FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
歌手は歌を残して、俳優はドラマや映画を残して・・・・
キム・グァンソクからチェ・ドンハまで…‘死の影’はいつもそばに

2011-05-29 16:10


故キム・グァンソク(1964~1996)はあるテレビ番組で‘起きて’という歌を歌うのに先立ちこのような話をした。 そして始めた歌で‘春の新芽らのように、起きて’と‘時代の佳客’を歌った。 また起きて活気を抱いて生きていく希望を歌ったが彼は結局大衆のそばを離れた。 彼に落とした死の影は日常で、歌で見られていた。

‘また、一日遠ざかる/吹き出したタバコの煙のように/小さいほどの私の記憶中に何を満たして生きているのか//ますます遠ざかる/留まっている青春だと思ったが/空けていく私の胸中にはさらに何も探すことができない(’三十頃に‘中)’として彼は青春の、それでも青春でもない年齢のこれらの空の胸に触った。 何も探すことはできない日常の喪失感と虚しさ、それは人生の無駄になるということにつながっていく心だった。

‘忘れなければならないという気持ちで’ ‘二等兵の手紙’ ‘とても辛い恋は愛ではなかったことを’ ‘曇る秋空に手紙を書いて’ ‘彼女が初めて泣いた日’等到底取り上げ論じるのが難しい程数多くの名曲らを残したまま佳客は離れた。 日差しがいっぱいであるある平凡な日常にふとふと浮び上がる人になったまま。 彼が残した最後の曲は‘送らなかった手紙’であった。

歌手は歌を残して俳優はドラマや映画を残してファンたちのそばを離れた。 そして静かに降ろした死の影をファンたちは一歩遅れて知るようになった。 いつからか歌手は歌のとおり、歌手は演技のとおり生活を送るという言葉が伝えられ始めた。 歌手チャンドク(1962~1990)が‘予定された時間のために’という歌を残してキム・グァンソク、ソ・ジウォンより先立って亡くなったことのように。

20110529000250_0.jpg

去る27日にはSGワナビー出身の歌手チェ・ドンハ(30・実名チェ・トシク)が自ら命を絶った。 日本、東京で予定された公演を控えていた彼は突然韓国に戻った。 彼はそして公演を何日か先に控えて亡くなった。

2002年‘グルーミーサンデー’を発表したチェ・ドンハだ。 離れた恋人を辛く感じる内容だったがこの曲は1936年ハンガリー、ブダペストで発表されて180人余りの相次いだ自殺を呼び起こした自殺曲で有名だ。 ‘グルーミーサンデー’で歌手活動を始めたチェ・ドンハが残した歌の中で昨年9月発表したミニアルバム タイトル曲‘一日が及ぼして’のティーザーミュージックビデオも目を引いている。 このミュージックビデオでチェ・ドンハは自殺場面を演技した。 チェ・ドンハにも訪れた死の影が彼の死によってまた頭を上げた。

多重人格患者を通じて愛する女に向かった気を引き締めることはできない切ないということと苦しさの間で徐々に自らを破滅していく人物を演技したのだ。 この場面は審議上ミュージックビデオで作られる時には編集になったが以後インターネットを通じて公開されてファンたちの間では多くの話題を集めた。

とても短い生、自ら終止符を打ったチェ・ドンハはうつ病と新しいアルバム発売を控えた恐れと圧迫に結局 離別を選んだ。 29日午前チェ・ドンハの出棺式がとり行われた。

20110529000248_1.jpg

▲死へと先に近寄った俳優ら=自ら命を絶った俳優らもすでに演技を通して死に先に一歩近寄った。 生きていた現実からだ。

‘万人の恋人’チェ・ジンシル(1968~2008)はドラマ‘バラ色人生’でしたたかな家庭主婦を演技した。 大韓民国最高のスターとして結婚離婚など一連の力に余った過程を体験してまた戻ったチェ・ジンシルを相変らずトップ俳優の席にのせた作品だった。 ドラマでチェ・ジンシルは不治の病を病んだ。 毎回チェ・ジンシルの演技が視聴者たちの胸に刻み込まれた作品であり47%の全国視聴率を記録したこのドラマを通じてチェ・ジンシルはその年‘女最優秀演技賞’と‘ネチズン賞’を受けた。

