FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
韓国記事にもなりましたが、間違いでした(訂正)
先入観と思いこみ・・・・

これはどちらも、真実を見誤らせるものですね。

セシリア・チャンさんのデマ情報をうのみにして、掲載して

そのまま気がつかなければ、特定の個人を傷つけていたと思うと

ひやりとしました。


最近、国際情勢でも国境問題など、とてもデリケートな部分があって

つい、やはりと思ってしまった次第です。


なかなか・・・・


個人でも、国同士でも、文化や価値観の差異は越え難いものがありますね。


続きは、櫻井よしこさんのご意見です。


(誤った記事は削除させて頂きました)





⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
Repeat I LoveYou
突然ですが、私が初めて覚えた中国語は、

“ウォー アイ ニー”です(笑)。

多分、中学生の頃、お名前は忘れましたが、日本でデビューした台湾系の歌手の方が

こんな曲名のレコードを出され、時々テレビにも登場していたように記憶しています。


ウォー アイ ニー は、I love you なんだ・・・・って^^

以来、中国には全くご縁が無く、最近サンウファンになって、

初めて、時々中国語を目にするようになりました。


漢字で、なんとなくニュアンスはつかめますが、

翻訳機にかけても訳が分からず、ほんとうに中国語は難しいです。


なので、中国記事はとても苦手ですが、あちこちからお借りして来ました。


まず、最初に、『Repeat I LoveYou』のもう一人の共演者さんの御紹介から・・・・



もう一度「愛している」・・・・Repeat I LoveYou
春誠(ディン・チュンチェン)とクォン・サンウは初めて協力します
《Repeat I LoveYou》スタート

(2011-05-10 09:23)

もう一度 愛してる


《Repeat I LoveYou》は香港の名監督の関錦鵬(スタンリー・クワン)の最新の商品の製造を監督する映画で、先日主演の丁春誠(ディン・チュンチェン)、クォン・サンウと女主人公の張柏芝(セシリア・チャン)を携えて深センで撮影をスタートさせて、台湾の丁春誠(ディン・チュンチェン)と韓国のクォン・サンウの初めては協力で当一大のスポットライトになります。



丁春誠(ディン・チュンチェン)はモデルでデビューしてから業を獲得した内に専門の人は賞賛します。

黒い枠の眼鏡の彼を連れて深くて予測できないで、眼鏡を取ってまた突然利口でかわいくなって、この2つの異なるタイプは実に丁春誠の一人の身は現れ出て、人をさせるのは非常に好感です。

更にある人は残忍な話をおろします:丁春誠(ディン・チュンチェン)は今後万人の謎になることを運命付けます。

映画《Repeat I LoveYou》の中で、丁春誠(ディン・チュンチェン)は依然として富む家の少しの星の環を抜け出していないで、劇の中でとクォン・サンウは良い兄弟で、2人の相手の劇はその時暮らし向きが感じがな上からすべてとてもすばらしいことを見るのに関わらず、逃すことを許しません。

丁春誠(ディン・チュンチェン)の劇の中はその年《花より男子》の道明寺になることを否定しますか?


たくさんの観衆は丁春誠(ディン・チュンチェン)を知って、彼のモデルの生活からで、あの時の他と高以翔、陳紹誠、藍鈞天はメディアそしてに台湾の“流行するF4”と称されます。

そのため後で、丁春誠(ディン・チュンチェン)の出演した多い部のアイドルの劇。

今回の愛情の映画の中で、丁春誠(ディン・チュンチェン)の機知に富むせりふ、ものぐさの表情、負けを認めない個性、強烈なのが占有してすべてその年《花より男子》の中の道明寺と似ている地方がありたいと思う、最も似ているのは彼らは心から愛する女に対してあのようなが執着することがで、間違いなくて、丁春誠(ディン・チュンチェン)の劇の中に劇の外に個はとてもsenseの人がいます!

  《Repeat I LoveYou》は関錦鵬(スタンリー・クワン)のまた1力作で、役者と製作のスタッフの陣容の豪華なのはしっかりしているあなたの目をつかむことができて、あなたの心を捉えて、だからこの映画は絶対にみんなを失望、以後の事を予知してどのようですか、どうぞ映画《Repeat I LoveYou》のシリーズの報道に引き続き関心を持ちます。




もう一人の主役、ディン・チュンチェンさん。

あちらでは、美男俳優さんで通っているんですね。

兄弟役だそうですが、この写真で見る限り、似ていらっしゃるような・・・・^^;



続きは、ぼやき です^^;

(誤った情報は紛らわしいので削除しました)
⇒ 続きを読む
クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |