK-POPに関心を持ち始めたきっかけでした。


あと、「10年が経っても」(シニョニ チナド~~♪)とか・・・・(笑)



ドラマ'OST代理戦'

2010-12-14 06:05

coming201012132104171.jpg
(左から、シークレットガーデン、メリーは外泊中、逆転の女王)

101111.jpg


ペク・ジヨン・キム・ゴンモ・テヨンなど実力派歌手動員人気が倍加

連日話題を集めているSBS週末特別企画<シークレット ガーデン>の

主人公チュ・ウォン(ヒョン・ビン)とライム(ハ・ジウォン)の

切ない場面を演出する時は間違いなく"どれくらいどれくらい~"という

歌詞を持った歌が流れて出る。

歌手ペク・ジヨンが歌った<シークレット ガーデン>のOST <その女>だ。

今は路上にこの歌が流れ出れば自然にチュ・ウォンとライムの切なる顔が浮び上がる。


OSTは、これ以上ドラマを後押しする付随的な要素はない。

ドラマを構成する中枢的な部分で人気を計る尺度になっている。


SBS <ジャイアンツ>の退場と共に新しい力学構図を作っている月火夕方市場.

MBC <逆転の女王>が題名のように逆転を夢見て、KBS 2TV <メリーは外泊中>は

作家を交替して雰囲気反転を狙っている。

チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエなどを前に出した

SBS新しい月火ミニシリーズ<アテナ:戦争の女神)>の勢いも侮れない。

三作品は本格的に正面対立する前からOSTで代理戦を払っている。

<逆転の女王>は現在の空白期を持っているキム・ゴンモを引き出した。

キム・ゴンモが歌った<泣いてしまって>はドラマの感性とよく合致して

視聴者たちの愛を受けている。

引き続きケーブル チャネルMnet <スーパースターK 2>で人気を集めた

キム・ボギョンと歌手チームなどが<逆転の女王>のOSTに参加した。


<アテナ:戦争の女神)>は超豪華キャスティングに続き

派手なOST軍団でもう一度注目を集めた。

<聞こえるんですか> <もし>等を呼んで'新OST女王'と呼ばれる

少女時代のテヨンをはじめとして、<スーパースターK>のチャン・ジェイン

カンタ、プラウナイドゥソウルシュープリムチームが合流した。

製作スタッフは次々と音源を公開して絶えず関心を引くという腹案だ。


<メリーは外泊中>のOSTに参加した歌手らの面々も優れて広い。

グループ カラーのハン・スンヨンがエンディング曲<スーパースター>を歌ったし、

グループ トゥレクス スウィート・ソロウ エムトゥエムなどが硬い歌唱力を土台に

<メリーは外泊中>のOSTに参加して耳を楽しくした。

歌の実力が優れていることに噂になった主人公チャン・グンソクも

やはり<お願いだ、マイ ボス>を直接歌った。

水木夕方市場にもOST戦争は続く。

歌手コミ、ケイウィル(SBS <大物>),バービーキムとリン スーパージュニアの

リョウク(MBC <楽しい私の家>)シン・スンフン ポミニッ エムブルレク

(KBS 2TV <逃亡者Plan B>)等が布陣している。


ある外注製作会社関係者は"ドラマとOSTの人気は比例する。

ドラマの雰囲気がぴったり合うOSTはドラマを見る面白味を一層高める。

OSTを通じて得る収益も侮れない"と話した。


この関係者は引き続き"こういう傾向が続きながら

OST製作のために投じる費用も高まった。

いくつかの歌手らはOST一曲を歌いながら3,000万ウォンを越える

ギャランティーと持分を要求したりもする"と付け加えた。

スポーツ韓国



これは、日本では聞きませんね~~

おまけに、日本で放送されたりDVDになった時は、

契約上の問題で、ばっさり削除されていたり・・・・


サルダカのように・・・・(><)。



「大物」はどのようなことになるんでしょうね~~


韓国ドラマ | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
ラジオ出演とコ・ヒョンジョンさん
今日、ラジオ出演したらしいです。

忙しいのに・・・・

番宣も熱心にしていらっしゃいます。



コ・ヒョンジョン-クォン・サンウ、
'TVコルトゥショ'びっくり出演…'大物'効果見るだろうか?