20110529000249_1.jpg

俳優イ・ウンジュ(1980~2005)が離れた以後‘ウェルテル症候群’は深刻だった。 そして彼女は相変らず二十五でファンたちの胸に残っている。 イ・ウンジュは出演した作品で死ぬということを演技した場面が多かった。 イ・ビョンホンと一緒にした映画‘バンジージャンプする’では生きている人の記憶の中で登場する先に去った、愛らしい美術学徒であった。 イ・ウンジュが残した最後の映画‘緋文字’で彼女は以前とは全く違う姿でファンたちと会った。 熱情的で独立的な、だが、破壊的な愛と人生で自身を追い立てる人物を演技して映画での彼女は死の道を歩いた。 自動車トランクの中で監絶死を待つ姿を演技してイ・ウンジュは‘しばらくの間、憂鬱な感じから抜け出すのが難しかった’で告白することもした。

明るくて活気あふれた俳優チョン・ダビン(1980~2007)が去るとすぐにファンたちは衝撃に包まれた。 いつも愛らしくて愛嬌あふれる姿でファンたちのそばに存在したのでその衝撃と痛みは倍加された。 チョン・ダビンが最後に残したことはミュージックビデオであった。 ペク・ジヨンの5集タイトル曲‘愛しなくて’が正にそれだ。 ロードムービー形式のこのミュージックビデオは同性愛コードで話題を集めた作品だ。 成し遂げることはできない愛の現実はミュージックビデオの最後の場面と表現される。 海の上の切れた橋の上で自殺暗示場面を描いてぼんやりと立っている場面、とても明るい微笑後に隠れた涙がファンたちには忘れられないで残っている。

アジアのトップスターチャン・ククヨン(1956~2003)は映画のようにファンたちのそばを離れた。 ホテル24階で4月1日エイプリフール、嘘のように亡くなったチャン・ククヨンの遺作は‘利刀空間’だ。 この映画でチャン・ククヨンは精神科医師で出演して混信の演技をしたがあたかも自身の将来を先んじて演技するように映画の最後、高層建物屋上で投身自殺する姿を見せて目を引いた。

数多くのスターが去った。 忘れられる頃に伝えられる彼らの便りにファンたちの胸には大きな穴ができる。 歌手は歌を残して俳優は演技を残した。 生前の彼らには残った者はそこまで知らなかった人生との離別のための端緒があったのか分からない。 だが離れた人を送る残された人々の胸にはそしてもう先に行ったこれらは知らないより大きい記憶と跡が共に残っている。 一緒にしないと一緒にしないのではないということを、離れる時には人里離れた島のように息をした日々でも相変らず彼らに向かったかすかな懐かしさを'共に'している。



