FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
中国記事から・・・・
暇な日は、際限なくPCの前に居たくなって困ります^^


中国のサイトを訪問して、ちょっとだけ、文と画像をお借りしてきました。


この管理人さん、確か、福岡のファンミにローソンのチケットを持ってらして

私に、このチケットで入るにはどの口から入ったらよいの?と、お尋ねになった方だと思います。


中国ペンさんだとすぐに分かりましたが、なかなか言葉が通じなくてこまりました。


やがて、ローソンチケットは左の方と分かりましたが、

あの混乱は、大変でしたね。


さて、撮影現場の雰囲気はとても良いとの書き込みです。

私は今日の午前に深センに行きました.相佑の近い身の従業員とこのこと'を調べたことがあって彼によって表しています.相佑とコノテガシワのは相手の劇を演じて、役に立たない身代わり、(あれがスタントマンが責任を負い試演の役者を歩くのなのではありません)

彼らは対話の方法を交流して、対話の長さの音声を聞くで見分けるので、居合わせる従業員は、彼の2人(つ)組の劇はすべて演じるのがきわめて良くて、完全に言語の0交流の公演なことと感じません.と語っています。




そして、中国のミニファンミについての記述です。

会見はすでに向こうへ行って10日整えて、思い出し始めてそれでは感動して、興奮する時間は依然として動悸がやまないので、忘れがたいです~~~

今度の順調な深センの行、まず私達の愛によって、あなたの手助けの大変な苦労があって、親の達に夢判断をさせる機会があって、親愛なる、私は親の達の心からに代わって1つ言います:“ありがとうございます愛愛、お疲れ様でした!”


すべてそんなにの突然さと慌ただしさなため、今まで私はすべてこのすべてが本当かどうかを疑って、多少多分いくらかあるつもりなのが粗くてあまりきめ細かくなくて、しかし相佑は今後中国の発展を継続する時、私達はまた第2次あって、第3回の待つ機会、時まで私達蓄積の経験、完備はそれによって私達は旅を加護することに会います。


愛相佑の方面と打ち合わせることを始める時知らせを受け取ります:相佑はご多忙中暇を抜き出して一回みんなに会うので、小型の対面を求めて、人数は20人を上回って相佑の方面の決定を尊重するため(実はすでに40人~~~に接近した)を左右してはならなくて、だから私達は人数を減らして再び減らします。日FANSの疑った相佑のある中国の人気ではありませんて、もし計画に基づくならば、規模がある組織の会見、私は誇らしい日謎に対しては言うことができます:私達の中国 FANS相佑の愛のほんの少しが見劣りがしないについてあなた達の日でFANS~~~

《再び》劇は鳴り物入りで撮影して、相佑の中国でのすべては彼のFANS各方面の支持と配慮を必要として、だから、親の達、行動し始めて、相佑のため、相佑のある中国のためにのすべて順調で、私達は頑張ります!


中国でファンミを開いたら、20人しか集まらなかったのではなく、

40人を超えていたが、サンウ氏側の希望で20人に抑えるようにと言われたそうです。

これから、サンウ氏が中国で活躍するにあたって、中国ファンは頑張りますからね!

と、そんな感じのコメントですね。

日本のファンミと比べてしまう中国ファン^^

気にしないでね^^


中国で人気が爆発したら(笑)、きっと有料大規模ファンミを開くと思います^^

楽しみにしてますね~~♪


その時は、私も、参戦しようかな^^



昨日の深夜に上げて下さった、写真です。


d0bfb47944bfeb14905807e8.jpg
シンセン

マックかしら~~

どうやら、サンウくん、中国の脂っこい感じのお料理がお口に合わなくて困っているらしです。


韓国の方は、さっぱりしたものがお好きよね~~♪



ほら、しゃぶしゃぶとか・・・・

お刺身とか・・・・

お寿司とか・・・・


う~~ん・・・

外国生活は食べるものに苦労しますね~


ありがとうございます! 愛愛愛权さん♪  迷迷迷权さん♪



スポンサーサイト
サンウについて | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
今日の韓国記事
退屈な転載記事で、すみません。


韓国記事でちょっとサンウ関連のをご紹介します。

『天国の階段』で、ユリとテファの実の父チョルス役ででていらした、

チョン・ハニョンさんの記事です。

文中、スロットマシンとあるのは「パ○ンコ」のことでしょうね~^^


とっても、ユーモラスで、思わず笑ってしまう記事でした。



チョン・ハニョン"私も韓流スター"日本でクォン・サンウより人気さらに高い?


