FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
サンウくんから メッセージ
今日、午後1時、CSWSにサンウくんの名前でメッセージがありましたね。

一部、御紹介します。


こんにちは サンウです

いろいろ皆さんが御心配なさるようで文を残します

映画関連で途方もない記事がでまわっていますね^^

良い雰囲気の中で、張柏芝氏も親切で・・・・・

~~~略~~~

監督様ディレクターすべてのスタッフらが私にやさしくて親切です

心配しないで、私の話に耳を傾けて下さい


天上の皆さん.......愛してます



冒頭、상우입니다 と書くところを、상웁니다 と、自分の名前を間違えるような

ちょっと不思議な間違いをしているので、

凄く焦ったか、サンウくんが言う言葉を電話で聞きながら

どなたかが代筆したような気がしますが、

ま、これは、悪いデマが広がって映画の興行に左右しないよう

かなり焦って、載せたメッセージだと思います。


やはり、一ファンによる誤った中国記事が、そのまま韓国へ渡り

日本に渡ってきたんですね~~


やっぱり、憶測や噂ってこわいですね~~。


私も、韓国記事になるまでは、半信半疑でしたが・・・・

韓国記事を信じちゃいましたね・・・・(苦笑)。


反省。


それにしても、あの記事、本当じゃなくてよかったですね~~^^

実はね、昨日の夜心配で良く眠れなかったんです~~(笑)

チャン・ペクチさんの名誉回復のためにも、メッセージを

くださって、本当に良かったです。



スポンサーサイト



クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
日本で上映???
夏日があったかと思うと、昨日は3月の気温。

お天気が不順ですと、体調も何やら今一つ。


今日会議で一瞬居眠りしてしまい、眠気覚ましのために、

発言をしてみました。

みんな、早く帰りたいのに、あそこで無味な発言をしたものだと

あとから反省しきり。

寝ぼけていたので許してとも言えず、自己嫌悪です。

お話をただ聞く会議は苦手です。


さてさて・・・・・


韓国記事ですが、どうということのない記事だと読んでいたら

最後のところに、目が釘づけ。


クォン・サンウ、スーパーカー'スピラ'と映画を作る


1305177107211.jpg


記事入力:2011.05.12 15:04

オンラインニュースチーム パク・イェウン記者press@xportsnews.com

俳優クォン・サンウが映画でスーパーカー'スピラ'とともに映画を撮る。

俳優クォン・サンウと張柏芝出演で話題を集めている映画'リピート(Repeat)愛している'で

公式協賛でスピラは、劇中クォン・サンウの車両で登場して去る4日から本格的な撮影に突入した。

'スピラ'は韓国時間で12日ドバイで開かれる'ドバイ チューニングショー'に参加して耳目が集中しているスーパーカーだ。

一方、映画'リピート(Repeat)愛している'は今年の下半期中国を始め韓国、日本などで封切りする予定だ。



早くも日本でもとは、気が早いですが、何かすでにそんなお話が出ているのでしょうか。


日本に来たら見に行きますが、わざわざ中国までは行かないかな^^



その前に「痛み」は是非日本でも見たいです。


サンウのカマーベルト、かなりさまになっていますね^^


NISI20110512_0004517488_web.jpg

韓国のスーパーカーですか・・・・


国産手製スポーツカー'スピラ'中国に続き中東へ行く

最終修正2011.01.10 10:09記事入力2011.01.10 10:09

[アジア経済キム・ヘウォン記者]

国産手製スポーツカー'スピラ'中国に続き中東へ行く

最終修正2011.01.10 10:09記事入力2011.01.10 10:09

2011011010065762362_2.jpg

[アジア経済キム・ヘウォン記者]

オウリムネットワークス(代表パク・ドンヒョク)は去る7日中東へ向かうスピラを初めての船積みした。

オウリムネットワークスは昨年9月末中東地域の自動車輸入総販売社のTASRAと

ドバイ輸出契約を結んだ後初めてスピラSを船積みしたと10日明らかにした。


今回の輸出車両は近い将来ドバイにオープンする予定の売り場に展示される。

2011011010065762362_1.jpg

TASRA社との契約は3年の間最小50台以上のスピラをドバイ地域に販売および

AS総括するという内容で期間はさらに延長可能だ。

パク・ドンヒョクオウリムネットワークス代表は"昨年末上海スピラ展示場オープンと

マレーシアCKD生産許可などと共に今回のドバイ スピラ初めての輸出は

今年スピラ海外進出の良い出発点になったようだ"として

"中国、東南アジア、中東での新しい出発のためのネットワークが完成されている"と話した。




スピラって、どんな車?ということで、コチラから記事をお借りして来ました。




韓国初 最高速度315キロのスポーツカー SPIRRA EX


20100330115823864h2_141312_0.jpg

spirra十数年開発期間をかけた国産オーダーメイドスーパーカー「スピラ」が販売を開始した。