コチラ から、お借りしました。


~~~~~~~~~~~~~~~~


ここから続きです。

記事の中に、キム・ガンソクに触れていたので、気になって調べてみました。


キム・ガンソクは、今年没後15年で、また静かなブームになっているとか。


特に、この「二等兵の手紙」は、今でも人々に愛されている、知らない人はいない曲だそうです。



曲名:二等兵の手紙
歌手:キム・ガンソク


チプ トナワ  ヨルチゃタゴ  フゥルリョンソロ  カヌン  ナル
집 떠나와 열차타고 훈련소로 가는 날
家を離れて 列車に乗って 訓練所に行く日

プゥモニムッケ  クンヂョルハゴ  テムゥンバックル  ナソル テ
부모님께 큰절하고 대문밖을 나설 때
両親に あいさつをして 門の外へ出る時

カスム ソゲ  ムゥオシンガ  アスゥィウゥミ  ナムヂマン 
가슴 속에 무엇인가 아쉬움이 남지만
胸の中に 何か 名残惜しさが残るけれど

プゥル ハンポギ  チングオルグゥル  モドゥン  コシ  セロプタ 
풀 한포기 친구얼굴 모든 것이 새롭다
草1株 友達の顔 すべてのものが新しい

イヂェ  タシ  シヂァギダ  チョムン  ナレ  センイヨ 
이제 다시 시작이다 젊은 날의 생이여
さあ また 新しい始まりだ 若き日の 生よ

<2>

チングゥドゥラ  クゥンデガミョン  ピョンヂ  コッ  ヘダオ
친구들아 군대가면 편지 꼭 해다오
友達よ 軍隊に行ったら 手紙を きっと 送ってくれ

クデドゥルグァ  ツルゴウォットン  ナルドゥル  イッチアンケ
그대들과 즐거웠던 날들을 잊지않게
君たちとの 楽しかった 日々を 忘れないように

ヨルチァシガン  タガオル テ  トゥソン チァプトン  トゥゴウゥム
열차시간 다가올 때 두손 잡던 뜨거움
列車の時間が迫った時 握った両手のあたたかさ

キヂョクソリ  モロヂミョン  チァガヂヌン  モスプトゥル
기적소리 멀어지면 작아지는 모습들
汽笛が 遠くなれば 小さくなる姿

イヂェ タシ  シヂァギダ  チョムン  ナレ  クゥミヨ
이제 다시 시작이다 젊은 날의 꿈이여
さあ,また 新しい始まりだ 若き日の夢よ

<3>

チャルケ  チァルリン  ネ  モリガ  チョウメヌン  ウゥスプタガ
짧게 잘린 내 머리가 처음에는 우습다가
短く切られた私の頭が 最初はおかしかったけど 

コウゥル ソゲ  ピチン  ネ モスビ  クゥドヂンダ  マウムッカヂ
거울 속에 비친 내 모습이 굳어진다 마음까지
鏡の中に映った私の姿が 固くなる 心までも

トィットンサネ  オルラソミョン  ウリン  マウル  ポイルロンヂ
뒷동산에 올라서면 우리 마을 보일런지
裏山へ登れば 私達の村が見えるのか

ナパルソリ  ゴヨハゲ  パマヌレ  ポヂミョン
나팔소리 고요하게 밤하늘에 퍼지면
ラッパの音が 静かに 夜空に広がれば

イドゥンビョンエ  ピョンジ  ハンジャン  コイ チョボ  ポネオ
이등병의 편지 한 장 고이 접어 보내오
二等兵の 手紙を きれいに 折って 送ってやるよ 

イヂェ  タシ  シヂァギダ  チョムン  ナレ  クミヨ
이제 다시 시작이다 젊은 날의 꿈이여
さあ,また 新しい始まりだ 若き日の 生よ



ビョンホン兄が歌っている画像も見つけました。

お上手で、驚きました。

表現力のある方ですね~~





そして、文中にあったキム・ガンソクさんの 「30歳の頃に」は、こんな曲です。



서른즈음에(30の頃に)

또 하루 멀어져간다
내 뿜은 담배연기처럼
작기만한 내 기억속엔
무얼 채워 살고 있는지
また1日が遠ざかって行く
僕の吐いた煙草の煙のように
ちっぽけな僕の記憶の中に
何を詰めながら生きているのか


※以下繰り返し

점점 더 멀어져간다
머물러 있는 청춘인줄 알았는데
비어가는 내 가슴속엔
더 아무것도 찾을 수 없네
少しずつ遠ざかって行く
ずっとそばにある青春だと思っていたのに
空っぽになって行く僕の胸の中に
もう何も探すことはできない


계절은 다시 돌아오지만
떠나간 내 사랑은 어디에
내가 떠나보낸 것도 아닌데
내가 떠나 온 것도 아닌데
季節は再び巡って来るけれど
去って行った僕の愛はどこに
君が別れを告げたわけでもないのに
僕が別れを切り出したわけでもないのに


조금씩 잊혀져간다
머물러 있는 사랑인 줄 알았는데
少しずつ忘れて行く
ずっとそばにある愛だと思っていたのに


또 하루 멀어져간다
매일 이별하며 살고 있구나
매일 이별하며 살고 있구나
また1日が遠ざかって行く
毎日 別れながら生きているんだ
毎日 別れながら生きているんだ

・・・・・・・・・・・・・・

そして、

「とても辛い恋は愛ではなかったことを」は、こちら・・・・



文中のキム・ガンソクさんの曲、ハングル表記をコピーして、YOuTubeで検索すれば、聞くことが出来ます。

‘잊어야 한다는 마음으로’‘忘れなければならないという気持ちで’
‘이등병의 편지’‘二等兵の手紙’
‘너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을’‘とても辛い恋は愛ではなかったことを’
‘흐린 가을 하늘에 편지를 써’‘曇る秋空に手紙を書いて’
‘그녀가 처음 울던 날’‘彼女が初めて泣いた日’
‘부치지 않은 편지’‘送らなかった手紙’