20110512174117_4dcb9d2db599f_1.jpg

Myスターニュース ユ・ジユン記者

入力日:2011.05.12 22:31

俳優チョン・ハニョンが自身が韓流スターであることを証言した。

12日放送されるMBC ‘思い出が光る夜に’からは若さの行進MCであったソン・スンファン、ワン・ヨンウンと当時作家であったチョン・ハニョンが共に出演してその当時の話とともに自分たちの全盛時代に対する話を交わす。

チョン・ハニョンは“天国の階段が日本で大人気を呼んだおかげで私も韓流スターになった”として“日本に天国の階段出演者で作ったスロットマシン ゲーム(同じ数字や絵を合わせるゲーム)があるが、クォン・サンウより私の顔がさらにたくさん出る”と冗談を言った。

引き続き“クォン・サンウにはお金がたくさん関わっていて私は小銭程度のお金の外には関わっていないと当然確率が高い私の顔がさらにたくさん出るほかはないではないか”と話してスタジオを笑い海で作った。

一方この日放送では‘若さの行進’放送途中起きたペ・チョルス感電事故当時くらっとした話を聞くことができる。



肖像権・・・・ うふっ。


続きは芸能人の2世の話題。

⇒ 続きを読む
韓国芸能界 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
こんなとき とても可愛いと思ってしまうのです
昨日のメッセージ、いつものお手紙と少しスタイルが違うので、

今朝、ちょっとCSWSのサンウくんの過去メッセージを

さかのぼって読んでいたら、ほんとうに懐かしくて、

ウルウルするくらい愛おしくなりました。


それでね、2005.01.13. 07:35に書いたメッセージったら・・・・

自分の名前を「상ㅇ우」って書いてるの^^

ㅇを1回多く打ち過ぎちゃったのかなと思ったら・・・・(笑)


もしかしたら、こんな表記が流行っていたのかもしれないけど・・・・

細かいことが嫌いな大ざっぱなサンウくんだから、打ち間違えても

気がつかなかったんじゃないかと思ったら・・・・

なんだか、可愛くて 愛おしくて・・・・


あ、この日のメッセージは『悲しき恋歌』が、4回目に入って、

いよいよ面白くなるので、たくさん愛して下さいって^^


私は風邪をひいたみたいだが、みなさんは風邪に気を付けて下さいって・・・・



『悲しき恋歌』・・・・・

ほんとうに、一生懸命撮影していたんですね~~^^


私は、リアルタイムでは、後半のころからしか観られなかったのですが、

今、あの頃が無性に懐かしいです。

物凄い勢いでサンウくんを好きになりかけていた頃で・・・・


おもえば、彼の俳優人生の初めての困難に立ち向かった頃に好きになったんですね~


あれから、サンウを知りたい、韓国を知りたい、韓国語を知りたいと・・・・

もう突進して来ましたが・・・・もう、ファンになって7年目に突入したんですね(笑)。


普通の恋愛なら、この辺で浮気・・・・ですが(笑)、

なにしろ、永遠の片思いなので進展が無いから・・・・・(爆)


相変わらず、ネットで追いかけています^^


生身のサンウくんを追いかけるのは・・・・、ちと苦手^^;


あ、そうそう、今朝がた珍しい夢を見ました。


ソウルでファンミがあるというので、お友達yちゃんと、

韓国の空港に着いたら、なんと数人の顔見知りの韓国ペンさんがいらして、

私たちと合流してきたんです。


「日本のファンミに私たちも参加してみたいから来ちゃいました」みたいな・・・・


夢の中で、ほんとうにびっくり。

「韓国ペンさんが有料のファンミに参加するなんてありえない!」と、

夢の中で呟いていましたよ。

でも、なんか凄くうれしくて、幸せな夢でした。


目が覚めて、やっぱ「ありえない」と、苦笑いしました。


追いかけるのは苦手と言っても、やっぱり「来てね」と言われれば、

何処へでも万難を排して行きたくなっちゃう・・・・(苦笑)。

相変わらず、パボな私です。


ところで、2005年の1月13日の韓国の第4話。

横断歩道の信号で、ジュニョンが、「ヘリナ~」と叫ぶが、

へインはウォークマンで音楽鑑賞中。

呼んでも呼んでも聞こえない。

ヘインが気がつかないまま、ダッシュしてきたジュニョンと

横断歩道上で抱き合う二人。



あそこがある回ですね^^

その頃の書き込みを見ると、みんな視聴率の事をとても気にしていて

14%で惜しい。 20%台にしなくちゃと、ファンが躍起になっているようすがわかります。


視聴率は悪かったけれど、『悲しき恋歌』は、私には大切な作品です。



サンウについて | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。