FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
今日のつぶやき
こんばんは^^

明日、25日(日)にわが街に、

「なでしこジャパン」の大野忍選手、川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手が

やってきて、凱旋パレードがあります^^



この三人は、うちの街の出身だったり、うちの街のチームに在籍していた皆さんです。

うちのまちは、地味な目立たない市ですが、やたらスポーツが盛んです。


ですが、私は、連日の義母の介護と留守宅の管理でバテバテなので、

参加しませんが、みなさん大歓迎なことでしょう^^

なんて、言いながら 行ってしまったりして~(笑)。

だって、すごく元気にしてもらえたもの~^^





そして、今日、やっと

お友達から1年前位からお借りしていた「ホン・ギルドン」を

見終わりました。


途中何度も挫折して・・・・

1,2話見ては、何ヶ月もあき・・・・(笑)。

最初の頃のことはあまり覚えていないまま、それでも8話くらいからは

一気に見て・・・・

この4日ほどで、自由時間はほとんどギルドンのために使いました(笑)。

いえ、グンちゃんか?

それとも、ソン・ユリちゃんが可愛かったからか・・・・?


ま、めでたく、今日最終話を観終わりまして、


cちゃん、ありがとう! やっとお返しできます!



どうやら、私は時代劇があまり好きではないようです。

ただ、サンウくんの時代劇は是非一度見てみたいです^^





今日、サンウくんは予定通り舞台挨拶に 松葉杖で出たのですね。


お友達ブログで見せて頂きました^^

日本からも、ファンがちゃんと駆けつけたんですね~^^


休めと言われても・・・・

これじゃ、休めない。


お気持ち分かります。


前評判もよかったけれど、ままならないのは興行数です。


努力にちっとも比例していない現在までの成績。


私たちも、精一杯頑張ったけど・・・

イルボンペンの限界ですね~


興行実績は続きです。


でもね、ほんとうにとってもよい映画でした。


演技は褒められたけれど、なんだか・・・・




⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
張柏芝さんへのエール  そして、フンナム比べ
珍しいニュースでもないんですが・・・・

これからはしばらく、中国作品で頑張りますというお話。



クォン・サンウ“張柏芝、それくらいのことで、崩れる俳優ではない”理由は..


2011-09-24 08:12:36


[ニュースエン ホン・ジョンウォン記者]

201109231229401003_1.jpg


俳優クォン・サンウが共に作品で呼吸を合わせた中国トップスター張柏芝(写真右側)の人気に舌を巻いた。

クォン・サンウは最近二編の中国映画に出演した。 張柏芝とは‘リピート愛している’を撮影したしジャッキー・チェンとは‘十二生肖’(別称:龍兄虎弟3)を撮影している。

これにクォン・サンウは最近ニュースエンに“張柏芝とは‘痛み’以前に撮影した。 中国最高身代金を自慢する女優であり最高の認知度を持った俳優だ。 そのように人気があるとは分からなかったが共に撮影すると分かったよ”と明らかにした。


クォン・サンウは引き続き“私と撮影する時良くないことが多くてさらに注目をあびた。 現場で見るとおおらかでカリスマあって演技も上手にして誰にも親切だったよ。 多才多能な俳優だ。 それでいくら難しいことがあっても、それくらいのこと(セックス スキャンダルと離婚)にも崩れない俳優のようだ”と絶賛した。

クォン・サンウは“‘リピート愛している’という二人の男女の愛の物語を描いた映画なのに張柏芝が中国企業の跡継ぎで、私は会社役員であり彼女の恋人として出てくる”として“コメディも若干ある。 コメディ演技をする時ごとに製作スタッフが好んだよ。 海外初めての進出作だと本当に熱心にした”と映画とキャラクターを説明した。

2008年チン・クァンヒとセックス スキャンダルにまきこまれた張柏芝(30)はニコラス・ツェ(31)と去る8月22日合意離婚後約一ヶ月ぶりに、最近公式インタビューを進行、離婚に対する心境を表わした。 当時張柏芝側の声明によれば二人は性格差で夫婦生活を持続できないと判断したし何ヶ月かにわたった攻防戦の終わりに二人の子供を共同扶養することに決めて最終離婚に合意した。

クォン・サンウは海外進出に対しては“事実海外作品出演提案は2年前からあった。 日本は演技できる条件がない。 それで中国でたくさん活動したい。 10月頃‘リピート愛している’が中国で封切されて来年上半期には中国トップスターとドラマ撮影を始める。 海外作品を通じて観客としばしば会うようだ”と発言した。

クォン・サンウはジャッキー・チェンに対して“彼と作品を共にするのは光栄だ。 幼い時彼の映画を見て育ったし偶像であったのに共に撮影をするとは。 まだ共に撮影会場にあるのが不思議だ。 ‘十二生肖’入る時から私を念頭に置いて準備したといったよ”と話した。

一方クォン・サンウは足のケガにもかかわらず、週末映画舞台挨拶に参加する。 クォン・サンウは21日ソウル、駅三洞(ヨクサムドン)某病院で右側足首手術を受けて当日退院した。 回復のために‘十二生肖’の撮影をしばらく休んで家に留まっているクォン・サンウは24,25日開かれる映画‘痛み’の舞台挨拶の進行を決めた。 脚に筒ギブスをして舞台挨拶に出る。

ホン・ジョンウォン記者man@




そして、よくある同じ服でもこんなに違う・・・・

と言うお話。


どちらも 良いのでは? 


ということで・・・・・(笑)




クォン・サンウ-ユン・サンヒョン、同じ服でも違った感じ‘フン フン’

記事入力2011.09.24 14:48:24


image_readtop_2011_618934_1316843309486666.jpg


二人のフンナムスター ユン・サンヒョンとクォン・サンウの‘同じ服’の写真が話題だ。

去る23日インターネット コミュニティ掲示板を通じて

"同じ服を着たクォン・サンウ-ユン・サンヒョン"という題名で

ユン・サンヒョンとクォン・サンウが同じ服を着ている姿が捉えられた。


写真の中の二人は白色の土台に濃厚な青色のストライプが入った上着を着ている。

同じ衣装を着た二人は似ているように互いに違う魅力を表わして

特別に整えなくても自らの発光する素朴さが素敵だということを誇った。


これにネチズンは“同じ男だがこの頃ユン・サンヒョン スタイル グッド”、

“それでも私はクォン・サンウ”等各自の意見を表わすかと思えば

“ユン・サンヒョンとクォン・サンウはどんな服を着ても素晴らしい”、

“誰がさらに素晴らしいのか簡単に選択にならない”というなど、

二人のフンナムスター どちらをもほめる多様な反応を見せている。

一方、ユン・サンヒョンはMBC水・木ミニシリーズ‘至高は生きられなくて’で、

クォン・サンウは映画‘痛み’を通じて各自の位置で多様な魅力を誇って

多くの人々の愛を受けている。

[毎日経済スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者kiki2022@mk.co.kr]
サンウについて | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
| home |