2010-12-13 16:03

20101213151650_4d05ba5279d85_1.jpg

[メディカルトゥデイMyスターニュース ハム・サンボム記者]

俳優コ・ヒョンジョン、クォン・サンウがラジオにびっくり出演して話題だ。

二人はドラマ撮影による忙しいスケジュールにもかかわらず、

チョン・チャヌ、キム・テギュンの要請でSBSE!TV

‘TVコルトゥショ’にしばらく立ち寄って目を引いた。


コ・ヒョンジョンとクォン・サンウは'TVコルトゥショ'に出演して

現在6回程度の分量が残ったドラマ‘大物’に対するコメントとともに

ギリギリな撮影日程を伝えたし‘理由珍品名品’というコーナーで

コ・ヒョンジョンが直接味出るように理由を読んで熱い呼応を得ることもした。


また、普段'TVコルトゥショ'を好んで見るというコ・ヒョンジョンは

ラジオ スタジオを出て行った後にも長い間席を離れないでコルトゥの

ラジオ進行の姿を見守ったりもしたという後聞だ。

一方、‘TVコルトゥショ’は13日夜9時に放送される。

(kcabum@mdtoday.co.kr)




ラジオですか・・・・

SBSのホームページからPOWER107.7・・・・聞いてみました。


あいにく、聞けませんでした~~

聞けた方、いらっしゃいました?


あ~~  もう少し早く気がつけば良かったです~~(><)


とっても興味深い記事だったので、ヒョンジョンさんの記事だけど

御紹介します^^


ヒョンジョンさん、サンウくんと通じるところがある方でした。


何処か、似ていますね~^^



<スターアン・ジョー>[AM7]コ・ヒョンジョン

“芸能界真の‘大物’と? カムバック6年目…
からだ解ける時もなりましたよ”


2010-12-13 09:06

20101213MW08541139222_b.jpg


ドラマ‘善徳女王’で新羅時代女性政治が‘ミシル’でテレビ劇場を勝手気ままにした俳優コ・ヒョンジョン(39)が今年はSBS ‘大物’で大韓民国最初女性大統領ソ・ヘリムでまた他の‘コ・ヒョンジョン票カリスマ’を吹きだしている。 時には地軸を揺さぶるほど号令するように感情を吐き出して、時にはこれをぎゅっとかんだままギュウギュウ押してしずめる繊細な演技で視聴者たちから‘神懸かりの演技’という評価を受けている。

ドラマ‘大物’は序盤作家とPD交替、特定人物との類似性論議で出発が順調でなかった。 最初の女性大統領の役割が負担になった彼女はこういう時期をどのように乗り越えたのだろうか。“突然製作スタッフが変わって紛らわしくて怒りもちょっと出ましたね。 私はカッとする性質があって問題と見なそうとしてもしましたし。 だが、新しいオシン監督様とスタッフが最高の方ばかりで、考えを変えました。 作品自体が重要なことじゃないの。 幸い視聴率が25%を越えて水・木劇1位にのぼって最後まで上手にしようと念を押しましたよ。”

特定人物を美化することでないかという指摘に対しても彼女はさっぱりしているように答えた。 “誰かを美化するということも現在眼に触れる女性指導者が何人おられると出てくる言葉違いますか? 比較対象がなかったとすれば私たちのドラマはそれこそファンタジーだったでしょう。 かえって現実と可能性があって説得力もできて女性視聴者らに代理満足度与えることができたと思ってさらに熱心に演技しました。”

‘大物’は過去時代回想中心であった政治ドラマとは違って現在進行形の話に女性大統領の活躍像を描く。 ソ・ヘリムのような大統領を彼女はどのように評価するのか気になった。 “ソ・ヘリムはまっすぐな性分に庶民を優先で考える正しい人物でもあります。 だが、その人物の大きさでは大統領をするにはちょっと危険じゃないですか? 代わりにソ・ヘリムのような人物を右腕左腕で起用することができる本物指導者が出てくればという風です。”