~~~~~~~~~~~~~

文中で28歳で亡くなったチャンドクさん。 追悼動画がありました。


≪予定された時間のために≫(もう時間だから)




そして、ドンハくんの 「クリーミー サンデー」。



韓国語の歌詞が良く分からないので、元祖「暗い日曜日」の歌詞を・・・・・


暗い日曜日
両腕に花をいっぱい抱えた
私は私達の部屋に入った
疲れた心で
だって、私にはもう分かっていたのだ
あんたは来ないだろうと
そして私は歌った
愛と苦しみの歌を
私は一人ぼっちでいた
そして声を殺してすすり泣いた
木枯らしがうめき叫ぶのを聞きながら
暗い日曜日

苦しさに耐えかねたら
私はいつか日曜に死のう
生命の蝋燭を燃やしてしまおう
あなたが戻ってきたとき
私はもう逝ってしまっているだろう
椅子に座ったままで
目を見開いて
その瞳は
あなただけを見つめている
でも、どうか怖がらないで
私はあなたを愛しているのだから
暗い日曜日


「暗い日曜日」 




そして、ドンハくんの昨年9月に出したミニアルバムの曲。

チェ・ドンハ「D day」 MV(하루가 미치고)



こちらは、今年になってからも新曲を出していたようです。

故人は去る2002年ソロでデビューして2004年3人組男性グループSGワナビーで3枚のアルバムを出して歌謡界最高のバラード グループでトップスターになった。 だが、所属会社を移しながら以前ぐらい活発な活動をできなかったし、もう一度再起を狙って昨年初めトブルリュエスエンターテインメントと契約した。

以後チェ・ドンハは主に日本でソロ プロモーションを進行して国内歌手らと合同で韓流コンサートを開くこともした。 今年の初めにはV.O.S出身パク・ジホンと共にオムムデュエットを結成して'昨日のようだが'を発売したが大きい光を受けることができなかった。



20110101]박지헌&채동하-어제같은데 (パク・チホンとチェ・ドンハ ≪昨日と同じようだけど≫





表現者は常に究極を追及するものですね。

人間はだれしもが 心の底辺に気付く気付かないは別として「哀しみ」を持っていると思います。

それは、生あるものには 必ず死があることと無縁ではないと思います。

儚さと虚しさは、生きていることの喜びと、いつも背中合わせです。


死を選ぶ人は、戦いに敗れたと言うよりも、ふとその悲しみに足をとられ、

引き込まれて行くのでしょう。


孤独感や恐怖感から逃げたくなるのでしょう。


ドンハくんが、sgを辞めた時、噂では日本での活動が嫌だったからと聞きました。

彼にとって、日本は自分を受け入れてくれる希望の天地でありながら、

本当は行きたくない所・・・・・

日本へ行くことは、自国との離別を予感し、それは深い孤独感につながったのではないかと思います。


ドンハくんのご冥福を祈ります。



一握りの灰になって飛んで行ったチェ・ドンハ'遺族・ファンたち絶叫'

入力:2011.05.29 16:04/修正:2011.05.29 16:54

20110529_040455943559_0.jpg

▲でチェ・ドンハの遺族が嗚咽する中で故チェ・ドンハが運柩されている。 /ノ・シフン記者

[スポーツソウルドットコム|シム・ジェゴル記者]話なしで亡くなったチェ・ドンハが遺族とファンたちが見守る中で一握りの灰が残された。

チェ・ドンハは29日京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)にあるソウル市立崩御院で荼毘に付された。 ソウル大学校病院で出棺と漢南洞(ハンナムドン)過去自宅で路祭を終えた故人の遺体はこの日午後2時20分頃崩御院で世の中とお別れを告げた。

遺族たちと同僚歌手、ファンなど100人余りの追慕客は涙の海を成し遂げた。 チェ・ドンハのカンが昇華によって痕跡をなくすとすぐに絶叫とともに嗚咽した。 チェ・ドンハの叔母はこの過程で意識を失って倒れて近隣応急室に移されることもした。 キリスト教式礼拝が始まりながら物静かな雰囲気に変わったがあちこちでしくしく泣く声は止めなかった。

