FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
ちょっと疲れたので 一休み^^
今回の映画は、サンウくんには10作目で監督さんにとっても10作目とか。

なので、10(テン)10(テン)プロジェクトって言っていたとか・・・・


多分、サンウくんにとって最初の舞台挨拶は「同い年の家庭教師」、次が「マルチュク青春通り」だったと思います。

ただ、この頃は、今みたいな舞台挨拶があったかどうかは不明です。

完全に記録に残っているのが「恋する神父」から。

そして、「野獣」。


私は、この2作は、日本に居て映像で舞台挨拶を見ました。


私が自分の目で、サンウくんの舞台挨拶を見たのは、「青春漫画」から。

続いて「宿命」、「悲しみよりもっと悲しい物語」、「戦火の中へ」と続きます。

そして、今回の「痛み」。


どれも、一生懸命精一杯舞台挨拶に臨んでいましたが、

私が見た中で、今回が一番素晴らしかったです。


OSTを会場のみなさんに渡すと言うイベントを丹念にしたことと

MCにキム・ヒョンジョンが来て下さったり・・・・


何よりも、サンウくんが落ち着いていて、穏やかで、大人になってました。

リョウォンさんも気取りがなくてとてもチャーミングでした。



上映中の映画館の反応も、クスクスと笑ったり、どっと笑いが溢れたり、

「オットケ~」と、一緒に心配したり、

「あ~!」と、ため息をついたり、シクシク泣いたり・・・・


とにかく会場の反応がとても良かったです。


そして、とにかく演技が素晴らしかったです。

サンウは実はナムスンだった・・・と、言われたら信じてしまうような、

深い説得力がありました。

ただ、秋夕に家族で楽しく見るような映画ではないので

興行的には今一歩ですが、映画としては素晴らしいので

息長く親しまれると思います。



さて、一昨日、日本では「中秋の名月」で「十五夜」でした。

綺麗な月でしたね。

買い物の帰りに写してみました。

月


望遠にしました。 なにしろただのデジカメなので、この程度です^^

月2


11日の夜は、十五夜の前の日のことを「小望月」とか、「待ち宵月」とか言うそうです。


最後のヨンサンでの「痛み」を見てから帰ったソウルの夜空の天上近く、

その「待ち宵月」が輝いていました。


満足感いっぱいの 月でした。


満ちる直前の月・・・・なんて素敵なんでしょう♪



この数日、」家のリフォームから始まって、ソウルへの旅行。


ちょっと疲れて、みなさんにお送りすべき物をお送りしていなくて

ほんとうにすみません。


もう少しお待ちくださいね^^




お友達が、先日の宮根さんの番組のサンウくんをとても素敵だったと

褒めて下さいました。

昔より素敵になっているって・・・・^^


「レディプレジデント大物」も私の家の辺りでは話題になっています。


ひとまず、嬉しいことばかりが続きます。

今日、公式ファンクラブからDVDが届きましたね^^


昨日は、会報も届きました^^



ほんとうに毎日嬉しいことばかりです。


でも、被災地のことを思うと・・・・


この落差は、つらいです。


つまらないエントリーなので、もしかしたら、明日の朝下げるかもです~~(苦笑)。





スポンサーサイト



今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
「痛み」興行 中間結果
「痛み」1週間で、累積観客数43万9550人。


ちょっと残念だけど この調子で行けば150万は行きそう・・・・と、

私は予想しました。

ほんとうはね、300万行ってほしいけどね^^


じわじわとロングランになって、2ヶ月くらいしてくれたらいいけど・・・・

200万突破は一つの目標ですね。



秋夕(チュソク)以後国内劇場街韓国映画が掌握


2011-09-15 08:16

秋劇場街に韓国映画が善戦している。

コメディ映画‘一族の光栄4-一族の受難(以下一族の光栄4)’が

秋夕(チュソク)連休以後継続して1位を維持しているなかで、

‘最終兵器弓’が立場観客600万人を渡したまま恐ろしい速度で突進している。

15日現在2位で、15日午前映画振興委員会の

映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば

‘一族の光栄4’は去る14日12万3171人を動員、

累積観客数1百62万7250人の観客を動員した。

映画の完成度面では大きい評点を受けることができなかったが

秋夕(チュソク)には‘家族映画=コメディ映画’という公式が力を得ながら

継続してボックスオフィス1位を占めている。


2位は‘最終兵器弓’で昨日一日の間10万8693人を動員、

累積観客数6百28万3590人で、韓国映画の強固なつっかい棒になっている。

また、4位はクォン・サンウ、チョン・リョウォンの熱演が引き立って見える韓国映画‘痛み’’で、

累積観客数43万9550人を記録中だ。

この映画は最近また上昇の勢いに乗りながら善戦が予想される。


これに比し外画(洋画)は去る7日封切りした‘パポシネペンギンら’が

昨日一日入場者5万6372人で、累積観客数45万3205人を記録しながら

3位に上がっただけだ。


関係者たちによれば、今週から国内映画界がオフシーズンに入りながら

外画が次から次へ封切りして、しばらく強気を見せると見ている。


イシューチーム ファン・ヨンヒ記者/ hee@issuedaily.com


ま、「最終兵器 弓」と、「一族の光栄4」は、私も見たし・・・・・


なんで、みんなが見るか分かる気はします。



私たちが見た分と、お友達から頼まれたチケット、

43万9550人に貢献しましたね♪


ちょっと、自己満足(笑)。

クォン・サンウ出演映画 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
「痛み」鑑賞の旅①
4泊5日と、比較的長めだったのですでに忘れかけている記憶も多いので

時間軸にそって、旅日記を書いてみようと思います。



旅にはハプニングがつきものというけれど、今回も色々ありました。

飛行機は、8日の19時50分発の羽田発金浦行き。

18時30分までに受付を済ませてということでした。



その日は、午後から会議があり、16時過ぎまで地元にいました。

なので、会議に出かける時はそのまま空港に向かえるよう

車に旅行鞄をいれてでかけました。


会議を済ませ、そのまま「横浜・横須賀道路」へ。

「湾岸B」で、空港中央を目指しました。


道路は夕方にもかかわらず良く流れていて、予定の1時間40分前に到着。

国際線のターミナルに隣接した新しい駐車場に停めました。

(駐車料金は4泊5日で5,500円。 お得です)


しかし、車の中で大変なことに気づきました。

持病の喘息のステロイドの吸入薬、残り「0回」の文字が!


家まで帰るには間に合わない・・・・


そこで、空港内にクリニックはあるか聞いてみると、ありました!


クリニック

国際線の1階のエレベーター脇に東邦大学の付属クリニック。

こちらで診ていただき、めでたく同じような吸入器を処方していただき、ほっ^^  

やれやれ・・・^^;

有難いです~~♪


クリニックは空いていて、私の前に旅行中にお熱が出たという若い男性が

一人いただけでした。

初めてのクリニックですが先生もスタッフも皆さんとても感じが良く

ほんとうに有難かったです。


そして、しばらく出発ロビーでお友達を待ちました。

そうそう、その夜の空港ロビーから富士山が良く見えました。

富士1

左のビルが国際線駐車場です。



富士を拡大。

富士2

日本人はやっぱり富士が好き^^


⇒ 続きを読む
韓国旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
| home |