彼女はミシルに続き‘大物’でも視聴者たちから‘コ・ヒョンジョンであるから可能な役割’ ‘また生き返ったカリスマ’ ‘真の芸能界の大物’などの好評を受けている。 “とても感謝します。 1995年‘砂時計’以後10年ぶりに復帰したて、ミシルとソ・ヘリムに会いながら良い反応を得たようです。 ミシルはとても良かったし今でも時々その女に会いたいです。 ソ・ヘリムは愛憎も、宿題もたくさん残ることはキャラクターがよいと思います。 カムバックして6年なのにもう体がほぐれる時もよかったのではないですか?”

彼女は撮影環境改善などに関したびたび声を出すと知られている。 実際にリーダーシップが強い性格か尋ねたところ、手で遮って磊落に笑った。 “リーダーシップはさて置き私は幼いころからからだが弱くていつも一人でいる子供でした。 そのように見られるのはリーダーシップが強い役割を受け持ったので、まともに消化しなければならないことだけでしょう。 そして現場で要求したのは出演料上げてくれということではないでしょう。 私がちょっと非難を受けてもきれいな環境でもう少し気楽に演技できるようになれば良いでしょう。 私がラクビーのボールのような面があっていきなりあちこち歩き回っておせっかい(口出し)したところそのような話が出たようです。 ハハハ。”

すべてに率直だから艶がないという言葉をしばしば聞くという彼女は自身を“ユーモラスで茶目っ気の多い人”と表現した。 “私、‘いつかご飯一度食べよう’と、言葉だけ言う人を嫌います。 そういう話すれば必ず食べなければならないですね。 称賛を受けても‘具体的に何が良いか’と問い直します。 そうしたら艶がないという言葉をたくさん聞くが、親しい人々は私が何か感情があって、それといって考えません。”

彼女はドラマで呼吸を合わせているチャ・インピョとクォン・サンウに対する言及も漏らさなかった。 “チャ・インピョ先輩のファンになりました。 この仕事をしながら個人的に‘紳士’は別に会えなかったが、インピョ先輩は紳士の中の紳士です。 また、サンウには感動でない感動を受けましたよ。 演技の感が良い数少ない俳優でしょう。 チャ・インピョ・クォン・サンウという良い相手役に会ったのも‘ヘリム’に会ったことぐらい私には大きい収穫です。”



コチラ



似ている部分があると書きましたが、それは率直であるところです。


記者会見の時「そこ、静かにして下さい」って、記者に注意をしてしまったり・・・(笑)

ある意味、大御所様ですね~~(笑)






今夜はとても冷えます。


サンウくんの、暖かい眼差しで、暖まってくださいね^^


カーキ5
(クリックすると大きくなります)


おやすみなさい^^


クォン・サンウ出演番組 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
大統領対決
おはようございます^^


どんよりとした空。

西の方では雨ですか?


1週間の始まりが雨なのはちょっと・・・・ですが・・・・

私は、雨は好きです^^  へそ曲がり?(笑)

なんだか、優しい気もちになれるから・・・・



さて、楽しみに見ている「大物」、来週で終わりです。

ますます佳境に入って来ました。

ドラマの予告は、もう一つの方に書きましたので、お読みください。



そして、先週「逃亡者プランB」が終わり、KBSさんで

新番組「プレジデント」が始まります。


視聴率、あまり気にしたくはないけれど、同じく政治物。

ちょっと気になるところです。



プレジデントvs大物、居間の大統領選挙競争勝者は?

