FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
片目で見た お国事情
サンウくんに全く関係のない話ですが・・・・




前のエントリーで、光州3.18が、戦争ものジャンルに含まれるのは、

私も、ちょっと疑問だと思ってました。


あれは、内紛ですよね。



そう思っていたら、興味深い文章がありました。


日本人たちは韓国の 5.18 光州事件をどう思いますか?



韓国の人たちは、内部でもあまり仲が良くないと聞きましたが・・・・


ま~~  な、内容で。


こんなこと、はっきり書いちゃう環境なのが驚き。


そういえば、私のお友達で 釜山出身の人がいますが、

子どもの頃、標準語を使うと、ご両親から「ソウル言葉をつかうな」と

叱られたとか。



ちょっと前まで、国内でも対立関係があったんですね。


今もそうなんですか?



自分の立場や主張をはっきりさせるのがお好きなお国柄。



外見は似ているのに、日本人とは違いますね~~


続きに、文章の全文をお借りしました。

日本人たちは韓国の 5.18 光州事件をどう思いますか? 韓国映画 '派手なお休み' と...

作者:daegupersonさん

日本人たちは韓国の 5.18 光州事件をどう思いますか? 韓国映画 '派手なお休み' と言う映画を見た方 ありますか??

こんにちは?

私は韓国人です.

日本人たちは韓国の 5.18 光州事件をどう思いますか?

また日本人たちの中にもし韓国映画

'派手なお休み' と言う映画を見た方

ありますか??

もし韓国の 5.18 光州事件が民主化運動だと思うとか, 韓国映画 '派手なお休み'

映画内容どおり, そのまま思っていたら, 本当に大きい思い違いだと私は思います.



先に本題に入りましょう.

韓国にはソウルを含めた首都圏, 慶尚道, 忠清道, 江原道, 全羅道, 済州島などの

地域で構成されます.

これら地域は首都圏と江原道を除いた残り

地域は皆南/北で分けられて区分します.

例えばこの中に "全羅道" という地域は "全羅南道" , "全羅北道" に区分します.

そして "全羅南道" には "光州" という都市があります.


さあ, 日本人たちに真実をお知らせいたします.

5.18 光州事件は民主化運動ではなく "暴動" です.

そして "派手なお休み" 映画を見た方はよく分かるが, 絶対に光州人たちが

可哀想だと思ってはいけないです.

先に韓国の "全羅道" という地域に対してよく見ましょう.

実は全羅道地域は韓国人たちが一番嫌やがる地域です.

それに韓国人たちが一番憎悪する地域なので,

今度は全羅道をそのまま他の国で扱ってしまいます.

初めから全羅道を "ゾンラデ-オン", "雁木えい族" などのようなニックネームが呼ばれました.

全羅道人々は非常にずるい人々です.

それに全羅道は詐欺,暴力など事件がたくさん発生する地域です.

先に 1960年台に時間を逆って行って見ようとすると,

当時朴正煕大統領が経済開発計画を立てる時,

地理的に韓国の経済を導いて行くに値する有力な地域を選ぼうと思ったが,

慶尚道が一番有力でした.

その結果, 釜山と大邱を中心に慶尚道は眩しく発展したし,

多くの工場を建てました.

また釜山港は世界的な港市で成長したし,

大邱は韓国の纎維産業の 90%を担当していました.

ところで全羅道海岸地域は慶尚道のように海が深くなかったし,

地理的に全羅道地域は貿易するのに不利な条件を持っていました.

そして朴正煕大統領が慶尚道をしばらく発展させる途中, 全羅道では

これを地域差別という出たらめな主張をします.

実は朴正煕大統領のこのような経済政策のため,

今の韓国がこの位に暮すようになったのです.

全羅道は一言で自分の利益をもらおうとする悪い人々であったし,

他地域は朴正煕大統領の政策に対して何らの不満を持たなかったが,

唯一に全羅道だけ地域差別を受けていると主張します.

慶尚道が発展した





ちなみに、歴史的に日本と仲が良かった地方は 百済・・・現在の全羅道と大体同じ地域。


全羅道は、ビビムパの故郷で、パンソリ「春香伝」の故郷。



豊かに歴史が残る魅力的な地方ですが、

確かに、経済的には「取り残された感」なくもないです。




思いだしました。

全州出身の私の知人も、慶尚道の人たちを

「気が荒い人たち」と言って、暗に非難していました(笑)




内部でもこうしていつも闘っているから・・・・

サンウくんへの攻撃も容赦ないのですね。



なるほど・・・   でした。




韓国なこと | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 朝の公園とカイツブリ | home | 監督 “また‘砲火の中に’作っても私が演出したくて” >>
Comment

管理者にだけ表示
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/27 Tue| | [ edit ]
○○○さん♪
韓国のドラマや映画は独特の情緒がありますが
民俗性もあるんでしょうね~
長い歴史の中で、内戦が絶えなかったお国柄

激しいんですね

激しさと悲しさ・・・・
サンウくんは「哀しみ」の演技に心惹かれて作品選びをすることが多いですね
同じ民族同士の争いはほんとうに悲しいです

お隣の国なのに、全然知らなかったことが
お陰さまで、少しずつ理解出来るようになりました

サンウくん、私は何らかの謝罪会見あると思います
でなければ、「大物」の製作発表は大混乱ですよね
もう少し落ち着いたら・・・・
2010/07/27 Tue| URL | natu [ edit ]
Trackback
| home |