FC2ブログ

☆ Smile KSW ☆

俳優クォン・サンウ氏のファンであるnatuの日常のつぶやきブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ジャパンプレミア 韓国記事
こんにちは!

昨日は、早朝から、日付けが変わるまででかけていたので

更新が出来なくて残念でした。

まず、お世話になったみな様ありがとうございます。

また、遠く地方から駆け付けて下さった皆様ありがとうございました。


ジャパンプレミアのサンウくん、ほんとうに可愛くてカッコ良くて・・・・

まだ、夢心地ですが思い出しながら徐々に書いて行こうと思います。


今日は早朝からうちの自治会の餅つき大会でした。

今しがたやっと終わったので、パソコンの前にこれました~~♪


昨日の写真とか、アップの準備をしているうち・・・・

さすが、韓国記事がもう上がっていますね。


あははは・・・・  私が遅すぎたんですね。 苦笑。




 クォン・サンウ、少女時代ユナとパリ密会?

映画'痛み'封切り控えて映画のプロモーションでは
5年ぶりに日本訪問したクォン・サンウ

韓流スタークォン・サンウ(35)が少女時代のユナとパリで密会(?)を

持ったという便りに日本ファンがうきうきしている。


去る18日東京都内で開かれた映画'痛み'のジャパン プレミアに

参加したクォン・サンウがこのようなびっくり(?) 発言をしたこと。


中国、北京でジャッキー・チェンと共同主演する映画の撮影の真っ最中の中

しばらく暇を作って日本にきたという彼は、

同じ映画の撮影のためフランス、パリにいる時

ドラマ'シンデレラマン(2009)'で一緒に主演した少女時代のユナと

会うことの席を持ったと告白した。

"(私がパリにいる時)おりしも少女時代もフランスで公演をしていて互いに連絡してご飯も一緒に食べた"

2011111920447065.jpg

ためらうことなく話す彼とは違って、ファンたちは

最高韓流俳優と最高K-POPスターとの'パリで密会'の便りに

うらやましいということを隠すことができなかった。


これに突然あるファンから

'少女時代'の踊りを見せてくれという要請を受けたりもしたが

"取材陣が来ていると次に~次の機会に~ "と、しゃあしゃあと断った。


この日の行事は公式サイトを通じて事前応募、抽選で選別された

2000人余りのファンたちが参加した。


2006年映画'青春漫画'のプロモーション後

5年ぶりの日本訪問だからなのか

長い間彼を待ったファンたちは彼が登場する前から叫び声を上げた。


これに手を振って登場したクォン・サンウが

日本語で"こんにちは。 クォン・サンウです"と挨拶して、

会場から割れるような叫び声が溢れでた。


クォン・サンウやはり久しぶりの日本訪問に思い出されたように笑顔で

"お久しぶりだとトグンドキドキしますね"として所感を明らかにした。


この日はファンたちが直接クォン・サンウに質問できる順序が用意されたが、これに意地悪な(?) 質問攻勢を受けることもした。

あるファンから"(女性を外観を見る時)

一番最初に女性のどの部分を見るか?"という質問を受けた彼は

慎ましく笑って"大部分男性たちがそうではないだろうか考えますが、

ヒップラインでないでしょうか”といって会場に集まった2000人余りの

女性ファンが悲鳴をあげることもした。


これに司会者が具体的に食い込もうとすると

“これ以上詳しいことはちょっと...想像に任せる"として笑った。

2011111943543119.jpg


また、ある独身女性ファンから“42才で結婚していないが変ですか?”という質問に

“全く問題ないと考える。

韓国でも、結婚できないのではなく、わざわざしない女性が増加している。

45才程度までは大丈夫でないだろうか”と話した後、

“ところが結婚はして下さい”と付け加えて

自身の結婚生活に満足していることを察するようにした。


チョン・リョウォンと共に主演した映画'痛み'に対しては

"(映画)タイトルにメロー的な感じがなくて気になった"と告白.

しかし"感覚を感じることができない男がある女性に会って

感じることができないことに対してまた他の意味の

'痛み'を感じる部分に魅了された"として映画の魅力を伝えた。


映画は交通事故の後遺症で痛みを感じなくなってしまった男と

小さい傷一つが生命を奪い取ることもできる血友病患者の女とのラブストーリーだ。


映画の中クォン・サンウは無気力に生きる男を演技して

“素敵ではない私を見ることになるだろうと考える。 (笑い)

しかし私にとっては新しい挑戦だった”と告白して"必ず見てください"と頼んだ。


始終一貫ファンたちに笑いを浮かんだ顔で、

穏やかな姿を見せた彼は最後にファンたちに

"寒くなったが、皆さん風邪気をつけて下さい!"と挨拶して会場を離れた。


クァク・キョンテク監督の映画'痛み'は来年2月11日日本封切りを控えている。

2011111908103215.jpg

2011111909497779.jpg

2011111910366632.jpg


2011111912419017.jpg


イベント | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 私の目で見た「痛み」ジャパンプレミア | home | いよいよ、明日はジャパンプレミア♪ >>
Comment

管理者にだけ表示
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/11/19 Sat| | [ edit ]
○○○○さん♪
楽しい時間でした~
映画も良かったです~~~^^

舞台挨拶は、20分近かったと思います
時計を持参しなかったのでわかりません
カメラや携帯電話も一切使用禁止だったので
正確な時間は分かりませんでした

予定では、15分だったと思います


2011/11/19 Sat| URL | natu [ edit ]
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。