2010-12-13 03:56

[ソウル新聞]

SSI_20101212152831_V.jpg


水・木テレビ劇場の大統領選挙競争が激しくなる展望だ。

KBSは来る15日から‘逃亡者’後続で新しい水木ドラマ‘プレジデント’を放送する。

この作品は大統領選挙を素材にしたうえに同時間帯放送されるという点で

現在の視聴率1位を走っている‘大物’と正面対決が避けられない。


3選国会議員チャン・イルジュン(チェ・スジョン)が党内選挙戦を経て

大統領になるまでの過程を描いた‘プレジデント’は大統領選挙に挑戦した

既成政治家の人間的苦悩に焦点を合わせて

女性大統領の誕生期を扱った‘大物’と差別化するという戦略だ。

政治過程と共に個人家族史が話のまた他の中心軸を形成するのも特徴だ。


キム・ヒョンイルPDは“映画‘大物’がギャング映画ながら家族ドラマのように

私たちのドラマは大統領が私たちのような人間だと話すドラマ”としながら

“‘大物’は家族よりはメローが強調された。”と差異点を説明した。


チェ・スジョンの相手役のチョ・ソニ役には実際の夫人のハ・ヒラが出演する。

チョ・ソニはしっかりしている与党主義者であり大学教授で

優れた政治感覚を前面に出して夫の選挙運動を積極的に導く。


チェ・スジョン・ハ・ヒラ夫婦が一つの作品に出演するのは

結婚前の1991年映画‘星が光る夜に’以後19年ぶりだ。


チェ・スジョンは“家の門の外に出る瞬間、ハ・ヒラは俳優ハ・ヒラだ。”

としながら“ハ・ヒラ氏とは家で一度もセリフを一緒に合わせてみたこともなくて、

今までしてきたように現場でリハーサルをしながら相手役に対して知っていく。

夫婦間で対立する場面が多いが本当に目に目を血走らせながら戦う。”と話した。


夫が相手役なので初めに出演提案を固辞したというハ・ヒラは

“チョ・ソニは夫を通じて強い野望を成し遂げようと思うが

同時に野望が家族の価値を越えることはできない女”としながら

“100%分からないふりをする訳には行かないが

現場にきては夫と俳優対俳優で会う。”と話した。


この他にもチャン・イルジュン、チョ・ソニ夫婦の息子役は、

グループ‘スーパージュニア’のソンミンが引き受けたし、

チャン・イルジュンの隠された息子のユ・ミンギは

グループ‘TRAX’のジェイが引き受けた。

チャン・イルジュンの随行秘書であり養女のチャン・インヨンはワン・ジヘが演技する。


‘プレジデント’の原作は日系米国人が米国大統領になるまでの過程を描いた

日本の川口カイジの漫画‘この文’だ。 人物と状況は韓国特性に合わせて変えた。



油断大敵ですが・・・・

「大物」は、すでに視聴者の気持ちをがっちりつかんでいると思うので、

大幅な下落はないと思います。


あとは、本放送で、しっかり見て貰うことですね~~

録画や、ネットのタシボギや、再放送じゃなく・・・・


ヒョンジョンさん、サンウくん、もうひと頑張りですね~~^^


ファイティン


韓国ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
お出迎え考
「げっ・・・・」


今日12月12日。 リダがジュンジョン氏に連れられて、日本にやってきましたね・・・


「げっ」・・・は、YouTubeに動画が上がって来ていて・・・・


それを見た感想です。



(お借りしました。ありがとうございます)


歓声がジュンヨンシ~ と、ヒョンジュンシ~ が同じくらいに聞こえたけれど・・・


二人とも、ゆっくり挨拶しながら ファンの前を歩いてくれる。

(サンウくんも、このくらいはしてほしい~~!)


とりあえず、タッチしようとする人は皆無。


新しい羽田、外でもお出迎えできるんですね~~

外に並ばされた・・・とも言える(爆)。


周りの景色を見ながら、ここがどこか頭の中でグルグル想像してみました。




それにしても凄い歓声。


cちゃんも、行ったのだろうか・・・・



ヨンジュン氏には申しわけないけれど、なんだか、ヨンジュン氏が

リダ(ヒョンジュンくん)の保護者のように見えて・・・

スターの世代交代を感じました。



もちろん、今もペ・ヨンジュン氏が日本では相変わらずNo.1であることには

違いはないけれど・・・・




動画を見ながら、そっと二人をサンウくんに置き換えて見てしまった

natuなのでした

今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。