プロト自動車が開発をスタートして以来オウリムモータースの手が加えられたスピラは、国産スーパーカーを開発しようとした彼らの念願だったものだ。

国内最初のオーダーメードスーパーカー「スピラEX」を発売前に乗ってみた。

■圧倒的な低さの典型的スーパーカー
低く広い車体は典型的なスーパーカーの姿だ。車体はカーボンファイバーで製作されており乾燥重量で1200キロあまり。フロントアエダム、サイドスカート、リアディフューザー、エンジンルームカバーなどがシャープな作りとなった。室内の完成度はより高まった。皮で覆われた室内にはブルートゥースとナビ機能などが搭載されたPCが積まれている。4点式ベルトのバケットシートに座ると、まるでレースカーに乗った感じがする。シートポジションはとても快適で視野も広い。インテリアは顧客の好みにより変更可とのこと。



◆最高速度315km/h,安定性は素晴らしく...

スピアはスーパーカーとして普遍的なミッドシップレイアウトを採用し、シャープなハンドリングと優秀な車体バランスを誇る。 また、V6 2.7ℓツインターボエンジンは420馬力で、チューニングを施すと500馬力/55kg·mまでパワーアップ可能。エンジンをスタートさせると太いエンジン音が後ろから聞こえてくる。加速を始めるとあっという間に100km/hを突破した。0-100km/hは3.5秒、最高速度315km/hに達し、高速安定性も十分だ。
サスペンションは路面を正確にトレースしつつも柔らかく、長距離走行にも耐えうる。前6ピストン、後ろ4ピストンのブレンボ製ブレーキは強力な制動力を発揮する。

長期に渡るテストを繰り返しただけに、完成度は高いが、ベースとなる現代の V6 2.7ℓ デルタエンジンが価格に対し残念な点だ。以後リリース予定の電気版スピラと700馬力の高排気量モデルに期待がかかる。スピラEXの価格は1億6000万ウォン。注文製作のため仕様により7900万~1億6000万ウォンまでとなる。




スピアはプロト自動車の車らしいです。


なんか、何処かで見たようなスタイル。

イタリアのデザイナーでしょうか。


スーパーカーとしては低価格?



車に癒されているかな? サンウくん^^


クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
原発事故から2カ月
昨日、5月11日で震災からちょうど2か月がたちました。

犠牲になられましみなさまに、心からの哀悼の意を、申し上げると共に

被災された皆様が、一日も早く心穏やかな普通の日常を取り戻せますよう

お祈り申し上げます。




あれから、2か月・・・・

私は、まだ、現実には思えないような、いえ、20年も前から予想していたような

いまだ霧の中をさまよっているような、感覚です。


今日、こんなサイトを知りました。

ジャーナリズム マスコミが報道しない真実は。。


2011年4月19日 (火)

日本の原発事故用レスキューロボットを全破棄したのは、小泉政権だった

三菱重工業が02年に開発した 原発レスキューロボット「MARS-1」開発から1年後の03年に、

原発は安全、事故は絶対に起きないという小泉政権の方針により、すべて廃棄されたのだ。

原発ロボットを仕分けたのは自民党小泉政権だった。

日本を再帰不能にした小泉政権。その負の遺産は留まる所を知らない。

あの悪名高き原子力保安院 (原子力を監視する筈なのに推進している不思議な団体) も小泉時代の産物であることを付記しておこう。




もとをただせば、福島第1原発の広大な敷地約99万平方㍍の土地転売で、

巨額の富を手に入れたのが、自民党の大物議員であった堤康次郎。

福島原発は最初から自民党政治家の利権ありきでスタートしていたそうです。

そして、事故の対応を遅らせたのが、危機管理能力ゼロの、かの総理だった。


そう言っては何ですが、自民党さんは現在の民主党の対応の悪さを批判出来ない立場です。

種をまいたのは、ほとんど55年体制なのですから。


無力だった野党も決して褒められはしませんが、この状況を招いたのは

原発を推進してきた政治と経済会。

それに賛同してきた、大方の私たち大人の責任。


これから本当の意味で付けを払わされるのは、未来を生きる子どもたちです。


そう考えるたびに、申しわけなさでため息が出ます。



でもね、希望さえ失わなければ、様々な困難を切り開いていけると思うんです。

起こってしまったことを後悔や批判ばかりしていても前へ進めないから、

ここは、政争なんてやめて、協力して行くべき時です。


それなのに、政権奪還のチャンスとばかり、しかとする

何処かの党首さんのお顔を拝見する度に、本当に腹が立ちます。

現総理のお顔を見てイライラするよりもっとね。


もうね、政治を当てにしないで私たちが頑張らなければね^^

みんなの力がまとまれば、きっと動くと思うんです。


まずは、東北地方の復興と、原発の問題。


注目しながら、協力して行きましょう。



できたら、誰か何かを批判する形ではなく、

プラス思考で進めたらと思います。




今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
| home |