SGワナビーの同僚キム・ヨンジュンとキム・ジノは火葬場でも故人の最後の道を見守った。 絶叫する遺族たちを抱きしめて慰めた。 本人は唇をかみながらなくことをこらえた。 キム・ヨンジュンは去る27日葬儀室が整えられるとすぐに一番最初に駆け付けて常駐を自任した。 キム・ジノとともに3日ずっと席を守って弔問客をむかえた。 出棺を終えた後にも影像を持って運柩行列の先頭で道を開いた。

チェ・ドンハの遺骨は京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)スカイキャッスル追慕公園に安置されてこれに先立ち追悼式を持って最後に故人の御霊を慰労する予定だ。


 



~~~~~~~~~~~~~~

こんな形で、一緒に出会うなんて・・・・・

「戻って来ないか」と声がかかった時戻っていたら・・・・

残された者にも深い悲しみを残して。



故チェ・ドンハ、三十短い人生の締め切り永眠


2011.05.29 10:08

2011052909064796036_1.jpg

故チェ・ドンハの影像を持ったSGワナビーキム・ヨンジュン(c)写真=イ・キボム記者

ボーカルグループSGワナビーの前メンバーチェ・ドンハ(実名チェ・トシク)が30才の生涯で世の中とお別れした。

29日午前9時30分頃故人の葬儀室が用意されたソウル、蓮建洞(ヨンゴンドン)ソウル大学校病院葬儀場で嗚咽と悲痛な曲の声の中に出棺式が厳かに行われた。

故人は去る27日午前11時3分頃ソウル、恩平区(ウンピョング)、仏光洞(プルクァンドン)所在の住居地でクロ-ゼットハンガーにネクタイを利用して首をくくって亡くなったまま発見された。

普段うつ病を病んできたという周辺関係者たちの証言と解剖検査結果を土台に所属会社は故人の死が自殺と推定されると公式立場を明らかにした

故人が離れた葬儀室の前では多くの人々の哀悼の表示で花輪を送ったし、特に日本ファンが送った花輪がいっぱい立てられていた。

チェ・ドンハは最近日本プロモーションを行ってきた。 故人の死亡の便りが伝えられた27日は日本、東京で予定されていた日だった。

故チェ・ドンハの現地所属会社などが公演チケット全額返済措置を取ったが返済を要求した観客がなかった程、ファンたちの愛と悲しみが大きかった。

2011052909064796036_2.jpg
故チェ・ドンハ出棺式(c)写真=イ・キボム記者

この日出棺式では故人が歌手活動当時身を置いたグループSGワナビーとの友情が光を放った。

故人の影像はSGワナビーで共に活動したキム・ヨンジュンが持った。 SGワナビーメンバーイ・ソクフンとキム・ジノとエムトゥエムソン・ジュンヒョクなど同僚歌手らも故人の最後の道を見送った。

SGワナビーは急報を聞いた後一番最初に葬儀室に駆け付けて哀悼を表わした。 キム・ヨンジュンが沈鬱な表情で現れたのに続きキム・ジノ、イ・ソクフン等も席を探した。

彼らは悲しみながらも冷静な姿で葬式ずっと故人のそばを守って遺族たちを慰めた。

故人のお母さんなど遺族と知人たちは限りない涙の中に出棺式を見守った。 茫然自失したまま助けを受けたお母さんと遺族たちは"ドンハヤ!"を叫んでかろうじて彼を送った。

出棺後霊柩車は漢南洞(ハンナムドン)の故人が幼い時住んだ自宅をすぎていった。 故人のお母さんは故人がその家に対する思い出が多くてだいぶ好んだと明らかにして火葬場に行く前しばらく留まった。

以後故人の遺体は午後1時京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)、ソウル市立昇華院で火葬されて、遺骨は京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市ブンダンのスカイキャッスル追慕公園に安置される予定だ。

一方1981年生まれのチェ・ドンハは2002年ソロ歌手でデビューした後2004年キム・ヨンジュン、キム・ジノとともにSGワナビーを結成、'タイムリース' '生きて(サルダガ)' '私の人(ネサラム)'などのヒット曲で愛を受けた。

以後2008年3月にはソロ転向のためにチームを脱退したし、昨年9月'ディーデー'というタイトルでミニアルバムを発表、ソロ活動を受け継いできた。
韓国芸能界 | コメント(0) |permalink
<< リピート サランヘ 韓国記事 | home | お陰さまでテンション上がりました^^ >>
Comment

管理者にだけ表示
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。