FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
今日も暑いです
おはようございます!


連休最終日、みなさんはいかがお過ごしですか?


今日も暑いですね。

でも、風があるので 少し楽です^^


エアコン付けてません^^




私は、昨日は10時前に寝てしまい・・・・

久しぶりに、とってもよく寝ました^^  すっきり!



今日は義母の所にでも行ってみようと思います。

この暑さで食欲も落ちているみたいです。





ところで、事件は 思わぬ展開に。


いえ、実は最初から、変だとは思っていましたが・・・・

気の良い警察官さんにもご迷惑かけちゃいました。ミアネヨ・・・・




'クォン・サンウあて逃げ'調査警察官2人懲戒指示


2010-07-19 09:19

映画俳優クォン・サンウ氏のあて逃げ事件を担当したソウル 江南(カンナム)警察署警察官2人が勤務怠慢に懲戒に処することになりました。

ソウル地方警察庁聴聞監査担当官室はクォン・サンウ氏事件調査に対して監察調査した結果初動捜査に不十分な点が発見されたとし担当調査官と事件当時出動した警察官に対して減給やけん責することを江南(カンナム)警察署長に指示したと明らかにしました。

警察はクォン氏が運転した車両を捨てて逃亡したうえに当時の状況に先送りして飲酒運転の可能性を排除できないのに二日後クォン氏が自主出席した後に調査したことは勤務怠慢として見ることができると説明しました。

また、担当警察官が金品を受けて事件を揉み消してくれた可能性もあると見て調査したが疑惑を明らかにできなかったと付け加えました。

先立ってクォン・サンウ氏は先月12日明け方ソウル、清潭洞(チョンダムドン)で中央線を越えて不法左折して警察追撃を受けるとすぐに駐車していた乗用車とパトロールカーを相次いでぶつかった後車を捨てて逃げました。

コチラ


ファンとして微妙なことなので、これ以上感想は言いたくないです。


俳優は、演技が良ければいいんです。

人間だから間違いを起こすこともあるんです。

事件が明るみに出た直後、十分に反省していると伝えられたし、

本人も、ほんとうに、十分反省していると思います。

以後慎重な行動を取ってくれることでしょう。




大方の韓国のみなさんが納得するような展開を待ってます。


このまま、忘れてもらえるのが一番だけど、すっきりした状況で忘れていただきたいです。





追記:


ヨンハくんの献花式、結局14,000人の人が駆けつけたそうですね。

どれほど多くのみなさんが悲しみの中にいらっしゃることか。

悔やまれます。


どうか、安らかに・・・・


ヨンハさんと最後のお別れ、1万4千人が涙


18日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開かれ、ファン約1万4200人が参列、最後の別れを惜しんだ。本来ならヨンハさんの全国ツアーの東京公演が行われるはずだった同所には、ステージセットを再現。笑顔の遺影が飾られ、献花したファンの号泣する声と嗚咽が響きわたった。



パク・ヨンハさん献花式に日本人ファン1万4200人

先月30日に自ら命を絶ったパク・ヨンハさんの献花式に、1万4200人余りの日本人ファンが参列した。現地メディアが報じた。

 18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムでは、午前10時からパクさんを追悼する「パク・ヨンハ献花式-STARS FOREVER-」が行われた。もともと、この会場では17日と18日の二日間にわたり、「パク・ヨンハ コンサートツアー2010-STARS-」が予定されていた。

 献花式は、予定されていたコンサートのステージを組み立てて行われた。ステージ正面には、韓国の葬儀で使われた遺影が飾られていた。

 日本のメディアは「早朝からファンが多数訪れ、開場の午前10時までに4000人が行列を作った。喪服姿で泣き崩れるファンなど、パクさんがコンサートを行うはずだった会場は涙で包まれた」と報じた。

 予定の時間を約20分過ぎた午後6時20分ごろ終了。集計の結果、献花式には約1万4200人ものファンが訪れたという。

 献花式にはパクさんの母親・義兄・姉ら遺族と、親交の深かった日本の芸能人も参列した。パクさんの姉ヘヨンさんは、「ヨンハが今までに残して来たことを大切に守っていきたい。ヨンハを支えてくださった皆さんに心から感謝したい」とあいさつした。

 海外の芸能人の追悼イベントが日本で公式に開催されるのはきわめて異例だ。



今日のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< イ代表が本人の謝罪を表明 | home | 暑い一日 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |